獣になれない私たち ネタバレと感想 第6話 助けてもらったら「ありがとう」でしょ

新垣結衣さん主演の【獣になれない私たち】の6話も頑張って見ましたよ~。今回はそれなりに収穫=見てよかった点もありました。以下ネタバレの感想です


まずはその良かった点から参りましょうか。呉羽のことです


呉羽が恒星と別れたのは子宮筋腫が肥大化したために子宮の全摘を余儀なくされたからだったそうです


これまで何でも欲しいものは手に入る、手に入れると思って生きてきたのに、ここで初めて思い通りにならないことができてしまった。子どもが産めなくなってしまった


恒星に話しても、どうせ、そんなことは大したことじゃないと言われることが分かっていたし、自分にとっては「大したこと」を話しても分かってもらえない相手とはもう付き合えないと(勝手に結論を出してキッパリ別れることにしたのだそうです


そこへ現れたのが今の夫の橘カイジだったそうです。橘はとても優しい男性で、あの岡持の相手もしてくれたというほどですから、呉羽が癒されて鐘が鳴ったというのも頷けます


~余談ですが、おばさんはずっとこの「岡持」はラーメンの出前だからそう呼ばれているだけだと思っていたのですが、今回ようやく本名だったと気づきました。気づくの遅すぎですが、できるだけ視界に入れたくなかったんですよね~イラっとするので。このドラマがもっと楽しければ良いアクセントになったんだろうけど、ドラマ全体がイライラするから、火に油を注ぐ要素にしかなりえません


前回の予告にもあったように、呉羽とカイジは偽装結婚なのではないかという噂が飛び交っていたそうです。というのも、呉羽は前に契約していた会社から損害賠償で訴えられていたのだそうです。自分の会社のモデルをしたことが原因ということは、以前の会社との契約期間がまだ残っていたのかもしれませんね。


その前の会社と橘カイジが業務提携をしていることから、訴訟を回避するために偽装結婚したと思われていたようです。その額なんと1千万


でもそうじゃなかった。呉羽はちゃんとカイジを好きになって結婚したそうです。というよりきっと、子宮を失ったことで呉羽の価値観が少しだけ変わった結果、そこにカイジが現れたということでしょうか


人の気持ちなどお構いなしで好きなように勝手気ままに生きていると思われてきた呉羽が、実はそうじゃなかった~晶と同じように先走って他人の気持ちを思いやり、呉羽なりに苦しんでいたというのが何とも切なかったですね


この話を聞いた恒星はか~なりショックを受けていました。確かに恒星は呉羽から子宮の話を聞かされたら、大したことじゃないと答えたかもしれないけれど、それは呉羽がいうように「子どもに興味がない」ということじゃなくて、子どもが産めなくても呉羽は呉羽=恒星は呉羽が好きなのだという意味だったらしいのに


恒星の気持ちを知った晶は、橘カイジが本当に良い人間かどうか確かめようと恒星を唆しました。もしそうじゃなかったら、呉羽を奪い返せばよいというのです


まったく他人事なら何とでも言えますね


そういう晶もようやく京谷に少しだけ本音をぶちまけました。あの時恒星にキスをしたのは、京谷が見ていたからだと打ち明けたのです。京谷が晶を責めると、晶は、京谷が呉羽と寝たからだと反論しました


でも晶は、京谷が呉羽とそうなったのも、自分のせいだとまた堂々巡りを始めます。晶の話を聞いた呉羽は思わず晶を抱きしめずにいられません。そういうの、本当に辛いよね


バカになれたら楽なのに


そしてその「バカ=朱里」はまたしてもドロボーをしました。せっかく千春が晶にお酢を送ってきたのをまた横取りしたのです


今回朱里は京谷が置いていった年賀状(要らないなら処分していけ)の中から晶のそれを見つけ、晶のアパートを見に行きました。京谷がいないかどうか確かめるためです。


まだ独り暮らしらしいと知ると、近くの5tapに目を止め、以前京谷が言っていた店だと思い当って中に入りました。そこで恒星とタクラマカンが橘カイジの話をしていたのに混ざり、フツーに話をしていたところに、晶がやってきます。


朱里は慌ててトイレに駆け込みました。よくよく「立てこもりが好きな女でやんすね


いつまで経っても出てこないので、晶が心配して声を掛けると、文字通り、脱兎のごとくトイレから飛び出して逃げ出しました。もちろん、ビール代は払っていません


これでもし警察に通報でもされて前科一犯とかなっちゃったらもうどうにもダメ中のダメヒューマンなんで


後日タクラマカンにはそんなしおらしいことを言いながら、ビール代は晶が払ったと聞くと途端にガラリと豹変します。晶は「元ブライダルで兎を飼っている」という話からこの「飲み逃げ犯」が朱里だと確信し、多分知り合いだと思うからと代金を肩代わりしてくれたのだそうです


「そういうところがムカつく


その言葉、そっくりそのままお返しします朱里の存在自体がムカつく( `ー´)ノ


お金払ってもらったらまずは「ありがとう」でしょ。それが嫌なら=頼んでなどいないと言いたかったら、さっさと警察へ自首しなさいっ!どんだけ甘ったれたら気が済むんだ( `ー´)ノ


これで腹を立てた朱里は晶に届いていた千春からの宅急便を、晶のふりをして受け取りました。宅急便を横取りするのも飲み逃げ同様立派な犯罪だって、だれか教えてやってくれませんか


自分がダメな人間だからって、正しく生きている人間を恨むってどういう神経なのか理解に苦しむわ~。そんなに嫌いなら、むしろ関わらないでいようとは思わんのかしらね?ホントは好きなの??


とそこまで考えてようやく1つの人物像に思い当りました。朱里は晶を試しているのかもしれませんね~どこまで許してくれるのかって。京谷に対しても同じことしてましたものね。愛されたいのに愛されない=自分に自信がなくて猜疑心の強い人間は相手に無理を言うだけ言って相手が逃げていくと、ほ~らね、とほくそ笑む。石橋を渡る前に自分で叩き割ってしまう人


そんな朱里には本当に朱里だけを愛してくれる人間が必要なのでしょうが、ああして相手の愛や忍耐力を試そうとしているうちは見つかりませんね


飲み逃げをした自分を「ダメ」だと分かっているならまだ間に合うかもしれませんが。予告では恒星がズバリ言ってやってましたね


不幸の背比べは楽しいですか


朱里にはあのくらい厳しく言ってくれる相手が必要ですが、果たして恒星が引き受けてくれるかが問題でござるね


いっそのことツクモクリエイトジャパンで九十九に鍛えてもらったらどうでしょうか。九十九は今度、社内に録音機能付き監視カメラを取り付けたそうです。下手をすればパワハラになりかねませんが、あそこまでぬるま湯だとこちらも給料ドロボーに近いレベルなので、むしろ良かったのではないでしょうかね


見終わった時はまたイライラしていたけれど、ここで妄想を働かせているうちに自分なりの結論が出たのでちょっとスッキリいたしました。お付き合いくださいました皆々様には厚く御礼申し上げます


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ