半分、青い ネタバレと感想 152~156話(最終回) 半年間ありがとう

半分、青い】もついに最終回を迎えました


鈴愛の誕生からこの最終回まで半年間、40年と言う鈴愛の激動の半生に自分のそれを重ねながら見てきたため、最後はかなり感慨深かったです半分青い、最終回のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


もちろん鈴愛と律の恋愛模様も微笑ましくかつヤキモキさせられましたが、やはり時が時だけに鈴愛に対する晴の愛情が本当にありがたくて晴と鈴愛のシーンはいつも涙涙でございました。鈴愛がそよかぜの扇風機を「マザー」と名付けてくれたことに対して感謝してしまったほどです


~ここは思わず、松雪泰子さんが晴に決まったのはこの瞬間ありきの配役だったのか!などと勝手に盛り上がってしまいました。(注: Motherは松雪さんの代表作)~


母親の愛情というものは、時に鬱陶しいほど暑苦しいものですが、そんな太陽のような愛情があってこそ子どもは元気に育っていくのだとつくづく思い知らされました。鈴愛もまた、これからは律と一緒に、カンちゃんを愛情たっぷりに育てていくのでしょうね


そして鈴愛は40歳の誕生日に、同じく40歳になった律から「雨の音がきれいに聞こえる傘」をプレゼントされました。これは鈴愛が幼い頃に律に作ってとねだったものだったそう。鈴愛はその傘をさすのが待ち遠しくてならず、普段はそれほど歓迎しない雨を待ち望んでいました


人生を天気に例えれば「雨」は辛いことの象徴でしょうが、鈴愛にとってはその苦難ですら律のおかげで楽しみ=幸せに代わる、ということでしょうか


~そう言えば鈴愛は昔涼ちゃんとも雨の中で踊ってましたねSingin' in the Rain


その苦難のうち、母・晴の病もモチロンですが、親友のユーコの死がまた何とも切なかったですね。仙台の病院で看護師として働いていたユーコは、自分一人なら逃げられたところ、動けない患者に最後まで寄り添うことを選んだために命を落としてしまったのだそうです。


死を覚悟したユーコは最後に携帯にメッセージを残していました。夫には、結果的に死を選ぶことになって申し訳ない、息子のクウちゃんには、母がいなくても大丈夫だ、と、そして鈴愛には、強く生きろ!自分の分まで生きて何かを成し遂げろ!と語ったそうです。ユーコはそよ風の扇風機を患者さんのために使いたいとその完成を待ち望んでいたそうです。


ユーコの死にすっかり落ち込んでいた鈴愛はこのメッセージを聞いて前に進む決心をしたそうです。それが生きている者の務めなのです。


そんな鈴愛に弥一が掛けた言葉もまた真理でした。弥一は和子を失った悲しみを乗り越えたわけではなくて、悲しみとともに生きていると語ったのです。


晴や貴美香先生も続けます。亡くなったからといっていなくなった訳ではない。皆ここにいる。生と死は切り離して考えるものではない。私たちは皆、生と死の狭間に生きているのだ


これはたぶん脚本家、北川さんの死生観でもあるのでしょう。以前カンちゃんが死ぬのが怖いという話をした時、鈴愛が「人間は誰でもいつかは死ぬ。死ななかったらもっと怖い」と答えたのを聞いてハッとしたのを思い出します死ぬことはそう悲しむべきことでもない(/_;)


このユーコの死に際し、秋風羽織も鈴愛と律に手紙を書き送ってくれました。傍から見れば成功者の秋風ですら、かつてやはりガンを患い、仕事でも苦労をしてきた人生の先輩として、でもあくまでもさりげなく、ふたりを気遣ってくれます。


人生は希望と絶望の繰り返しだが、人には想像力がある。夢を見る力がある。君たちにはこの力が十二分にある。


この秋風羽織という人物がまた実に素晴らしかったですよね。ユーコの遺体が見つからなかった時も、わざわざ仙台まで駆けつけてきて、ユーコが好きだった漫画の続編を今書いているところだとユーコの夫に報告してくれたそうです。ユーコが戻ってきたら一番に読んで喜んでもらえるように、と


最初の頃はドラマを見られないことが多かったので余計にそう思うのかもしれませんが、オフィスティンカーベルの時代がまた楽しかったですよね。ユーコとボクテと秋風先生にひしもっちゃん~みんなと鈴愛の関係が本当に好きでした


朝ドラ恒例のスピンオフには是非もう一度このオフィスティンカーベル時代を!と思わずにいられません。回想にすればユーコも混ざれますからね


男女がいればすぐにくっついて終わり(もしくは別れて終わり)の話が多い中、40年も愛情をはぐくんできたこのドラマは実に温かくそして爽やかでした鈴愛の大切な人は律。だから締めは何と言っても律のこの言葉でございましょう


俺は鈴愛を守るために生まれてきた


これを本人に言わないところがまた律らしいですね。若い鈴愛ではその愛が理解できなかった~だから振られたけど、今の鈴愛なら言わなくても分かるでしょう。ま、時々は語ってやってほしいでやんすが


途中はさておき()、本当に楽しいドラマでしたね~大満足です。次回の「まんぷく」もなかなか面白くなりそうで大いに期待しておりまする半分、青いが楽しかった(^^)/



佐藤健クリアファイル付き「佐藤健 in 半分、青い。」PHOTO BOOK

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、早速お越し頂きましてありがとうございます(^^)/。
本当に「優しい雨」が何とも象徴的で素敵でしたね~。

またまた最後までお付き合いくださいまして
こちらこそありがとうございました!v-22

また次回の朝ドラも楽しくご一緒できますように"ハート"(^_-)-☆。こん

2018/09/30 (Sun) 06:56 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ