番人~もう一度、君を守る ネタバレと感想 第10話 驚愕の事実

番人!~もう一度、君を守るのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: 番人!もう一度、君を守る あらすじと感想、登場人物一覧


韓国ドラマ、【番人~もう一度、君を守る】の第10話は「驚愕の事実」です。以下早速ネタバレです大変だ!!( ;∀;)


なんとなんと、これまでチャン・ドハンだと思っていた人物(キム・ヨングァン)は、本当はオ・グァヌだったことが判明しました。グァヌの本名がチャン・ドハンだそうです


拷問を受けて精神を病んだイ・シニョク(ホン・ソンドク)はグァヌの父親で、シニョクはグァヌを連れ、ドハンの母はドハンを連れて再婚したのだそうです。グァヌはドハンの義理の兄だそうです。つまりは検事が神父の兄だってことでやんすね


でも今さら正しく呼ぶのも混乱するので、これまで通りの呼び方で通しまするね


以前ギョンスが調べた通り、グァヌの母はシニョクに殺されたそうです。グァヌはドハン親子を憎み、ドハンを殴って病院送りにしたこともあったそう。そしてシニョクは現在服役中ではなく施設にいるようです。ドハンが会いに来ていたのにその顔すら分からないほど病状は悪化していたようです


そして今回はギョンスの母親=イ・ウンジャ(ソ・ヒジョン~ミンジョン@ハッピーレストラン)の事件が明らかになっていきます。ウンジャは自殺したと思われていましたが、実は事件に巻き込まれて失踪したのだそうです。ボスからの最後のミッションはこのウンジャに関するものでした


3人が調査を進めた結果、ウンジャは再審裁判の証人にはなるなと「毒蛇」という刑事に脅されていたことが判明します。そしてこの毒蛇こそ、ドハンも探していたビョンジェであり、再審はシニョクの無実を晴らすためだったことが明らかになります。そのウンジャは幼いドハンを知っていたようで、ドハンを見るなりすぐに「グァヌ」だと気づいたそうです。


一方、ユン・スンノが関与した事件を調べていくうちにイ・シニョクに行きついたウンジュンは、シニョクを施設に訪ねた際、面会名簿に「イ・グァヌ」の名前があったことから辺りを探すと、そこでドハンとグァヌを見つけました。


グァヌはドハンに、早くスンノを捕まえて、堂々と自分の名前を名乗れるようにしろと促しています。この会話を聞けば、ドハンがスンノに近づく動機が分かったはずです


スンノを倒すためにその動向を探ったはずのドハンが、実は同じようにスンノを倒そうとしていたと知ったウンジュンの心境は複雑でした。ドハンがスジを助けた映像=証拠をジュンピョに渡すことができません


そしてこの証拠を欲しがっていたヘソンはどうやらこれをスンノに渡そうとしているようです。スンノがヘソンの選挙違反をネタに脅してきたことが原因のようです


またスジたち3人はついにドハンがボスだと確信しました。ドハンとグァヌを偽のメールで教会に呼び出し、ユナを見殺しにしたことを批判します


あんたはユナの死を利用してスンノに近づいた!目的のためなら他人を犠牲にする、ふたりとも同類よっ!!あなたを決して許さないわっ!( `ー´)ノ


ドハンも気の毒ですが、スジの言うことはもっともです


とはいえ、こうしてボスが分かった以上、4人で協力していくことになるのでしょうか。これでようやく楽しくなりそうですね



番人! ~もう一度、キミを守る~ DVD-BOX1、2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ