昭和元禄落語心中 あらすじと感想 第1話 約束

岡田将生さん主演のドラマ、【昭和元禄落語心中】を見始めました。おばさんはどちらかというと岡田さんは苦手な方なのですけれど、これは実によかったな~。最初から最後までぐいぐい引き込まれてしまいました


それに与太郎役の竜星涼さん(大木隆@ごめんね青春!)もものすごぉ~くよかったですね~役にピッタリハマっていました


以下早速あらすじです昭和元禄落語心中のあらすじ行きますよ~(^^)/


昭和52年の春~昭和最後の名人と呼ばれていた落語家の有楽亭八雲(岡田将生~羽生晴樹@リーガルハイ)のもとに、ひとりの弟子志願者がやってきました。つい先ほど刑務所から出所したばかりの元ヤクザ、与太郎(竜星涼)です。いえ、多分本名は他にちゃんとあるのでしょうが、いかにも間が抜けていそうなその男を見た八雲がそう呼ぶことに決めたのです


与太郎は八雲が刑務所に慰問に来て披露した落語が忘れられなかったそうで、刑務所を出たら絶対に八雲に弟子入りすると心に誓ったのだそうです。その時の演目=死神は八雲の八雲らしさが十二分に生かされる噺だったそうです


八雲は弟子を取らないことでも有名でしたが、なぜかこの与太郎だけは気に入ったらしく、早速連れて歩いては、もっと早く弟子を取ればよかったと語りました。それはどうやらこの与太郎が、亡き親友で同門の助六(山崎育三郎~真野賢作@下町ロケット)に似ていたかららしい。助六と八雲は、戦後まもなく訪れた落語界の「黄金期」を支えた若手のホープだったのだそうです。


八雲の家にはその助六の忘れ形見の小夏(成海璃子~山田奈緒子の子役@TRICK)が同居していました。助六はその妻で芸者のみよ吉(大政絢~片山晴美@三毛猫ホームズの推理)と一緒に事故で亡くなったらしく、八雲は身寄りのなくなった小夏を引き取って育ててくれたのだそうです。


やはり八雲に惚れこんで何度も弟子入りを頼んだのに冷たく断られた二世落語家の円屋萬月(川久保拓司)曰く、小夏は落語界のプリンセスなのだとか


どうやらこのみよ吉を挟んだ助六と八雲の事情(三角関係?)もかなり複雑そうでした。みよ吉は夫の助六ではなく八雲と心中しようとしたらしいのですが、そこで幼い小夏が泣いたために断念したようでしたね。八雲は幼い頃階段から落ちて足を怪我したそうで、その時と同じように「捨てられた」と感じたらしい


おそらくは当時の記憶などもあって、小夏は、助六を殺したのは八雲だとひどく恨んでいたようでした。その小夏は毎日のように父助六の落語を聞いては覚えており、父の落語をこの世から消したくないと考えていたようですが、落語家(咄家)になるつもりはないようです。


というより八雲が「女の噺家」を頑として認めていないようでしたね。後日、それでは助六の落語が廃れてしまうと反論した小夏に、八雲は助六の落語を自ら再現して見せています


助六は今もアタシん中で生きてる落語と一緒にね


小夏は与太郎を呼び、弟子入りなど諦めるよう促しました。あいつは自分の芸を残そうなどと考えていない。落語と心中するつもりなんだ


八雲が弟子を取ったという噂は瞬く間に広がり、波紋を呼びました。八雲の芸は孤独だからこそ極められたのだそうです。またさすがにその業界だけあって、与太郎が助六に似ているとのうわさも広がりました。顔ではなく雰囲気がそっくりなのだそうです


与太郎は八雲に、ただ連れまわすだけじゃなくて厳しく芸を仕込んでほしいと頼みましたが、その願いは半分聞き入れられ、半分は断られたようです。八雲は誰かに稽古をつけるということがどうやらあまり好きではないらしい


それでもそれから3か月後、酒の席の余興で披露した与太郎の「めちゃくちゃな芸」を認めたのか、八雲は与太郎を前座にしてくれました。そして小夏にも与太郎に芸を教えてやれと促します


噺教えろってしつけえんだ


こうして小夏の猛特訓が始まりました。元々落語が好きな与太郎は物覚えも早いはずなのですが、どうにもうまくいきません。小夏が見抜いたところによると、与太郎には落語を他人に聴かせるという意欲がないのだそうです。ダラダラこなすだけでお客が置いてきぼりなんだ


そこへうってつけの人物が現れます。与太郎がヤクザをしていた頃の兄貴分です。兄貴はなぜ落語なんだ、落語なんかくだらないと決めつけ、与太郎に再びヤクザの世界に戻るよう誘いました。が、与太郎は決して首を縦に振りません。


二人の争いを耳にしてやってきた八雲は与太郎に、その「くだらない落語」を兄貴に聴かせてやれと促しました。


与太郎は必死で考えます。どうすりゃ兄貴を笑わせられる?落語の素晴らしさを分かってもらえる?!


こうして生まれた与太郎の「出来心」はそれはそれは生き生きとしていて、兄貴を初めとする客を一斉に魅了しました。寄席に出てから初めて客席からの反応を得た与太郎も確かな手ごたえを感じます


これだ!客との間!!楽しいっ!!この与太郎がまたいいねえ~( *´艸`)


兄貴は大人しく帰っていき、八雲も念のため兄貴の親分に話をつけてくれたそうです


こうして落語の楽しさを再認識した与太郎は、それから毎日助六の落語を聞いて楽しんでいました。八雲の噺は最高だけれど、自分が真似をするにはあまりにレベルが高すぎると悟ったのだそうです。


がそのおかげでその後予定されていた八雲の独演会の前座のことをすっかり忘れていたらしく、慌てて練習に打ち込んだのはよかったが、三日三晩寝ずに練習したために本番は眠気に襲われてまったく集中できなかったばかりか、八雲の落語を聞きながら舞台袖で、しかもいびきをかいて眠ってしまいます。そのいびきは客席にも響くほどのものでした誰か止めろよ(;´Д`)


八雲はなんとか機転を利かせて客を話に引き込みましたが、さすがに堪忍袋の緒が切れて、与太郎に破門を言い渡します


与太郎がどんなに頼んでも八雲は聞く耳を持ちません


よく眠れたろ。私の落語は退屈でさ。助六に弟子入りすりゃあいい


小雪が舞い散る中、冷たい道路に土下座までしてすがっても冷たく突き放された与太郎は、家に戻っても中に入ることができません。それでも諦められないんだろうという小夏の後押しで何とか八雲の部屋の前に座った与太郎は自分の気持ちを訥々と語り始めました


俺は師匠に心底惚れてる。これはもう自分の根っこみてえなもんだから変えようがねえ。でも落語やらさせてもらってるうちに分ってきた。師匠の落語は俺には絶対できねえんだって。


助六の落語の方がまだ近い気もするが、それがやりたいのかどうかすら分からない、だから側にいさせてほしいと頼み込みます。


俺にはもうどこにも行き場がねえんです!!ここで生きて、ここで居場所を作るしかねえんです!


この通りだと頭を下げる与太郎の姿は、かつての八雲自身の姿を彷彿させます。八雲は足を怪我したことで居場所を失いそうになったのですね。


八雲は、与太郎がやりたい落語は与太郎自身の落語だと教えました。加えて、破門を取り消す代わりに自分と3つ約束するよう切り出します


1つ、二ツ目になるまでは面倒を見るから、八雲と助六の落語をすべて覚えること。1つ、八雲が助六として果たせなかった約束=ふたりで落語の生き延びる道を作ろう~をともに成し遂げること。1つ、絶対に八雲より先に死なないこと。


1つめはともかく2つめの約束は大きすぎて大丈夫かと心配する与太郎に、八雲はできなきゃ心中だと言い放ちました。そして3つめは小夏も同様だと念を押します。お前さんもだ。約束だよ


そして八雲はついに、小夏と与太郎に助六との噺を聴かせることにしました。長え夜になりそうだ。覚悟しな


いや~久しぶりにワクワクしてきました。次回が心底待ち遠しいです昭和元禄落語心中が面白い(^^)/



気に入ったらどっぷりハマりそうです


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ