SUITS/スーツ ネタバレと感想 第6話 やっぱり蟹江が面白い

織田裕二さん&中島裕翔さんの月9、【SUITS/スーツ】は6話も楽しかったですね~。やっぱり蟹江がミソでござるねスーツの蟹江がサイコー(^^)/


蟹江のシルエットが何か(「誰か」ではありませんよ)に似てる~とずっと考えていて、ようやく「マトリョーシカ」だと思い当たりました。あのおめめパッチリまつげくるりんなところも似ていませんかいやこんなに可愛くはないけど( *´艸`)? ワンパターンでありながら、なかなかの小技を持っている=奥が深い?ところもピッタリですよね


以下ネタバレのあらすじですスーツのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


その蟹江は今回強引な手法で敵方の証人を死に至らしめてしまいました。ドラマではほとんど追及されていませんでしたが、相手側の弁護士も同席していたのに訴えられないほうが不思議でしたよね


甲斐と蟹江は、内海財団の会長、内海真須美(ジュディ・オング)の代理人を務めることになりました。内海は轟フィナンシャルが推進していたプロジェクトに20億を投資していたのに、その計画が中止になったことから、全額回収不能になったらしいのです


甲斐は蟹江と組むことに不満でしたが、チカは、蟹江は金融系に強いという理由からとふたりにチームを組ませました。蟹江は既に轟ファイナンシャルが隠し財産を海外に移したという情報を入手していたそうです


やる気満々の蟹江は早速大貴を「ポニー」扱いしてこき使おうとしましたが、甲斐は大貴に別件を任せることにします。こちらはリゾート開発会社、アテナリゾート社長の藤原一輝(大澄賢也)。


甲斐が藤原の対応をしている間に轟フィナンシャルの経理部長、小堺晴彦(春海四方)が幸村事務所にやってきました。甲斐は蟹江に「球拾いを命じましたが、タマ好きな蟹江はこの隙にホームランをかっ飛ばそうと、のっけから小堺をガンガンに攻め立ててしまいます蟹江が引かない( *´艸`)。蟹江がキャッチした「隠し財産」はこの小境のものだったようです


最近香港に口座を作って3000万を移しましたね?


小堺が口ごもったのをこれ幸いと、蟹江はどんどん切り込みました私を甘く見るなよ( `ー´)ノ。騙した金の一部か?それとも口止め料か!?


轟フィナンシャルの弁護士の毛利徹(小松和重)は怒って引き上げようとしましたが、蟹江は追及の手をゆるめませんどんどこ攻める攻める( `ー´)ノ


3000万の原資を教えてくれ!


焦った小堺はしどろもどろになって汗をかき始め、水が欲しいと言い出しました。が、蟹江は、犯罪者に飲ませる水などないと突っぱねます


そして小堺はこの後すぐに倒れ、あっけなく亡くなってしまいました。死因は肺塞栓症で、元々の持病だったそうですが、あそこで水を飲ませていたら死なずに済んだかもしれません


さすがの蟹江もかなり反省したようで、自ら甲斐のオフィスに足を運び、チームとして協力しようと申し出ました。このままでは轟フィナンシャルはすぐにも破産を申して立てて詐欺行為をうやむやにするつもりだ!私に良い考えがある( `ー´)ノ


でもだからと言って嘘はいかんよ、嘘は。蟹江は部長が倒れた時に、蟹江に罪を自白したことにしようと言い出したのです。そんなんだから「球拾い」扱いされちまうんですよね~


その後轟フィナンシャルの社長がやってきました。社長は、自社でまとめたという内部資料を提示して、亡くなった小堺が金を着服していたのだと説明しました。まさに死人に口なしです。私も騙されていたんです!


毛利は、小堺が着服した3000万なら内海財団に返却できるからと和解を申し出てきました。破産申し立てを申請している以上、それ以上の金額は払えないとうそぶきます


が、甲斐は既にこの3000万の出どころを突き止めていました。これは小堺の妻が株で儲けた金なのだそうです。


今度うちにいらっしゃるときは、全額返金できるときだけにしてください


そこへ今度は内海がやってきました。内海は破産申し立てをされたら回収の見込みはほとんどないからと和解に応じようとしたのだそうです。


それはできません


甲斐と蟹江は口を揃えて&キッパリこう言いました。その上蟹江は、轟フィナンシャルは最初から内海を騙すつもりだったかもしれないと主張します。


甲斐はその後、小堺の葬儀に出向き、その妻に協力を求めました。小堺の汚名を晴らすために協力してほしいという甲斐に、妻は傾きかけていたのに、そこに蟹江が現れたため、何もかもぶち壊しになってしまいます


よくものうのうと顔を出せたものね!


ホントですよね~。おかげでせっかくの甲斐の計画も台無しになってしまいました。大事な証人をまた失ったんだぞ!


打たれても打たれてもめげない蟹江は、今度は轟フィナンシャルの若手のアソシエイト=米倉和博(宮田佳典)に目を付けました。轟社長が持参した内部資料は米倉がまとめたに違いないと見当をつけたのでしょう。アソシエイト使いが荒い蟹江ならではの着眼ですね


その若さであんな詐欺師まがいの会社と関わるなんて気の毒に


蟹江は米倉を脅し、裏帳簿を手に入れました。蟹江の得意そうな顔ったらなかったですね~


インドネシアでの発電所建設が失敗したなどと嘘っぱちだ。最初から破産をでっち上げて投資で集めた金をだまし取るつもりだったんだろう?証拠は挙がっている!( `ー´)ノ


が、敵もさるもの引っ掻くもので、毛利はすぐに米倉が寝返ったことに気づき、それは、犯人捜しのために用意していた偽の帳簿だと反論してきます。


困った米倉は即、蟹江に脅された、と白状してしまいました


毛利は蟹江を訴えると脅し、否なら1500万で手を打とうと脅し返します


せめて裏ぐらい取れと嫌みを言う甲斐に蟹江は、以前情報屋から仕入れた内容と一致していたのに情報は間違っていなかったはずだ!( ;∀;)!と悔しがりました。


チカはこうなったら和解を受け入れようと言い出しますが、ふたりともそれだけはできない、と突っぱねました


一方の子犬こと大貴は、藤原の娘で大学院生の華名(佐久間由衣)にいいように翻弄されていました。こちらは何と社員証を偽造してアテナリゾートに侵入し、会社の口座から1億円以上を盗んでいたそうです


華名は母がガンで苦しんでいた時も父の藤原が金儲けに夢中になっていたことが許せなかったのだとか。


その上「調べるのが大好き」だという華名はハーバードの卒業生名簿にアクセスし、大貴が偽物だと突き止めました。経歴詐称を暴露されたくなかったらこの件から手を引けと大貴を脅してきます。そしてこの会話は蟹江付きのアソシエイト、館山健斗(岩井拳士朗)に立ち聞きされてしまいます


館山は早速蟹江に報告しようとしましたが、蟹江は甲斐にもう二度と余計なことをするなと釘を刺されて腹を立てていたため、耳を貸そうとしませんGet out of my sight!(視界から消えろ!)


そこで館山はこれをチカに密告しました


一方大貴はようやく華名の説得に成功します。藤原がリゾート開発に力を入れていたのは、華名の母の願いだったことが分かったからです。でも藤原は、自然環境破壊に反対する華名に対して「悪者」になるのは自分だけでいいと黙っていたのだそうです。


父と和解した華名は漏れなく大貴に恩返しをしてくれました。チカがハーバードの卒業名簿にアクセスした時には、大貴の情報は既に書き換えられていたそうです


その能力は詐欺事件解決にも活かされました。華名が轟フィナンシャルのデータをハッキングして調べたところによると、以前米倉が蟹江に渡した資料は紛れもなく本物だったことが判明したそうです


甲斐は早速蟹江に協力を呼びかけました


俺たちは 似た者同士だ。勝つことが何より好きで。だから 衝突が絶えない。それに俺はお前を尊敬もしてる


甲斐の読みは当たっていて、蟹江は実に効率よく調査を進めてくれました。甲斐と蟹江、そして大貴の3人はついに轟の隠し口座を発見します


こんな物どうやって 手に入れたんだ?


毛利は、違法な手段を使わないかぎり不可能だと反論しましたが、居合とジョギングで鍛え抜いた蟹江はビクともしません


やり方はどうであれ貴様らの尻尾はつかんだ。私は一度つかんだら離さんぞ、スッポンのようにないや~捕まれたら痛いよ~( ;∀;)


毛利は警察に通報すると意気込みましたが、そんな脅しに乗る蟹江ではありませんよね


たとえ刑務所にぶちこまれても諦めんぞ!獄中で貴様らの悪行を一字一句漏らさず手記にして出版してやる!弁護士資格はく奪上等!( `ー´)ノ


ついに根負けした轟は刑事告訴だけはしないでくれと条件を付け、20億全額を返却すると約束しました蟹江の粘り勝ち( `ー´)ノ


こうして甲斐&蟹江のチームは見事に勝利を勝ち取りました。翌朝、蟹江は上機嫌でまた皆に愛想を振りまいています。たとえ馬場さんがまた有休をとったと聞いても、君も休め、などと答えるほどです


が、蟹江の出社より少しだけ早い時間に内海がやってきてチカと甲斐に感謝していた様子を目にした途端、またしても甲斐が手柄を独り占めした!と僻んでしまいました


やっと分かり合えたと思ったのに


蟹江はよっぽど甲斐が好きなのですね~ホントは


また気がかりだった遊星は大人しく田舎に帰ったそうで何よりでしたね


さて来週は、マトリョーシカ蟹江に加えて一層癖のある竹中直人さんがゲスト出演するそうです。これはますます面白くなりそうで楽しみですねスーツが濃いわ~( *´艸`)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ