グッドファイト2 ネタバレと感想 第1話 408日目

グッドファイトのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: グッドファイト(The Good Fight) あらすじと登場人物、キャスト


グッドファイト】は早くもシーズン2が配信されていました。今のところはちと余裕がありませんが、日本のドラマが終わった頃にでも集中して見たいと考えていますトランプ政権への皮肉も期待通り満載で、出足は好調~な感じでしたが、今回はどんな事件が待ち受けているのでしょうか


以下、第1話「408日目」(Day 408)のネタバレのあらすじですグッドファイト2のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


なんとしょっぱなからカール・レディックのお葬式から始まりました。故人を悼む一方で、ネームパートナーが亡くなったことから、事務所の名前が問題になります。カールの娘のエリザベス・レディック・ローレンス(Audra McDonald)が事務所の名前から「レディック」を外せと要求してきたからです


You don't think that's false advertising? "Reddick/Boseman" without the Reddick?
レディックがいないのに「レディック・ボーズマン」は詐欺じゃない?


そのエリザベスことリズはどうやら司法省の役人だったらしいのですが、こともあろうに葬儀の最中に、否、渡りに船と言った方が正解でしょうか、ボスで司法次官補のウィルバー・ディンコンから、しばらく休暇を取るよう命じられてしまいます。このディンコンはシーズン1の最後でマイアを逮捕しに来た人物です。


Trump Tweet?


どうやらリズはTwitterでかなりのトランプ批判を展開しているようなのです。これにはオバマ夫妻も大喜びだそうで、弔問に来たロッド・ヘイバーコア(Habercore、Brian Stokes Mitchell)はその勇気を称えましたIt had to be said. 誰かが声を上げるべきだ。


それで職を失ったリズトランプ批判で辞めさせられるケースも多そう(;´Д`)は、自ら法律事務所を立ち上げることにしました。


それを聞いたヘイバーコアは、リズについていくことにしたと表明します。「レディック・ボーズマン」はヘイバーコアを通して「大統領図書館(The Obama Library)」のプロジェクトを任されていたのだそうです。


レディック・ボーズマンはこの5カ月間ずっと「オバマライブラリー」をセールスポイントにしてきたらしく、今さらこの仕事を失う訳には参りません。


そこでダイアンは一挙両得のアイディアを思いつきました。リズをネームパートナーに迎えれば、レディックの名も図書館の仕事も失わずに済みます


でも一旦はアンドリュー・ハートの事務所で4カ月働いて出戻ったらしいジュリアス・ケインは及び腰です。エイドリアンが許さないだろうというのです。でもダイアンは、彼だけの事務所じゃない、と強気でした。早速リズに話をつけに行くと、リズにも交渉の余地はありそうです


一方でダイアンにはレネ(Jayne Houdyshell)からの誘いも来ていました。レネは以前ダイアンからの打診を断ったことを詫び、脳卒中で亡くなったマイケル・サマーズの後任として雇いたいと言ってきたのです。ダイアンは今の事務所があると断りますが、レネはウチの半分の規模だと言い切りました


And a firm, to be frank, that's downsizing. Trump is changing the rules on no-bid minority contracts. That's a third of your business.
それにもっと縮小されるわ。トランプはマイノリティ優遇措置を変える。オタクの仕事の1/3でしょ。


その上レネは、バーバラ・コルスタッドがダイアンを追い出しにかかっていると指摘します。これはダイアンには寝耳に水ですが、そうでないとも言い切れません


迷ったダイアンは、マリッサとも相談してやはり今の事務所に残ることにしました。Someone who betrayed you once will betray you again(1度裏切った人はまた裏切るわ)~マリッサらしい助言ですね


これをレネに伝えたところ、レネはあっさりもう後任は決まったから、と答えました。なんとそれがバーバラです。いやいや、やってくれますね~


ダイアンは自棄になってたまたまバーテンからもらった流行りのドラッグ(シロシビン)を試したそうです。車の中から見上げた空には満天の星が輝いていました


一方、マイアは相変わらず父親の事件でスターキーに追いかけられていました。スターキーはありとあらゆる手を使ってヘンリーの居場所を聞き出そうとします。今回はどうやらマイアの昔のテニスのコーチで恋人?だったらしいロザリー・リチェッタ(Kristen Carpenter)を引っ張り出してきました。ロザリーとヘンリーが不倫をして、二人の間には子供までいたというのです


でもこれはでっち上げのようでしたね。今やマリッサにその座を脅かされつつある?ジェイがこれを証明してくれました。敵は会話を捏造したのだそうです。ヘンリーとトランプおよび副大統領のマイク・ペンスのエッチな会話がまたサイコーでしたね


マイアとルッカは早速スターキーにお返しします。ヘンリーから電話が来たと偽り、偽ヘンリーに居場所はスターキーの家だと語らせたのです。強烈なしっぺ返しですが、さすがはスー、もといスターキーです。ほとんど動じることがありません


それ以外では、なんとなんとあのハワード・ライマンが判事になっていました!?も~あんなのが判事になっていいんですかね。ジャッキーの内助の功があったのでしょうか?コメディとしては楽しいけど、実際問題として、ハワードに裁かれる人が可哀想


さ~てリズはダイアンの提案を受け入れるのでしょうか?続きを見るのが楽しみです



シーズン2も面白くなりそう

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ