ハゲタカ ネタバレと感想 第6話 老将の意地と気骨に敬意を表して

綾野剛さん主演の社会派ドラマ、【ハゲタカ】は6話も面白かったですね~。前回、不本意ながらも誘惑に負けてしまった新見会長が社員の信頼を頼りに思い直してくれたのが何よりでした。以下ネタバレのあらすじですハゲタカのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


あけぼののTOBを宣言し、ファインTDとの真っ向勝負を挑んできた鷲津に対し、滝本はなんと10億の札束を積んできました。カバンの中に監視カメラを設置し、鷲津が札束に狂喜乱舞する姿を撮影しようとしたらしい。ふん、サムライがそんなカッコ悪いことするはずなかろうがお前と同じにするな


鷲津はすぐにこれを見破り、あけぼのから手を引く気はないと言い放ちました。滝本はそれでも追いすがり、足を舐めろと言われたら舐める、頼むから俺の邪魔をしないでくれ!と土下座します


金や泣き落としでハゲタカを口説くことはできません!楽しい余興をありがとうございました!( `ー´)ノ


滝本はころりと態度を変え、プライドや信念など金の力には勝てないと高言し、あけぼのを手に入れてそれを証明してみせる!と捨て台詞を吐きました。よ~く見とけやっ!!金が嫌いな奴などおるか!


滝本は早速ネガティブキャンペーンに打って出ました。鷲津には死のにおいが付きまとっていると、マスコミにあることないこと書かせてサムライファンドを叩きつぶそうとします


鷲津は買い付け価格を10円引き上げ、全体の1/3を超える株獲得を目指すよう指示しました。筆頭株主になってクーデターを起こすつもりなのです。渋る諸星に対し、芝野は、他の役員たちも皆、新見会長の横行には不満を抱いているはずだと励ましました。


鷲津はまた、マスコミに叩かれたことを利用してテレビに出演し、ファインTDにはあけぼのを再生させるつもりがなく、単なる踏み台にするつもりだ、と攻撃します私は必ず再生させます( `ー´)ノ。そしてついに、ファインTDの裏にはアメリカの軍需産業ファンドのプラザグループがいると暴露しました


サムライファンドがハゲタカなら、ファインTDは売国奴だ!


これにはマスコミが一斉に飛びつき、うって変わって今度は滝本を非難し始めました。でも滝本はまったく動じずに開き直ります


国益のために社員がリストラされても良いというのか!?


ここはマスコミが、世界に誇る平和憲法を持つ日本の企業が軍需産業の手助けをしてよいのか、という点に言及すべきではないのでしょうか


これに加えて鷲津は決定的な切り札を手に入れようとしていました。FBIがプラザグループの不正を捜査していた事実が発覚したのです。鷲津はこの情報も徹底的に精査するよう命じました


一方あけぼのでは、諸星が新見会長を呼んでレーダー開発部の社員たちに引き会わせました。中尾が皆を説得し、会長が本当にファインTDとの合併を推し進めたいなら、その意思に従うとの合意を取り付けたのだそうです


俺たちは新見会長から仕事を学んだ。業務終わりのビールのうまさも教えてもらった。会長は俺たちのことを一番に考えてくれている。そうでしょう?


諸星も、自分も同じだと続けました。


我々はただ金や生活のためだけに働いている訳ではありません。我々は、あなたの下で、あけぼのの社員であることを誇りに思って働いてきたんです!
「開発部こそあけぼのたれ」~我々は新見会長を信じています!!


あけぼの=夜明けですから、まさに創立当時は自社が日本の夜明けとなるようにとの願いを込めて作られた社名だったに違いありません


そんな誇りを忘れていたことに気づいた新見会長は、開発部のメンバー全員が彼らの技術を生かせる職場で働けるよう芝野に頼み、自らはついに辞任を表明しました。緊急取締役会を開く。すまなかったね。信じてくれていたのに


おばさんもバブル真っただ中にOLだった経験から、ここはジーンときちゃいました。そうそう、昔はこうした気骨溢れる先輩たちがたくさんいました。それが長引く不況に叩かれ続けていつのまにか骨抜きにされてしまったのですね


一方鷲津も動き出します


鷲津は日光にイヌワシを見に行った際、またしてもそこで貴子に会い、この上なく力強いエールを受け取りました。貴子自身、アランの裏切りによってみやびホテルを外資系ホテルグループのクラウンセンチュリーホテルに売却されてしまったのですが、それもすべて受け入れた上で、どこの参加に入ろうとホテルの神髄は同じだと覚悟を決めて立ち向かうことにしていたのです


何年後でもいいから私がみやびホテルを守れているかどうか見届けに来てください。


その後鷲津は飯島を訪ね、礼に1億払うから総理に会わせてほしいと頼みました。飯島は2億を請求し、会わせるだけでその後は知らないと突っぱねます。総理があんたの願いを叶えるかどうかまで、保証はできまへんで


鷲津は総理の望月康夫(角野卓造)に、日本政府として「プラザグループのあけぼのに対するTOBは好ましくない」という声明を発表してほしいと依頼しました。望月は、理由はどうあれ特定の企業の肩を持つことはできぬ!と断りますが、鷲津は過去に望月が受け取った政治闇献金のリストを提示し、これをマスコミに公表されたくなければ引き受けるよう脅します


飯島は、鷲津が総理まで脅したことに驚いていましたが、その舌の根も乾かぬうちに、そのリストを売ってほしいと言い出しました。鷲津は3億でなら売る、と答えます。ここでも1億の儲けです


こうした損益計算ができなかったアランは、ホライズン本社からその責任を問われ、結局辞職したそうです。それでもアランは、己の愚かさを反省していたらしく、鷲津が望んでいた情報をいち早くキャッチし、その手配を怠らなかったそうです。アランの父親こそ、FBIとともにプラザグループの不正を調査していた弁護団の一人だったのだそうです


鷲津はアランをサムライファンドに誘いましたが、アランは当然断りました。これからはでも「敵」ではなく、同じ業界でしのぎを削るライバル=好敵手となることは想像に難くありません。


望月のプラザに対する公式見解がプラザの勢いを鈍らせている間に、FBIがやってくれました。ついにプラザの不正が明らかになり、幹部が逮捕されたのです


鷲津がたった1円しか株価を上げなかったのを見てせせら笑っていた滝本の顔が凍り付きました。おのれ~鷲津!お前が仕組んだことだったのか!?


鷲津は「老舗」がほしいなら、そのままの貪欲さで会社を成長させていけば100年後にはファインTDも老舗になるとのたまいました。他人が精魂込め、長い年月をかけて作り上げてきたものを一瞬にして横取りするなど甘い考えは捨てろということですな


そうやってあけぼのを創り上げた新見に、鷲津は深々と頭を下げてその労をねぎらいました。お疲れさまでした!!


いやいや実に楽しかったです。来週の放送が待ち遠しいです


新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)/新装版 ハゲタカ(下) (講談社文庫)
これでようやく(視聴し終わったら)原作も読めます

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ