ああ、私の幽霊さま あらすじと感想 第15話 幽霊捜査網にご用心

チョ・ジョンソクさん主演のラブコメディ、【ああ、私の幽霊さま】もいよいよ15話です。以下早速ネタバレですああ、私の幽霊さまのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ついにスネの記憶が戻りました。なんとなんとスネはソンジェがウニを轢いた現場に居合わせたため、ソンジェに殺されてしまったのだそうです


3年前、夜勤で飲酒運転の取り締まりをしていたソンジェは、たまたま昔の養父に遭遇しました。養父は、今にも息子を殺そうとしていたソンジェの目が忘れられないと語り、偶然でも二度と会いたくないと言って立ち去ったそうです。


ソンジェは怒りが抑えられず、その養父の後を追って殺そうとしますが、タバコの火が怖かったのか、それとも息子を思う父親の気持ちに負けたのか、どうしても殺すことができなかったらしい。


帰路に就いたソンジュは、そういったさまざまな感情が胸を去来したために運転に集中できず、ついうっかり、車でウニを跳ね飛ばしてしまいました


ソンジェは慌てて車を降り、最初はかなりうろたえていたのですが、すぐに冷ややかな表情を浮かべ、車に乗り込んであらためてウニの脚を(前輪と後輪合わせて2度も!)轢いて立ち去っていきます


当時は悪霊もまだ出たり入ったりしていたらしいことが伺えます。以前ソビンゴが、悪霊は人間の心の弱みに付け込んで憑依すると言っていましたものね


その頃スネは、憧れのソンジェが夜勤だと知っていて、大好きなナンコツ炒めを差し入れようとしていたそうです。百万本のバラの花を歌いながらいそいそと差し入れを用意したスネが通りに出ると、道路に女性が横たわっていました。すぐにひき逃げだと気づいたスネは去っていく車のナンバーを目撃したそうです


携帯を家に置き忘れたスネは慌てて近くの公衆電話から警察に通報し、家に戻って日記にナンバーの下4桁を記入しました。電話ではナンバーを告げなかったため、ソンジェに電話をして呼び出し、このナンバーを伝えます


が、ふと外に目を向けると、今しがた自分が口にしたナンバーが目に飛び込んできました。あれは!?


スネはようやくソンジェがひき逃げ犯人だったことに気づき、何とか言い訳をして逃げようとしましたが、ソンジェに気づかれて捕まってしまいましたスネはああして殺されたのね(;´Д`)。スネは必死で車内からミョンホに電話をしたようですが、口にはテープが張ってあったため、話すことができません。そこでスネはプッシュボタンで車の番号を伝えようとしたのですね。


スネはその後ソンジェのアパートの浴室で溺死させられた後、川に投げ込まれたようです。ソンジェはスネの携帯を使ってミョンホに遺書を送ったのでしょう。


すべてを思い出したスネはソンジェの隙をついて逃げ出しました。人間の体をした悪霊(ソンジェ)はスネの姿は見えても触ることはできないようです。


それでソンジェはボンソンに狙いを定めました。ミョンホがウチに客が来ているといったことから見当をつけていたようです。ボンソンはちょうどスネの話をソヌに教えようとソヌを呼び出して外で待っていたため、すぐに連れ去られてしまいました。


ボンソンの姿が見えないことに不安を抱いたソヌは直ちにソビンゴを訪れます。スネとソビンゴは、ソンジェがボンソンを誘拐したに違いないと確信し、何とかソビンゴの霊力を戻そうとしますが、なかなかうまく行かず、ソンジェの居どころを突き止めることができません。分かったのは「子どもがたくさんいるところ」らしいということだけです。


そこはソンジェが育った養護施設でした。近くにハーブ園があったことから、ボンソンはなんとかこれをソヌに伝えようとします。ちょうど施設で亡くなったばかりの男の子の幽霊がいたので、遠くに落ちていた携帯を蹴飛ばしてくれるよう頼みました


「ローズマリー」


ソヌのレストランには、ウニが買ってきたローズマリーの鉢植えがあったそうで、ソヌはボンソンのメールから、これを買ったハーブ園がソンジェの育った養護施設の近くだと気が付きます。一方のスネもまた、幽霊仲間に応援を頼み、その中のひとりがたまたまソンジェに出くわしたことから、近くの施設に辿り着きました。半端なく強い気を発していて、柱みたいにデカかった!


ソヌは警察に通報して一緒に駆けつけてきますが、ソンジェはいち早くこれに気づいて逃げ出しますボンソンも連れ去られました。車で走り去るソンジェの姿を目にしたソヌはすぐさまその後を追い、一足遅れてタクシーでやってきたソビンゴとスネもすぐに後を追いかけました


手足を縛られていたボンソンは、必死でその縄を解き、シートの下にあった工具をつかんでソンジェの脚に突き刺します。これでソンジェが運転を誤った隙をつき、ボンソンは外に逃げ出しました。ソヌは急いでボンソンを保護し、ソビンゴはそのソヌの車を借りて、猛スピードでソンジェを追跡しますお前は既に死んでいる( `ー´)ノ。幽霊のスネがあまりのスピードに怯えているのに、死ぬのは私だ!と叫んだソビンゴには大笑いです


ソンジェは途中で車を降りて、古い工場のような廃屋の中に隠れました。スネは道に血が落ちていることに気づき、それを頼りに近づいていきます。強い陰の気を感じる!


たまらずに出てきたソンジェはソビンゴを襲おうとしましたが、スネが素早く気づいてソビンゴを突き飛ばしました。このスネの力がどんどん強くなってくるのがまたハラハラさせられます


そしてソビンゴもスネのために全身全霊を傾けて霊力を発揮しましたソビンゴ行け~!(^^)/。アミタブル!!


ついにソンジェの中から身の毛もよだつ悪霊が出てきました。これで人間に戻ったソンジェの脳裏には優しかったウニやスネの記憶が蘇ります。自分はいったいなんとひどいことをしてしまったのか!?


後悔に苛まれていたソンジェの中に、再び悪霊が飛び込んできました。ソンジェはひとしきり苦しんだ後、悪霊を体の中に閉じ込めたまま、えもいわれぬ悲しげな表情を浮かべ、崖に吸い込まれるようにして自殺してしまいますイム・ジュファンさんの演技がまた上手だった♪


心が弱いということは反面優しさの表れでもあったでしょうに、何とも痛ましい最期でしたよね。ウニがこれを知ったらどんなに嘆くことでしょうか。いっそ伏せておいた方が良いような気もしますが、それではスネやジングが浮かばれません。お、そういえばジングは幽霊にはならなかったんですね


明日はいよいよ最終回です



これは是非ノーカットで視聴したい


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ