SUITS/スーツ ネタバレと感想 第9話 お手柄の大貴が絶体絶命?

織田裕二さん&中島裕翔さんの月9、【SUITS/スーツ】の9話ではついに大貴の正体がチカに知られてしまいました。以下早速ネタバレですSUITSのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


今回大貴は真琴への愛を再認識し、砂里には妹にしか思えないと明言しました。大貴の前では明るく笑って分かっていると語ったものの、やっぱりショックを受けた砂里が遊星を呼び出し、一緒に田舎に帰ろうと泣きだします。遊星は砂里が大貴にもてあそばれたと思い込み、チカに大貴の正体を暴露してしまいました


アイツはハーバードも出てないし、弁護士資格も持っていない!


せっかく今回は「弁護士らしい活躍をしたのにね~。そもそも弁護士になれなかったのもこの遊星との悪縁が理由でしたよ。もっと早くこの男と縁を切って更生していれば、と何とも無念でなりません


でもまあ遊星の仕事(犯罪)を手伝わなければ甲斐に会うこともなく、今の大貴はなかったのでそれまたなんとも皮肉でござりまするが


チカはきっと首にしろというでしょうが、甲斐は守ってくれると信じたいですね


その甲斐は今回ようやく念願のシニアパートナーに昇格しました。その初仕事はYURI綜合会計事務所・所長の華村百合(石田ひかり)からの依頼です。YURI綜合会計事務所は幸村・上杉法律事務所の顧問会計事務所かつクライアントで、華村はチカの親友でもあります。


その華村は25年の長きにわたって事務所に尽くしてくれたエース会計士の大河原忠(西村まさ彦)を解雇してほしいと依頼してきました。大河原は会計士の資格を持っていなかった=経歴詐称がその理由です。


甲斐はあっさり引き受けましたが、明日は我が身の大貴の心中は複雑でした。大河原は無資格なだけではなく、大貴と同じような特技~一度見たものは忘れない~の持ち主だったから尚更です。才能はあるのに資格がない辛さは誰よりもよく知っています


実際に大河原を呼び出して甲斐が解雇通告をした際も、大貴は事務所への貢献を訴える大河原にすっかり同情してしまい、華村と直接話し合うよう勧めてしまいました。大河原は直接交渉できないのなら華村を訴えると息巻きます


見事に流れを変えたな


甲斐は何もするなと命じましたが、大貴はこの命令に逆らって大河原の身辺調査について調べました。すると、調査をしたのは10年も前だったことが分かったそうです。つまり華村は、大河原の無資格については10年前から承知していたはずなのに、今まで何もしてこなかったということ。それをなぜ今さら解雇しようというのか~ほかに理由があるはずだ!


大貴からこの話を聞いた大河原は3年前にも同じように突然解雇された会計士がいたことを思い出しました。その会計士=香西さな恵という女性は不当解雇で訴訟も起こしていたのだそうです。


が、その訴訟は立ち消えになっていたらしく、香西自身も何も話そうとしません


そこで大貴は、この事件を扱ったファーム=リゲル法律事務所に潜り込むことにしました。


ちょうどたまたま蟹江がここのファームのエリート弁護士=袴田美波と交際し始めたところを利用します。ダブルデートにみせかけて砂里がこっそり袴田の社員証を盗み出しました。この袴田は蟹江が好きなわけじゃなくて、蟹江を騙してオフィスに忍び込み、何らかの資料を持ち出すのが目的だったようです


大貴はこの社員証を使ってリゲルに入り込み、当時の資料を調べました。が、そこに諸星和彦という警備員が現れて捕まってしまいます。でも諸星は警察ではなく甲斐に電話をしたようです。それとも大貴が甲斐に助けを求めたのかな。


諸星は甲斐に金を要求しましたが、甲斐はその上を行き、諸星の妻がもう何年も所得を申告していないと指摘しました


だがリスクを冒そうとする人間は嫌いじゃない


甲斐はそう言ってちょっと厚めの封筒を「奥さんへのご祝儀(=口止め料)と言って渡し、大貴を解放させました。もちろん、その金は大貴が後払いするようです


なんと華村はペーパーカンパニーを作ってはコンサル料の名目で料金を上乗せし、その幽霊会社に入金させていたのだそうです。大河原はこの秘密に関する資料を目にしたために切り捨てられたらしい。


これは既に甲斐も調べが付いていたようです。大貴の記憶だけでは物証にならないため、真琴がすべてタイピングして新たに書類を作成しました


動かぬ不正の証拠を突き付けられた華村は、最後になってチカに泣きつこうとしますが、そうは行きませんよね


こうして華村は(たぶん)逮捕され、チカは経協連で彼女の後釜=理事に就任したそうです


チカは大貴を庇った甲斐を批判しますが、甲斐はファームのためだと相手にしませんでした。となると~きっと次も無資格弁護士を雇って仕事をさせていたことが知られたらファームの評判が落ちる、とやり返すでしょうか


大河原は親身になってくれた大貴に感謝し、詳しい事情は知らないが、君は立派な弁護士だと言ってくれました。これは大貴の祖母も同様です。


高いスーツを着た弁護士でも、お金を稼ぐ弁護士でもない。人の心に寄り添うことができるのが、いい弁護士じゃないのかい?あんたには素質がある。


せっかくあるその素質を誰憚ることなく使えるように、今からでも司法試験を受けられないものなのでしょうか?


どうやらSUITSは11話まであるらしく、次回と最終回で最終章になるようですよん。そこでようやく甲斐の元上司の柳が表に出てくるようです。これまた面白くなりそうで楽しみですね~



フジテレビ系ドラマ「SUITS/スーツ」オリジナルサウンドトラック


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ