吹けよ、ミプン ネタバレと感想 第36~40話 いつかきっと天罰が!

韓国ドラマ、【吹けよ、ミプン】は本日放送分40話まで見終わりました。ちょうど1週間のご無沙汰でやんすね


いや~今週もまたひどかったですね~。シネとチョンジャはあんだけひどいことをしていったいどんな天罰がくだるのか今から楽しみでなりませぬ吹けよ、ミプンのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


以下簡単なネタバレです


今わの際のデフンからドクチョンの指輪を託されたというのに、ドクチョンのことを捜す余裕などまったくなかったヨンエでしたが、ある日突然夢にデフンが現れて、なぜ義父を捜さないのだと叱られたそうです。ちゃんと名前も教えたのに!


そこでヨンエは早速ドクチョンを捜すことにしましたが、新聞に広告を載せたためにシネの知るところとなり、偽物のドクチョンが現れました。偽物は、韓国に他の家族がいるからこういうことは迷惑だと言い放ち、ヨンエとミプンを傷つけます


が、その後今度はデフンが韓国にやってきました。なんとデフンは脱北の際に死んでおらず、記憶を失っていたのだそうです。10歳までの記憶は残っていたため、ダルホが根気よくブローカーを捜し続けてようやく見つかったのだそう


ドクチョンはすぐにデフンのDNA鑑定を行い、間違いなく自分の息子であることを確かめました。いきなり現れたデフンにシネは死ぬほど驚いたことでしょう。何せふたりは顔見知りなのですからね


もちろん、あくどいシネはデフンの記憶が無いことをいいことに娘のふりをしました。デフンは、何せ10歳ですから、娘と言われてもピンとこず、ただ信じるしかありません


でも、これがサイコーに楽しいのですが、デフンは時々記憶が蘇るのだそうです。それが日中じゃなくて夜中とかなので皆には分からないのが残念でなりませんが、ある時などは、シネがカン・ミジョンだと思いだし、なぜお前がこんなところにいる!と怒鳴りつけましたデフン、もっと苛めてやれっ!( `ー´)ノ


良心の呵責に耐えかねたギオクは、チョンジャに今からでも真相を話して謝罪するよう勧めますが、欲深いチョンジャは聞こうとしません。ギオクはついに愛想をつかして家を出てしまいました


一方ヨンエは、駅前で海苔巻きを売っていた際にデフンの姿を見かけます。夫は生きていた!だからあんな夢を見たのね!!


最初はミプンからも見間違いだろうと相手にされませんでしたが、そのミプンもジャンゴに騙されて出かけた遊園地でデフンを目の当たりにします


またシネは、こうなったからには一刻も早くミプン親子を韓国から追い出そうと、アメリカ支社に仕事があると持ち掛けてきました。でもミプンとヨンエは、韓国にデフンがいることが分かったからアメリカになど行けないと断ります


焦ったシネはふたりを詐欺にかけて大金を騙しとりました。いったいどこまで性悪なんだかシネはゼッタイ許せん( `ー´)ノ~と思っていたのも束の間、それでもふたりが諦めないと知ったシネはデフンを拉致させてしまいます


でもデフンは何とか懸命に拘束を逃れ、自力でソウルまで戻ってきました。その上、お腹がすき過ぎて覗いた店は、なんとミプンとヨンエがジャンゴから贈られたギョーザ店ですデフン、早くその店に入れ!( ;∀;)


我慢ができなくなったデフンは窓から手を伸ばしてギョーザを盗んだところをミプンに見られてしまいました。アボジっ!!


ヨンエとミプンがデフンを追いかけますが、まだ捕まえるには早いですよね~きっと


一方のジャンゴは、何とかしてミプンの無実を晴らそうと、以前もミプンを陥れようとした運転手を捜していました。ミプンにどんなにつれなくされても、ミプンとヨンエの役に立ちたくて奔走するジャンゴが素敵ですよね。ジャンゴは絶対父親似ですね


その証拠にダルレもふたりを復縁させようと、ギョーザの店にも手伝いに来てくれます。そんなダルレやジャンゴを罵倒するグムシルがも~ホントに憎たらしくて、今ではシネより腹立たしいですでもグムシルがいっちゃん許せない


だからミプンに言いたい~もし真相が明らかになってミプンが億万長者になっても、パンデシ、グムシルの謝罪など受け入れちゃいけないっ!!姑とは認めるなっ!( `ー´)ノ


ま、そういう訳にはいかんでしょうが、今はせめてそう言うことでこの怒りを納めたいおばさんなのでありました


またユジンが「友だち」になったデフンに母親はシネだと打ち明けたこともいずれは(=デフンの記憶さえ戻れば)役に立つことでしょう


あ~ようやく40話まで来ましたね。あと13話ですよ~最後まで頑張ってミプンを応援いたしましょう!kaeru4



吹けよ、ミプン DVD-BOX1~5


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ