HOMELAND S6 ネタバレと感想 第5&6話 黒幕は誰だ?

ホームランド6のネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: HOMELAND S6 (ホームランド6) あらすじと登場人物、キャスト


Homeland S6】(ホームランド6)の5話は「引き金」(Casus Belli)、6話は「帰還」(The Return)です。あ~なんだかものすご~く嫌な予感がしてきました。最近ず~っとオープニングの最後の言葉が気になってなりませんの


You saved me. Why?
君が俺を助けた。なぜ?


以下2話分まとめたネタバレのあらすじですホームランド6のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


キャリーはレダから連絡を受けてセクーの家族のもとへ急ぎました。テロ騒ぎでNY中がごった返し幼稚園は休みだったため、キャリーはベビーシッターのラティーシャ(Elena Hurst)が来るまでフラニーをピーターに預けます。ピーターが自ら子守を買って出たのです


ふたりの会話がまた可愛かったですよね。フラニーは今ですっかりピーターに打ち解けて、キャリーと同じように彼を「クイン」と呼び、ぬいぐるみを見せてはあれこれ説明し始めました。


フラニーはその中の「ホップ」というウサギのぬいぐるみをピーターに見せながら、ウサギは好きかと尋ねます。ピーターは好きだと答え、自分と同じピーターという名前の有名なウサギがいるのだと話しました。フラニーがピーター・クインか?と聞くと、ピーターはピーター・ラビットだと答えます。


There's a famous rabbit called Peter, like me. Peter Rabbit.


キャリーが出かけた後、家にマスコミが押しかけてきました。セクーがテロリストだという噂が広がり、キャリーはテロリストを釈放させた売国奴としてバッシングを受ける羽目になったのです


ラティーシャがやってくると、ピーターはキャリーとの約束を守るためにフラニーとラティーシャを地下室に隠しました。そこまでは良かったのですが、裏から中を伺っていたシツコイ記者を家の中に引きずり込んで脅した挙句、玄関から突き飛ばしたためにますます大騒ぎになってしまいます。苛立ったピーターが発砲した弾は外にいたひとりに当たってしまいました


He shot me!
奴がオレを撃った!


可愛いフラニーを守ろうとしたピーターは、フラニーを人質に立てこもる凶悪犯にされてしまいました


この辺の描写は実に辛辣かつ滑稽で、一見コメディにも思えるほどです。次期大統領のキーンも、今回の「自爆テロ」で命を狙われているという理由から、秘かに避難させられますが、その様子が避難というより「監禁」そのものだったのが、なんとも皮肉に思えました。まあこちらは本当に命を狙われたのかもしれませんが


その頃キャリーはコンリンと会っていました。コンリンは、マスードとの会話を誰から手に入れたのかを聞き出そうとしますが、言う訳には行きません。が、コンリンがおおよその検討をつけていると知ったため、早速ロジャーに会いに行きました。


するとロジャーは、会話の録音を届けたのは自分ではないと否定します。キャリーは驚いてすぐにコンリンに電話をしました。そこでようやくコンリンから、自宅で起きている人質立てこもり事件について聞かされます。テレビを見てみろ!


キャリーは急いで帰宅し、引き留める警察を何とか説得して中に入りました。ピーターは、ヤツらは何週間も前からずっと俺たちを見張っていた(They've been watching us)、と訴えますが、キャリーにはピーターが錯乱しているとしか思えません


I have proof.
証拠がある!


ここで警察が突入してきたため、ピーターは取り押さえられてしまいました


ピーターが撮影したスマホの写真を見たキャリーは、ようやく、ピーターの意図するところを察します。この帽子をかぶった男がセクーの会社の車に爆弾を仕掛けたに違いない!


キャリーは自分の推理を確かめるため、警察に連行されたピーターに会いに行きましたが、ピーターは既に精神科病棟に隔離されてしまったそうです。


それでキャリーは再びコンリンに会いに行き、ピーターが撮影した写真を見せました。コンリンはすぐには信じかねる様子でしたが、キャリーの真剣なまなざしに、つまらぬ沽券にこだわっている場合ではないと思い直してくれます


コンリンはマスードを呼び出してこの男の顔を確認させました。マスードは一度もあったことが無いと断言します。


これでようやくコンリンは「自爆テロ」が偽装ではないかと疑い始めました。データベースに照会しても分からなかったため、その男が乗っていた青いジープを調べたところ、北ヴァージニアにある法人に辿り着いたそうです。その後コンリンは早速その会社を調べに行きました。そこはかなり巨大なビルで入り口には900と番号が記されています


中ではちょうど面接試験が行われていたため、コンリンは受験者に紛れ込んであれこれ情報を引き出しました。元NSAのハッキング部隊にいたという受験者=タン(Marcus Choi)は、民間の組織で機密情報にアクセスできるのが嬉しくてならないようです。


Langley? You Langley? You don't look like Fort Meade to me.
君はCIA?NSAには見えないけど。


コンリンがFBIに4年いたと答えると、ますます気を許してべらべらしゃべりだします。NSAでは触れさせてもらえなかったデータがここにはある。どれだけ稼いでいるか信じられるか?


どうやら世界中の機密データをこの一民間企業が自由に操作しているらしい


自爆偽装事件の背後にただならぬ陰謀が隠されていると察したコンリンは、早速キャリーに電話をして、直接会って話したいと伝えました。でも、そのコンリンはどうやら自殺に見せかけて殺されてしまったようです。現場には拳銃を手にした「青いジープの男」がいたようですが、実際に彼がコンリンを撃ち殺したのかどうかは不明です


またピーターは、キャリーがコンリンにこの男の事を話したと聞いてひどく動揺していました。FBIにしゃべったのか?!


つまりピーターは彼らもFBIだと確信しているということ。マスードも言っていましたものね。青いジープの男がいかにもFBIみたいだって。He looks like government man. He looks like you.


いずれにしろ、世論を煽って戦争を起こしたい人間であることには間違いなさそうですが


そしてピーターは、この監禁場所から何者かに拉致されてしまいました。どうやら相手は元恋人のアストリッドのようでしたが?


キャリーがフラニーをラティーシャに預けようとした際、フラニーがウサギのホップを連れてきて、と言ったシーンがまた良かったHe needs me.(彼には私が必要なの) ウサギはピーターの象徴だと言ったらナイーブすぎでしょうか


一方、体よく田舎に監禁されていた次期大統領のキーンは、見張りの隙を突き、マージョリー・ディール(Deborah Hedwall)という女性の助けを借りてNYへ向かいました


道すがら、ディールは、キーンが好きではないと語ります。キーンがテロリストとの戦いに終止符を打とうとしていることに腹を立てているのだそうです。ディールもまたキーン同様、息子のジョンを戦争で亡くしていたそうです。


あなたは戦争に賛成しておきながら今になって意見を変えた。選挙中も、一度も息子(アンドリュー)のことを口にしなかった。彼らの死を恥じているの?


キーンは決してそうではないが、もはや戦いを続けるべきではないのだと訴えました。


NYについて記者たちに囲まれたキーンは毅然として彼らの質問に答えますキーンが黒幕ってことはないんだよな~(;´Д`)


我々の息子たちは戦争で恐怖に立ち向かって死んでいった。我々もここNYで恐怖に立ち向かわねばならない。爆弾が爆発しても、警官たちは冷静かつ迅速に対応した。やみくもに怖れるのではなく団結しなければならない。


That's who we are. That's who John and Andrew were.
それが私たち。それがジョンとアンドリューだった


現大統領のモースがセクーをテロリストと決めつけて愛国者法の条項を強化するよう求めたのとはエライ違いですよね。もちろんキーンは反対です


またソールはロシア人のヴィクトル(ヴィクター、Ronald Guttman)に接触してトヴァを調べていました。ソールはアブダビでナフィーシを調べた際、彼があらかじめ何者かと口裏を合わせたらしいと気づいていたのだそうです。ソールが資料をシュレッダーにかけようとした時、煙草の箱を見つけたのがそれだったそうです。ナフィーシが事前にあの部屋に入った証拠だ!


その結果、トヴァがダール・アダルと会っていた事実を知らされました。まさにヴィクトルの指摘通り、自分が輪っかを回していると思って走っていたのに、走るのを辞めた途端、ワイアに絡まって前足を折ってしまったリスの例え通りです


The squirrel thinks it's turning the wheel, but if it stops running, its feet get caught in the wires and the squirrel breaks its paws.


ソールからトヴァについて調べるよう頼まれた(おそらく同じCIAの)メルセデス・アコスタ(Rachel Ticotin)も、わざと忘れたふりをするほどなのです。ソールはすっかり蚊帳の外に追いやられてしまったようですソールはまたしても受難続き(;^_^A


これからいったいどんな展開が待ちうけているのか~もう片時も目が離せませんねホームランド6が面白い(^^)/



HOMELAND/ホームランド シーズン5(SEASONSブルーレイ・ボックス) [Blu-ray]

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ