開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想 第45話 若者たち

開封府~北宋を包む青い天~のあらすじと感想はこちらからお探しいただけます: 開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想、登場人物一覧


中国ドラマ、【開封府~北宋を包む青い天~】~今週は45話「若者たち」からのスタートです。思わず歌ってしまいそうですが、確かに最近彼らの台頭が目立っていますよね


以下ネタバレのあらすじです開封府のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


やはり青女はあのままカエルと寝てしまったようです。気づいた時にはすでに遅く、陳世美を追い回して大暴れしていたようです。蛙の分際でなんてことをしてくれたの!殺してやる!!


って、自分で誘ったのですから致し方ありませんよね。あのまさに女狐のような目つきは今でも忘れられません


青女は早速李太妃に文句を言いに行きましたが、逆にこっぴどく叱られてしまいました。長公主になれただけでも光栄だと思いなさい。仁宗と結ばれようなどゆめゆめ思うなかれ、と。李太妃は青女の気持ちなどとっくにお見通しだったのですね~。それでも夫がいるだけましよ。私にはいないのだから。


また子栄と周児は、あのまま朝まで弾き続け&舞い続けていたそうです。こちらのふたりは何も言いませんでしたが、張徳林が黙っていませんでした。息子がコケにされたと思ったようです


李太妃は、周児と子栄が結ばれれば燕燕が得をするのに、と反論しました。仁宗の気持ちがどうあれ、燕燕に子ども(世継ぎ)が生まれるまでは、互いに息子たちから目を離してはならぬと忠告します。さすがの張徳林も一本取られてしまいましたね。


また仁宗のもとには范仲淹から改革を訴える訴状が届き、どうしたものかと頭を悩ませていたところに、今度は黄河が氾濫したとの知らせが入りました。


以前にもそんな話がありましたが、かつては2年に1度は氾濫していたそうですよ。王延齢が言うには水害で被った損害は元より、被災者が匪賊と化したことも問題だそうです。しかも北方では大雨の、南方では日照りの被害も甚大で、解決するには200万両の銀子が必要なのだそうです


これに乗じて張徳林も200万両を要求しました。匪賊を討伐するのに必要だと主張します。


仁宗は、とりあえずは50万両ずつ支給すると答えてお茶を濁しました。残りは後で手配しよう


が、そんな大金はどこを探しても出てきません


陳世美は、資金を捻出するために不要な人員を削減したいと言って、張徳林と王延齢に意見を求めましたが、ふたりが提出してきた名前は仁宗が重用している者ばかりです。


そこで陳世美は彼らの要求する額の2倍を支給することで名簿を手に入れようと画策しました。十分な資金を与えれば末端の官吏にも金が行きわたるはず~当然帳簿もつけるはずだと予想したのです。


張徳林の名簿は子栄が実家で探し、王延齢の名簿は、子栄が子雍に頼んで盗みだすことにしました。禁軍の統領と言えば聞こえは良いが、何もすることが無くてすっかり退屈していた子雍は、早速張東とともに王府に忍び込みます


子栄はすぐに張徳林に見破られてしまいましたが、父を越えたいのであれば息子の踏み台になろうと言ってくれた張徳林のおかげでなんとか名簿を手に入れました。また子雍も、めずらしく?頭を使って王延齢の名簿を手に入れます。置き場所が分からなかったためわざとドロボー騒ぎを起こし、展無為が大事な名簿を確認しに行ったところを襲って奪ったのです。なかなかやるな


一方、囚われていた包勉は、韓琦が秦香蓮の息子を籠に入れて市中を偵察に行った隙を狙い、秦香蓮を騙して逃げ出しましたが、せっかく外に逃れたというのに、途中で変装した韓琦に道を尋ねたためにまた連れ戻されてしまいました。も~どーしてこうもアホなんだかねええええ。最近は包拯と義姉に同情しきりでござりまする


さ~て今週はどんな展開が待っているのでしょうか開封府は続きもとっても楽しみですね



開封府~北宋を包む青い天~ DVD-BOX1~3

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ