力の強い女ト・ボンスン ネタバレと感想 3&4話 ボンスンの行く先々で怪我人続出

韓国ドラマ、【力の強い女ト・ボンスン】の3話と4話を視聴しました。以下ネタバレのあらすじです力の強い女ト・ボンスンのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ボンスンは、仕事の引継ぎがてらコン秘書の見舞いに行きました。世にも気の毒なコン秘書は、ギプスのできない場所=尾てい骨を固定するために、ずっとうつぶせで寝ていたそうです


コン秘書はボンスンが来たと知るや、大いに怯えました近寄るなっ!( ;∀;)。それは、コン秘書のみならず、ボンスンにこてんぱんにされたペクタク組のヤクザも同様です。彼らは皆同じ病院に入っているのですね~しかもそこではボンスンの双子の弟ボンギが整形外科のレジデントをしているそうです。


姉が怪我をさせて弟が治療をするとはうまくできている~ミンヒョクもうまいことを言いましたね


ヤクザはボンスンを恨んではいても怖くて近寄れないようで、遠巻きに怨念を飛ばしていましたが、ボンスンはまったく感じません。でもさすがにコン秘書は気の毒になったらしく、尾てい骨の骨折には「糞酒」がよいと勧めました。骨折に効く治療に関してはやはり多くの負傷者を出した祖母が詳しかったそうです。んなもの飲んだら別の病気になっちまう!って話でやんすがコン秘書が可哀想すぎ(;´Д`)


ミンヒョクが片足相撲なんてさせるからだ、とブツブツ文句を言いながら部屋を退出したボンスンは、病院の廊下で張り込みをしていたグクドゥを見つけました。ボンスンの家の近くの道峰区で襲われた被害者=キム・ジウォン(チェ・ヒョンソ)が入院していたのです。


最初の被害者、殺されたチョン・ヒャンスク(ソン・ヒョウン)は「刃物を使い慣れていない加害者」による犯行で、ジウォンは刺されてはいなかったものの、目撃者がいたためかもしれないということで、また襲われないようグクドゥが見張っていたのです。


が、グクドゥがボンスンに見張りを頼んでトイレに行っている隙に、その犯人がやってきました。医師を名乗っていたためボンスンはすっかり騙されてしまいます。


再び拉致されたジウォンは、犬神佐清ばりのゴムマスクをかぶった犯人にひどく怯えていましたが、犯人はジウォンを「花嫁」と呼び、写真を撮ってフレームに飾りました。


倉庫のようなそのアジトには空のフレームがたくさん並んでいましたから、もしかするとこの誘拐事件はまだまだ続いていくのかも=「花嫁」を集めているのかもしれません


昔から「犯人」になりたかったと語ったミンヒョクの見解もほぼ同様でした。犯人は最初から被害者を殺すつもりはなかった


どうやらミンヒョクの父親はヤクザだそうで、悪事を働いた金で検察を取り込み、オソングループを作ったのだそうです。


その父にはたくさんの愛人がいたため、ミンヒョクは家族に関わるのが嫌で早くから独立してアインソフトを立ち上げたというのに、父親は四男のミンヒョクを後継者にと指名したため、いきなり敵が増えてしまったのだとか。ちなみに家族の中で信用できるのは2番目の兄だけだそうです()。


ボンスンは、図らずも犯人の声を聞いてしまったことから、刑事が警護に付くことになりました。ミンヒョクのボディーガードのボンスンに刑事のボディーガードがつくのです


ミンヒョクは(誰よりも強い)ボンスンに護衛などいらないと断りましたが、これがまたグクドゥと同じぐらい頭の固い刑事さんで、ボンスン以外は目に入りません


が、これまたトイレに行ったところで、マスクをした犯人に彼が襲われてしまいました


いよいよボンスンを心配したグクドゥは、自らボンスンを警護すると申し出ます


一方のミンヒョクも、襲われた刑事よりほんの少し先にトイレから出たこともあり、ますます身の危険を感じてボンスンを家に泊めると言い出しました。グクドゥは猛反対ですが、止めてもらおうと電話したジニは、これを機会にミンヒョクと寝てしまえ!とボンスンをたきつけ、グクドゥを帰してしまいます


ま、その思惑は叶いませんでしたけどね


その後、事情聴取のために呼ばれた警察でミンヒョクが余計なことを言おうとしたたため、ボンスンは思わずミンヒョクの足を踏んづけました。そのせいでミンヒョクは足の指にヒビが入ってしまったそうです


たかが足の指にヒビが入ったくらいで大げさな、と語るボンスンにあてつけるかのように、ミンヒョクは入院することにしました


その病院に、またグクドゥが、今度は彼女のチョ・ヒジ(ソル・イナ)を連れてやってきます。ヒジはチェリストだそうで、公演を前に練習のし過ぎで腱を痛めてしまったらしい。


教授の診察を前に様子を見たボンギとヒジがなんだか良い雰囲気に見えたのはおばさんの見間違いじゃありませんよね? やはり~グクドゥは忙しすぎてなかなか構ってあげられないのが原因なのかしら


その頃、例のヤクザの部屋には組の親分=ペクタク(イム・ウォニ~チャン・ギテ@浪漫ドクターキム・サブ)が見舞いに来ていましただらしない奴らめ( `ー´)ノ。ペクタクは、女ごときにやられたとはどういうことか!と檄を飛ばしますが、さすがに目の前にいる子分たちの惨状を見ては、信じない訳に行きません


その女が本当に怪力ならスカウトしろ!でなければぶちのめせ!組の用心棒にする( `ー´)ノ


いやいやまた面倒なことになりそうでござるね


またボンスンは苛められていた高校生も助けていました。苛めていた方の生徒は、ボンスンにスニーカーの紐を縛り上げられて悲鳴を上げていましたが、あれも骨折してしまったのでしょうか


コン秘書が言うにはミンヒョクは女に興味がないそうですが、それすなわちゲイと言う訳ではありませんよね。でも、生まれて初めて見る立派な刑事=グクドゥにはまずまず好意を持ったようです。ボンスンには、グクドゥが好きなら俺と一緒にいた方が気を惹けるとアドバイスをしていました


グクドゥはグクドゥで、幼馴染のボンスンが男に騙されるのを黙って見てはいられないと、ちょっとずつ意識し始めたようです


どっちに転んでもOKなラブコメは見ていてめっちゃ楽しいですね~グクドゥの方が好みでやんす( *´艸`)力の強い女ト・ボンスンは続きもとっても楽しみです力の強い女ト・ボンスンが面白い(^^)/



力の強い女 ト・ボンスン DVD-BOX1、2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ