僕とシッポと神楽坂 あらすじと感想 第5話 親子の絆

相葉雅紀さん主演の【僕とシッポと神楽坂】の5話ではトキワと大地の関係が明かされました。以下早速ネタバレです僕とシッポと神楽坂のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


トキワと大地は血がつながっていないそうです。トキワの夫の加瀬佑(たすく~眞島秀和)は前妻との間に生まれた大地を連れてトキワと再婚したのだそうです。


今回はこの佑の両親が神楽坂にやってきて、大地を返してほしいと語ったことからこれが明らかになりました。ふたりは、トキワはまだ若いから他の誰かと再婚するかもしれない、その際、大地は邪魔だろうから加瀬家で育てると申し出たのです。


トキワはキッパリ断りましたが、近くでこの話を「途中まで」聞いた大地は、トキワには自分が邪魔だと思い込んで拗ねてしまいました。大地は佑から、佑がいない間は佑に代わってトキワを守れと託されていたそうなのですが


これからは「はい、は1回!だけじゃなくて「話は最後まで聴くことも教えた方が良いでござるね


もちろんその誤解はすぐに解け、大地とトキワの絆はますます深まったことは言うまでもありません。それに~もしトキワに「好きな人」ができても、トキワが好きになるぐらいの男性ですから、大地も可愛がってくれること、間違いなしですよねね?コオ先生??


何せ、あの田代でさえ、大地の父親になりたい、などと言いだしてましたからね~。それはまずあり得んでしょうが、達也もうかうかしていられませんね


また今回は、すず芽の母親=広田咲江(池谷のぶえ~闇雲郁代@民王)も登場しました。咲江は高校の音楽教師だそうで、すず芽が芸者になる時に猛反対して以来、すず芽とは絶縁状態なのだそうです


が、今回入院することになったため、咲江が飼っているセキセイインコのピースケ(♀)を、すず芽が預かることになったのだそうです。


すず芽がピースケを達也に預かってほしいと頼みに来ると、トキワは猛反対でしたが、達也は、すず芽が咲江を見舞って、駕籠の掃除もすれば引き受けると約束しました。達也はこれをきっかけに親子が仲直りできれば良いと願っていたのです


すず芽も咲江も似た者どおしの頑固もので、なかなかうまくは行きませんでしたが、そこをピースケが救ってくれました。ピースケはいつも「ただいま」としか言えなかったのですけれど、卵管に卵が詰まって達也の手術を受けた後はこう言って咲江の本音を教えてくれました


すず芽、会いたいね


こうして母の気持ちを知ったすず芽はその退院に押しかけていきました。そこでキッパリ芸者と言う仕事に誇りを持っていると伝えると、咲江はもうとっくに許している、と答えます。咲江はこれまでずっとすず芽に関するニュースや記事を見てはスクラップしていたのだそうです


親子だから分かり合えるのではなく、親子だからこそなかなか分かり合えないことも多いですよね。そんな頑なな心をほどいてくれるペットは、もしかしたら家族以上のありがたい存在なのかもしれません弱い彼らを介して初めて人間は素直になれるのかもしれません( *´艸`)


毎週、優しいコオ先生と可愛いシッポに癒されるこの時間はまさに至福の時でござりまするね僕とシッポと神楽坂が楽しい♪。「僕とシッポと神楽坂」は続きもとっても楽しみですね



これは是非手元に置きたい


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ