ディア・マイ・フレンズ あらすじと感想、キャスト一覧

韓国ドラマ、「ディア・マイ・フレンズ」のあらすじと登場人物のリストを作らせていただきました。ドラマの好みは人それぞれ~と分かっていても、これは声を大にしてたくさんの皆さんにお勧めしたい名作です


概要は、アラフォーで売れない小説家が、その母と母の友人を知るにつれ彼らの生き様に感動し、母の勧めもあって彼らを主人公にした小説を書くことにした、というものです。母とその友人達は60代から70代で、韓国ではちょうど「コンデ=頑固な旧世代」と呼ばれる年代だそうです


最初は、価値観の違いからまったく相容れない「異人種」として見ていた彼らが、実は尊敬に値する素晴らしい人生の先輩だったと気づかされる過程が実にリアルに描かれていて、一緒に泣いたり笑ったり怒ったり~と本当に楽しく充実した時間を過ごさせてもらいました。生きていれば誰もがいつかは直面する「老い」についても深く考えさせられました。


以下、そんなディア・マイ・フレンズ全24話のあらすじと登場人物のリストになります。登場人物に関しては、いつもだとネタバレ無しの状態で書くのですが、このドラマに関してだけはここでも暑苦しく語りたくて、掟破りの「ネタバレ」をさせていただいております。未見の方はくれぐれもご注意くださいますように


-目次-


  1. 各話あらすじ
  2. 登場人物とキャスト

【あらすじとネタバレ】


ディア・マイ・フレンズ 登場人物とあらすじ 1&2話 まさに人生賛歌!


第3話 母と娘


第4話 皆で遺影を撮る


第5話 テルマ&ルイーズ


第6話 種明かし


第7話 ヨンウォンの告白


第8話 スニョンの事情


第9話 別れ


第10話 誤解とすれ違い


第11話 勇気を出して戦え、ワン!


第12話 母娘対決


第13話 心のままに


第14話 ワンの覚悟


第15話 よくやった!


第16話 人生は親と子の戦争だ


第17話 ジョンアの独立にあらためて乾杯!


第18話 老いと向き合う


第19話 大切な友


第20話 親の老いと子の覚悟


第21話 友の支え


第22話 ヨンハの決意


第23話 ヒジャの一大決心


ディア・マイ・フレンズ 最終回 あらすじと感想 老いて尚人生は素晴らしい


▲あらすじトップに戻る


▲目次に戻る



【登場人物とキャスト】

~役者名の後に、これまで最も印象に残っているドラマと役名を付記してあります~


《主要人物》


パク・ワン(コ・ヒョンジョン~ソ・ヘリム@レディプレジデント~大物、ミシル@善徳女王):
アラフォーの売れない小説家。



チャン・ナンヒ (コ・ドゥシム~チョ・スア@人魚姫、ウォニ@幸せな女):
ワンの母。浮気性の夫に苦労させられ、その夫が事故で死んでからは、チャンポン屋を営みながらワンを女手一つで育てる。弟のインボンは障害者



チョ・ヒジャ(キム・ヘジャ):
ナンヒの友人で未亡人。息子が3人もいるのに「迷惑」を掛けたくなくて独り暮らしを決意。敬虔なクリスチャンでクリスチャンネームはマリア。



ムン・ジョンア(ナ・ムニ~ナ・ムニ@思いっきりハイキック):
ヒジャの親友。新婚旅行で夫のソッキュンが約束してくれた「世界旅行」だけを楽しみにつつましく生きる明るい女性。夫の両親は介護したが、実の母親は施設に入っている。3人の娘と孫がいる



オ・チュンナム(ユン・ヨジョン~中風患者@ホ・ジュン、ミスン@ヨメ全盛時代):
ナンヒの同窓生の中では一番年下の小金持ち。12兄弟の末っ子に生まれたため親戚が多すぎて10歳から働かされたため中卒。高卒認定試験のために猛勉強中。昔からソンジェに片思いをしている耳年増の処〇。いまだに山のような親戚の面倒を見、甥ふたりを引き取って育てている。美術品を見る目は一級品だが、学歴コンプレックスとその優しい性格のために利用されがち。


イ・ヨンウォン(パク・ウォンスク~ソヌ@完璧な恋人に出会う方法):
現役の女優。ナンヒの親友だったが、ナンヒの夫が浮気したソッキと友人でいたという理由から絶縁される。



オ・サンプン(キム・ヨンオク~ダルレ@吹けよ、ミプン、ミョンジャ@宝石ビビンバ):
ナンヒの母でワンの祖母。浮気性の夫に一生悩まされるが、その夫も認知症になり、毎日「私は罪を犯しました」と書かせて仕返し中。息子も障害者となり、休む暇のない人生を「どうってことない」と言い放つ90歳


イ・ソンジェ(チュ・ヒョン~チェ・チュンホン@武神):
3つのビルを所有する裕福な弁護士。妻を亡くし、子どもたちは留学先に定住したため独り暮らし。初恋の相手はヒジャだそうで、クリスチャンネームはヨセフ。(ちなみにヨセフはマリアの夫です


キム・ソッキュン(シン・グ~トクゴ・チョル@銭の戦争):
ジョンアの夫でひどいモラハラ夫。マンションの警備員をしている。ジョンアにはケチを強いるが、弟たちには優しい。中卒で学歴コンプレックスがあるため、長女の夫の大学教授が自慢のタネ。



ソ・ヨンハ(チョ・インソン):
スロベニアに住む画家でワンの元恋人。


▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る



《彼らの家族》


ユ・ミノ(イ・グァンス~ヨンダル@トンイ、イ・グァンス@明日に向かってハイキック):
ヒジャの三男。


カン・ハヌル(コ・ボギョル):
ミノの妻


ヒジャの長男(チョ・スンヨン)、フィリピンに住む次男(チェ・ジェソプ)


ユ・ジョンチョル(ソン・ヨンテ~イセミン@大祚榮):
ヒジャの亡き夫。浮気をした反省で押し入れに入って寝ていたが、ある朝遺体で発見される



キム・スニョン(ヨム・ヘラン):
ジョンアとソッキュンの養女


キム・ホヨン(カン・ウンジン):
ジョンアとソッキュンの次女


キム・スヨン(ハン・ジョンヒョン):
ジョンアとソッキュンの三女


オ・セオ(クォン・ヒョク):
スニョンの夫で大学教授


チャ・ヨンスン
施設に入居しているジョンアの母



チャン・ホジン(イ・ウォンジョン):
サンプンの夫でナンヒの父。浮気を繰り返した挙句に認知症となる


チャン・インボン(キム・ジョンファン):
サンプンの息子でナンヒの弟。勤め先で事故に遭い下半身不随になる



ヤン・ジュヨン(ペク・スンド):
チュンナムの甥


ソン・ジョンシク(ピョン・ウソク):
チュンナムの甥



デチョル(ハ・ジェヨン~ヒョンス@冬のソナタ):
ヨンウォンの元夫



ソ・ヨンヒ(チェ・グッキ~ヘサン@イニョプの道):
スロベニアにいるヨンハの姉



▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る



《その他》


ギジャ(ナム・ヌンミ):
中高年向けディスコを経営する同窓生。顔を見るとすぐに一族郎党の愚痴を言い、自分は世界一不幸だとのたまう


ハン・ドンジン(シン・ソンウ):
ワンの大学時代の先輩で出版社の編集長。アメリカに妻子がいる


イ・イル(チャン・ヒョンソン~ユン・ドゥス@九尾狐伝~愛と哀しみの母、テユン@チャンファ、ホンリョン):
ナンヒのチャンポン屋の常連客。近くのスーパーの店主。通称ギター男


パク教授(ソン・ドンイル)、ヤン教授(クァク・ミンソク):
チュンナムにたかる芸術家



チョ先生(ソン・スンヨン):
ナンヒの手術をした肝臓がんの権威


マーク・スミス(ダニエル・ヘニー~ヘンリー・キム@私の名前はキム・サムスン):
ヒジャの向かいに住むアメリカ人の写真家



▲登場人物トップに戻る


▲目次に戻る




ディア・マイ・フレンズ OST (TvNドラマ)



ディア・マイ・フレンズDVD-BOX1(6巻組)&BOX2(6巻組)


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ