番人!もう一度、君を守る ネタバレと感想 第1話 監視者からの電話

番人!~もう一度、君を守るのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 番人!もう一度、君を守る あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【番人~もう一度、君を守る】を見始めました


最近はもう少し骨太ドラマが見たい気分なので、コメディ色が強すぎるきらいはあったものの、役者は好きな方ばかりなのでもう少し続けて見てみたいと思います。中でも「ああ私の幽霊さま」ですっかり気に入ったキム・スルギさんが出てくるのは超楽しみです


それに1話を最後まで見たところ最初の印象程ふざけた内容ではなさそうですし、おふざけキャラに見せておいて実は真逆という設定かもしれませんよね


またふたりのシングルマザーが刑事として頑張っている様子は大いに共感できました。子どもも大切だけど、自分も大切にしなくちゃいけないには大賛成です


以下簡単なネタバレのあらすじです番人~もう一度、君を守るのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


シングルマザーの刑事=チョ・スジ(イ・シヨン~イ・スユン@ポセイドン)が勤務する警察署に、ある日、不審な男が乗り込んできました。男の名前はキム・ウソン(チェ・スヒョン)~12年前に起きたサミルスーパー強盗事件の犯人だと名乗り出てきたのです。ウソンの手にはその時店主を殺した凶器のナイフが握られていました


この事件は既にハン・ドンウォンという人物が捕まって服役中だったそうですが、ウソンはそれは誤認逮捕だと主張します。12年も知らん顔をしていたのに今になって自首してきたのは、真犯人を知った何者かがウソンの行動を監視し、自首しなければ家族を殺すと脅してきたのだそうです


12年前にこの事件を起訴したのは、現在ソウル中央地検部長検事を務めるオ・グァンホ(キム・サンホ~パン・ジョンベ @棚ぼたのあなた)です。グァンホはすぐに子飼の検事=チャン・ドハン(キム・ヨングァン~コ・ナンギル@ウチに住む男)を向かわせました


このドハンがまた実にチャラい男でしたよね。見た目はなかなか決まっててカッコいいんだけど、やってることがダっサいわ~と思っていたら、田舎育ちがコンプレックスで、それを隠そうと努力しているのだそうですこのドハンがね~(;´Д`)


~キム・ヨングァンさんのナンギルが大~好きだったおばさん的にはこのキャラがイマイチざんす。豹変してくれることを願うばかりですが


真犯人が自首したと聞き及んだハン・ドンウォンの祖母(ナム・ジョンヒ)は、自分が集めた孫の無実を証明する資料を持って駆けつけてきました。一方で、今回自首したウソンの母(キム・ドンジュ)と姉のウジンは、当時ウソンが店主を殺害した直後の血の付いた服を見ていたはずにもかかわらず、見ていない、ウソンは無実だと主張します


早くウソンを釈放しろとうるさいドハンを、スジの先輩=イ・スネ(キム・ソニョン)が軽く交わして追い出したのは楽しかったですね。テキトーに追っ払っている間に目撃証人を見つければいいのよ


その証人=チェ・ミョンフン(ペ・ジェギ)を逮捕した後、スジを悪夢が襲いました。スジの母(キム・ジョンヨン)と福祉センターにマジックショーを見に出かけた娘のユナ(ハム・ナヨン)が、祖母の目をかすめて会場から抜け出した後、屋上から落ちて意識不明の重体で発見されたのです


スジは、ユナは高所恐怖症だからひとりで屋上になど行くはずがない=事件に巻き込まれたに違いないと確信しました。その確信は当たっていて、ユナはある少年に誘われてその後をついていったようです。


つまりは、この少年がサミルスーパー強盗事件に関与しているということですよね


また12年ぶりに真犯人が自首したという事実はマスコミでも嗅ぎ付けていました。キム・ギョンミ(ユン・ダヨン)というMBSの記者が早速オ・グァンホにインタビューを求めてきますが、グァンホはしらを切っています。


それ以外では、スジに好意を抱いているらしいソウル中央地検検事=キム・ウンジュン(キム・デフン~ホン・ジュンギ@ファンタスティック~君がくれた奇跡~)の立ち位置も気になるところです。グァンホやドンスを批判的に見ていたようですが、ふたを開けたらこちらも悪徳検事だったなんてことはないのでしょうね


タイトルの「番人」とは法で裁けない悪を裁く組織らしいですが、ウソンを自白に追い込んだのも彼らなのでしょうか


となると、ミステリーと言うよりは復讐系なのでしょうかね~とにもかくにも続きの展開が待たれるところですね韓ドラ・番人の続きが楽しみ♪



番人! ~もう一度、キミを守る~ DVD-BOX1、2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ