僕らは奇跡でできている あらすじと感想 第7話 最大の「謎」明かされる

高橋一生さん主演のドラマ、【僕らは奇跡でできている】は7話にしてようやく最大の「謎」が明かされました。以下早速ネタバレです僕らは奇跡でできているのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


やはり山田は一輝の実の母親だったようです。しかも一輝はそれを知っていたのにこれまで一言も言わなかったらしい


僕は山田さんから生まれたんですよね


一輝がついにこう口にしたのは、虹一と涼子の「母子」を見て、自分も母について考えてしまったからなのかもしれません。


山田が一輝と育実との結婚を仄めかし、そうなった場合の「山田の席」をめぐって、一輝はズバリこう言いました。また虹一を部屋に入れるにあたり、部屋に入っていいのは「家族だけ」と言い切っていたことからも山田が母だと知っていたことは明らかです


今回は、この一輝の言葉に山田が絶句して終わってしまいましたどうして知っているの?( ;∀;)。予告で聞こえた「あの時かな?」という義高のセリフが多分、山田が母だと一輝が気づいた時を指しているのかもしれません


こうなるに至るきっかけとなった虹一と涼子の話にも少し触れておきましょうか


涼子から「皆と同じように勉強ができるようになるまでは絵を描くな」と命じられ、スケッチブックを取り上げられた虹一は、防災用のロープを使って2階の部屋から逃げ出しました。行き先は一輝のところです


一輝は家に帰りたくないという虹一を温かく迎え、心配しているだろう涼子にも虹一は家にいると告げに行きました。涼子はすぐに虹一を迎えに行くと言い出します。涼子は心配のあまり育実のクリニックに一輝の連絡先を聞きに来ていたのです。一輝もまた涼子が家にいなかったため、育実に涼子の連絡先を聞こうとやってきたところでした


涼子の姿に自分の姿を重ねた育実は、涼子とともに一輝の家を訪れます。そこで一輝は虹一同様「他の子とは違っていた自分」の過去を打ち明けました


幼少時代の一輝が今の虹一と似ていた様子はこれまでも何度か目にしてきましたが、一輝はそれだけにとどまらず、育実のように「うさぎになりかけたこともあったのだそうです。中学時代に理科クラブに入った時、セミの研究で皆からすごいと褒められたのが嬉しくて、もっとすごいと言われたくて理科クラブを続けたのだそうです。


僕をばかにした人たちのことも見返してやりたいとも思いました


こうして「すごいことをやらなきゃ」と思うようになった一輝はいつしか生き物の観察を楽しめなくなったそうです


毎日が辛くて眠れなくなった一輝に、祖父の義高は「やりたいならやればいい。やらなきゃって思うなら、やめればいい」と教えてくれたそうです。一輝はその言葉で、理科ができてもできなくても「いてもいいんだなと思ったそうです。鮫島が指摘していたように義高が一輝の「居場所を作ってくれたのです。


一輝はいまだにやれないこともあるけれど、やりたいことがやれてありがたいと感謝しているそうです。


虹一君はすごいです。僕は虹一君の「すごいところ」を100個言えます


涼子はようやく一輝の言わんとしたことを察しました。文字を見ると頭が痛くなるという虹一を病院に連れていき、検査をしてもらったそうです。すると、虹一は光に対する感受性が強く、文字を読む時にストレスがかかって頭痛を起こしていることが分かったそうです


涼子は、頭が痛くなるのは勉強をしたくない言い訳だと決めつけていた自分が恥ずかしくなりました。虹一が皆と同じようにできないとダメな母親だと思われるのではないかと不安だったそうです。世間の常識に縛られて見えない敵を自分で勝手に作っていただけだということに一輝のおかげでようやく気付けました


ダメなのは自分だったと猛省する涼子に対し、虹一は涼子のすごいところを100個言えると励ましました


一輝は育実にも100個すごいところを言えると豪語します。その中にごく普通の行為が含まれていたことを知った育実は、誰でもできるじゃないか、と反論しました。一輝は、誰でもできることはすごくないのか?と切り返します


あの人は嫌い、あの人はダメな人だ~人は自分を棚に上げて他人の欠点をあげつらいます()。そうすることで自分がエラクなるとでも思っているかのように( )。


またある人は、自分はダメだと決めつける。そんなことはないのに。普通に生きているだけでも「すごい」ことですよ~これは自分や家族が大病をしてみれば分かります。


起きて顔を洗って食べてトイレに行くこともできなくなってみれば、できるのは奇跡だということが分かりますだからおばさんも今は何でもできて幸せです


そんな当たり前のことを教えてくれる一輝を好きになった学生たちは「ゼミ」を開いてほしいと要望したそうです


一輝は思っていた以上に影響力ありますよ


義高を訪ねてそう語った鮫島は一輝に「外の世界の居場所」を作ってくれた人物です。そして一輝は今、自分が義高や鮫島にしてもらったように虹一の居場所を作ろうとしています。一輝は「やらなきゃいけないこと」にがんじがらめになって心がスカスカになった現代人の救世主かもしれません一輝におじいちゃんがいてくれて本当に良かった(/_;)


山田はそんな一輝とどうして距離を置こうとしたのか~来週には明かされそうです。どうやら「タコ」が絡んでいそうですね


僕らは奇跡でできている」は続きもとっても楽しみですね僕らは奇跡でできているが面白い(^^)/



【Amazon.co.jp 限定】僕らは奇跡でできている SPECIAL BOOK 特製 相河一輝2019卓上カレンダー付~ただいま予約受付中


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ