高嶺の花 ネタバレと感想 第9話 兄弟対決

野島伸司さん脚本、石原さとみさん主演のドラマ、【高嶺の花】もいよいよ9話となりました。これまで大体見当が付いていたつもりでしたが、ここにきてちょっと驚かされました。以下ネタバレの感想です高嶺の花のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


なんとですね~千秋はももの放った刺客だったのだそうです!いや~やるな~。なさぬ仲とは言え、さすがは市松の娘だけのことはありますね


千秋は看護師などではなくて、大病院のご令嬢かつ自身もドクターなのだそうです。ももは、男性遍歴も相当な千秋にならぷーさんが落とせると考えたらしい。そうすればももは、ぷーさんも人並だったと諦めが付き、華道家として迷うことなく生きられると思ったのだとか


いや~そんなに甘くはないですよね。相手はなにせあのぷーさんですから。現に千秋は「マジで惚れそうと劣勢です


が、最後のシーンでは下着姿を披露し、本格的にぷーさんを誘惑しようとしていました。その様子はスマホを通してももの耳に届いています。ももは、千秋が決してぷーさんを騙したり傷つけたりしないと語っていたのを聞いて、自分も素直になりたかった、と涙を流していました


果たしてぷーさんはこのハニートラップにひっかかってしまうのでしょうか?個人的にはミイラ取りがミイラになるだけだと思いまするが


さて、前回に引き続き、今回は龍一と兵馬の兄弟対決も行われました。市松は、予想通り、龍一との約束を破って欠席し、代わりにももとななを出席させます。


これで勝利は確実だ~その龍一の期待は見事に裏切られました。どんな根回しも、圧倒的な兵馬の作品には効果を失ってしまったからです。龍一に入ったのは、あらかじめ兵馬が「父であり家元」の票を龍一に譲ったものだけです。家元は既に前日亡くなっていたのだそうです


そしてななも龍一が可哀想だと言って一票を投じました。ななはその後龍一を訪ね、月島流の家元を辞退すると宣言し、龍一とともに生きていくと伝えます。私があなたを元の綺麗な人間にしてあげる


龍一がななを汚したくなかったから抱かなかったと言ったのを受けてのことです。龍一もななを大切に思っていたのですね


またももはその龍一から、自分が市松の実子ではないと教えられました。ももは市松にこれを確認し、実子でもないのに育ててもらったことへの感謝を伝えます。ももはぷーさんを愛して大人になったことで、華道家としての「もう一人の自分」は失ったかもしれないけれど、それよりもっと人間として大切なものを手に入れたのですね。それともこれ=他人を思いやる心はももが持って生まれた資質でしょうか


もちろんその後は平静ではいられず、酒を浴びるように飲んで暴れまくりました。これを知ったぷーさんは、アイデンティティーの危機だから、父親が分かるなら分かった方が良いと高井に詰め寄ります。あなたが父親なのでしょう?


高井は一旦は否定しましたが、ももを見るに見かねて告白しました。


かつて市松はももの母親=千恵子を愛しすぎたために「もう一人の自分」を失ってしまったのだそうです。市松はそのことで千恵子に八つ当たりをしたため、傷ついた千恵子は当時本部長だった高井に相談したのだそうです。その結果生まれたのがももだそう。


高井は市松に謝罪して決して他言しないと約束し、せめて娘の側にいたいからと会社を辞めて運転手になったそうです。千恵子の母親が生きていたらまた違ったでしょうけど。


ももは高井を罵倒して追い出しました。もう二度と私の前に現れないで!!


毒を吐く人は自分も毒を吸っている~これはぷーさんが宗太に贈った言葉です。まさにももは誰かに毒を吐くたびに自分が苦しんでいる典型です。もしかしたらその毒を清めたくて=癒されたくていつも花に囲まれていたいのかもしれません


そのぷーさんは今懸命に生け花を学んでいます。目の前の花をももだと思って活けているに違いないあの素朴で優しさのにじみ出た作品が、いつかももの心をほぐしてくれますようにと願いつつ、最終回を待ちたいと思いまする来週はいよいよ最終回( ;∀;)


p.s. 宗太はもう何も心配いりませんね。彼の場合は頭で理解するのではなく実地で経験を積んでいるのが何より強いです。戻ってきたらぷーさんの相談相手にもなれそうですね



見逃した方はアマゾンプライムでも視聴できますよ~

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ