FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿 ネタバレと感想 第8話 苦痛のエ〇スタシー

FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿】の第8話は「苦痛の〇クスタシー」(The E〇stasy of Agony)です。副題なので伏字にするのもどうかと思いましたが、FCさんはその辺結構厳しいのでこのようにさせていただきました


今回の内容はまたか~なり面白かったですね。最近はキャラに愛着がわいてきてますます楽しくなってきました。以下早速ネタバレですForeverのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


今回の被害者はリチャード・ゲインズ(Jason Babinsky~ハウエル@グッドワイフ)。その遺体は体中ムチの痕だらけでしたが、モーガンは窒息死と断定しました。どうやらSMプ〇イが過ぎて=首を絞めすぎて死亡したと判断したらしい。


早速妻のグウィネス(Christina Brucato)に事情を聴いたところ、それは夫婦間の楽しみ(?)ではなく「セラピー」だったことが判明しました。ある苦痛を取り除くために別の痛みを与えるのだそうです。


ジョーとモーガンはそのセラピスト=アイオナ・ペイン(Hilarie Burton)に会いに行きました。名前も「ペイン」とは出来過ぎですが、スペルは「Payne」だそうです


アイオナはムチで叩いたことも首を絞めたことも認めましたが、窒息はさせていないと否定しました。ジョーはモーガンの鑑定を信じてアイオナを警察へ連行しますが、そこでのアイオナとのやり取りを聞いていたモーガンは、自分の過ちに気づきます


リチャードの死因は確かに呼吸が停止したためでしたが、首を絞めたからではなく感電させられたからだったのです


再度リチャードの遺体を調べたところ、明らかに細胞の破壊が見られました


An idiot can see that this man was electrocuted.
バカでも感電したって分かったのに!


おのれの迂闊さを嘆くモーガンをルーカスが慰めます


Do you know how many jump shots Michael Jordan missed in his career? Over 9,000!
かのマイケル・ジョーダンが何回ジャンプシュートを失敗したか知ってますか?9000回ですよ!


イイ奴ですよね~ルーカス。そんなルーカスがいくら飲みに行こうと誘っても、モーガンはまったく応じません


でも、アイオナには大いに興味を抱いたようです。モーガンほど辛い痛みを抱えている人間はそう多くないからです


モーガンはアビゲイルに出会う前、ノーラ(Victoria Haynes)という女性と結婚していたのだそうです。奴隷船で船長に殺された頃です


ノーラは、モーガンの訃報を知らされ、墓を作ってその死を悼んでいたそうですが、そこへモーガンが帰ってきたという訳です。確かこの時が初めての蘇りでしたよね


最初モーガンは自分でもなぜ戻ってきたか分からないとノーラに告げましたが、おそらくその後もなんどか死を体験し蘇ったことから、自分が世にも不思議な体質になったと気づいたようです。愛する人にだけは真実を告げたいと考えたモーガンは、ノーラにこれを打ち明けましたが、ノーラは信じてくれませんでした


そこでモーガンはノーラの前で自殺を図ろうとしたそうです。大丈夫、必ず生き返るから!


ノーラはモーガンがおかしくなったと誤解したため、信じたふりをして病院に通報したそうです。それでモーガンは愛する人に信じてもらえない悲しみを味わったらしい


その後もたくさんの悲しみを経験したモーガンがアイオナのセラピーを受けてみたいと考えるのは当然?ですよね。なにせアイオナの洞察力はもう折り紙付きでしたし


が、そこへジョーとハンソンがまた押しかけてきました。リチャードを感電死させたと思われる凶器が発見され、それにはアイオナの指紋がべったりついていたのだそうです。


鎖につながれたモーガンは、気の利いた言い訳をすることができません


Detective Martinez. Might I trouble you for a handcuff key?
ハンソン、手錠のキーを探してくれないか?


アイオナはリチャードの殺害時刻には他の患者を診ていたと主張しましたが、患者の名前は決して明かそうとしませんでした。が、その患者は後にグウィネスだったことが判明します


グウィネスはセラピーの内容が気になってならず、探偵を雇ってアイオナの家に盗聴器を仕掛けたのだそうです。その盗聴器は警察のものだったらしく、それで足が付きました。これでアイオナにはアリバイがあったことが証明されます。


晴れて釈放されたアイオナは、迎えに来たモーガンをもっと知りたいと語ってキスをしました。そのキスが真犯人を怒らせてしまうとは夢にも思わず??


犯人は、リチャードと同じようにアイオナのセラピーを受けていたクリフ・ワドロー(Robert Petkoff )という男性でした。アイオナを好きになったワドローはアイオナにしつこく迫るようになったそうで、アイオナは少し距離を置こうとして、ワドローを診ていた時間にリチャードを入れたのだそうです。


ワドローはリチャードに嫉妬して殺し、今またヘンリーを誘拐しました


ちょうどその時ヘンリーは、エイブと食事をする約束をしていました。エイブはああ見えて、同じ女性=モーリーン・デラクロワ(Jane Seymour~マイク・クイン@Dr.クイン)と2度情熱的な結婚して2度とも離婚しているそうで、そのモーリーンと3度目の正直でやり直したいと、モーガンを会わせようとしていたのです


This is a special occasion. He wouldn't miss it unless something was wrong.
大事な約束を黙って破る人間じゃない。何かあったに違いない


エイブがジョーに連絡したおかげで、モーガンは「死なずに」済みました。死んじゃったらまたつじつま合わせが大変でしたからね。ただその時ジョーに、奴隷船で胸を撃たれた時の傷跡を見られてしまいました。


エイブはモーリーンから世界旅行に誘われていましたが、やっぱりモーガンを置いてはいけなさそうです


I really was looking forward to being husband number 5.
本当に夫No.5になりたかったんだが


そうガッカリしたエイブにモーリーンはキッパリこう言ってのけました


You know you've always been number 1.
あなたはいつだってナンバー1よ。知ってるでしょ?


いっそモーリーンも一緒に住めればいいんだけど、それにはモーガンの秘密が問題なのですよね~


ふたりの邪魔をしてはいけないと外出したモーガンは、たまたまジョーやルーカスが飲んでいるバーを見つけて一緒に飲むことにしました。ルーカスの喜びようったらなかったですね~


He's here! Look at that!
ついに来てくれた!


このまま時が止まってくれたらいいのにね皆と別れたくない(/_;)


FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿」は続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にもこんな記事を書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ