ぬけまいる あらすじと感想 第3話 箱根の関所突破なるか?

ともさかりえさん、田中麗奈さん、佐藤江梨子さんの【ぬけまいる】は3話も楽しかったですね~。またおばさんはまったく存じ上げなかったのですが、このエピソードが、タッキーこと滝沢秀明さんの引退前の地上波最後の作品となったそうです。え~せっかく以乃と良い雰囲気になれたのに、もったいないお以乃が可哀想じゃないか( `ー´)ノ


以下ネタバレのあらすじですぬけまいるのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ついに箱根までやってきた猪鹿蝶の3人にとって関所をどう抜けるかが頭痛の種でした。江戸時代は「入鉄炮出女」と言って、特に鉄砲と女性(厳密にいうと大名の妻)が江戸を出るのをきつく禁じていたのだそうです。それで女性が関所を通るのには「女手形」を携帯しなければならなかったそう。


こればっかりは柄杓でどうなるものでもない~と悩んでいたところ、道の途中で「夜逃げ」をする一家とそれを追ってきたチンピラに遭遇しました。血の気の多い以乃は早速止めに入りますがちょいと待ちなっ!( `ー´)ノ、多勢に無勢でちと分が悪かったところに、颯爽と一人の男が現れますカエルでごめんね(;´Д`)


男は、助けなどいらないと豪語する以乃を「オトコマエと褒めながらも、ここは自分に任せろと引き受けました


気の多いお蝶は良い男ねえ~と目をハートにしながら以乃を引っ張って逃げ出しました。とりあえずは温泉に入って策を練ろうというのです。宿は満室でしたが、仲居曰くイケメンの一行が半分部屋を譲ってくれました


その後3人は宿の仲居から「お玉ちゃんの話を聞かされます。奉公に出されたお玉ちゃんは実家が恋しくなったけれど手形が無いので裏道を行こうとしたら、関所破りで捕まり、さらし首になったのだそうです


3人はこれに恐れをなし、どうしたものかと思案しますが、下手な考え休むに似たりと花札を始めたところに、隣の「イケメン」一行が戻ってきました。それが先ほど以乃を救ってくれた男性=長五郎(滝沢秀明)とその連れの政です。


それじゃあ一緒に花札を~と始めたところ、この長五郎が強い強い。が、以乃はもっと強くて、見事長五郎を負かしました


以乃を見込んだ長五郎は、3人が関所破りを企んでると知り、思わぬ秘策を授けてくれます。長五郎は「女手形」を偽造してくれる人物を知っていたのです。


その人物=正ちゃんこと正蔵親方(深沢敦)を見た以乃は、彼が女形に憧れていることをいち早く見抜き、お蝶に化粧をさせて正蔵を喜ばせました。正蔵はその礼に3人の手形を用意してくれます。しかも関所にいた人見女は正蔵にそっくりでした。あれは本人?それとも双子の姉妹でしょうか


女の旅には下男がつきものと指摘された際は、政が駆け込んできて助けてくれます。遅くなりましたっ!!


それでも最後の最後で、志花が武家の女ではないかと疑われたために危うく捕まりそうになったものの、そこは関所の前で3人を見守っていた長五郎が助け舟を出してくれました。


おいおいいつまでやってんだよ!こっちは長いこと並んでくたびれてんだよ!早く進めてくれよ!


3人はこうして無事関所を通過しました。そこで以乃は長五郎が清水の博打打ちだと知るのですが、もはや燃える恋心を抑えることができません。長五郎と抱き合う以乃の顔を見たふたりは、以乃が初めて見せた恋する女の表情を冷やかしました


よっ、ご両人!


繰り返しになりますが、以乃のためにもあと1回ぐらい登場してくれないですかね~長五郎


とはいえ、来週もまたなかなか面白い展開になりそうですよん。「ぬけまいる」は続きもとっても楽しみですね渡辺えりさんと舘ひろしさんも豪華~( *´艸`)



NHK土曜時代ドラマ ぬけまいる~女三人伊勢参り~と江戸のおんな旅 (洋泉社MOOK)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ