FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿 ネタバレと感想 第9話 午前6時

FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿】の第9話は「午前6時」(6 A.M.)です。以下ネタバレのあらすじですforeverのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


今回殺されたのはイザイア"イジー"・ウィリアムズ(Tarik Lowe)。イジーは自分の車の中で黒焦げになって発見されました。焼死体では検視が大変だろうと思いきや、意外にもモーガンはその反対なのだと説明します。


Beneath this carbonized layer of skin lie immaculate strata of muscles and soft tissue.
炭化した皮膚の層の下には、筋肉や柔らかい組織が傷一つない状態で保存されるんだ


思わず、焼き芋を思い出してしまったのは不謹慎なおばさんだけでございましょうか
なるほど~( ゚Д゚)


検視の結果、イジーは煤を吸い込んでいなかったことから他殺と断定されました。首には細いワイアーで絞められたような跡も残っていたそうです


その線の太さから「G3」だと推理したモーガンの絶対音感はさすがでござるが、G3は普通のドレミ(4)の1オクターブ下のソ(G)だから、もっと低い声じゃないとあかんね


また視聴者には、イジーが殺される前、ルディ・ブラウン(Ty Jones)が経営するジャズの生演奏の店で「ついに見つけたと吹聴していた姿が披露されていました。相手はアル・レイニー(James McDaniel)。その後イジーは、モーガンの推測通り、何者かに絞め殺され、車に放火されてしまったようです


車両識別番号からイジーの身元が判明し、その姉=エラ(Tia Dionne Hodge)の供述から、イジーの父親はかつて名を馳せた有名なサックス奏者だったことが明らかになりました。筋金入りのジャズファンらしいエイブもその名=ペッパー・エヴァンス(Frankie Faison)を知っていて感激します


エイブが語ったように現代人にとっては十分「クラシックと呼べるジャズも、モーガンにとっては新しくガチャガチャうるさいポップスだと認識されていたのがまた可笑しかったですね~


イジーが「見つけた」と言っていたのは、そのペッパーがエラの誕生日に作った楽曲でした。それは「午前6時」と言って、ジャズファンなら知らない者がいないほどの名曲なのだそうです。警部補のリースも熱烈なジャズファンらしく、今回はめずらしく雄弁に語ってくれていました。


午前6時はライオネル・ハバードの作曲として有名だったようですが、それが違っているとなると大変です。これでおのずとイジーを殺した犯人が絞り込まれました。それが、最初に登場したアル・レイニーです。レイニーはダブバード・レコード(鳩レコード?)のCEOでハバードの著作権を持っているのだそうです


ちなみにリースの甥はこの男の食い物にされてしまったそうです


他にイジーを殺す動機があるのはライオネル・ハバードですが、彼は既に亡くなっていたらしく、その息子でベース弾きのバド・グレイ(Eddie Cooper)が父の汚名を嫌ってレイニーと組み、イジーを絞め殺したらしい。凶器はベースのG3線です


その確たる証拠は、イジーがペッパーからもらったサックスケースに隠してあったリール式の録音テープに収められていました。いかんせん古くなり過ぎて音が聞こえなくなっていましたが、そこは「アンティーク」専門のエイブが文字通りオーブンで焼いて、復活させてくれます


ペッパーが午前6時を作曲してすぐに皆で録音したというマスターテープには、午前6時という曲名の由来も、ペッパー自身の声で語られていました


真相に気づいたペッパーはバドを殺して仇を討とうとしますが、モーガンに止められます。モーガンは、イジーは死んでしまったけれど、これからはエラと穏やかに暮らすよう説得しました


これをきっかけにモーガンも、エイブからジャズを習うことにします。今回モーガンが証拠のマスターテープを見つけたのは、幼いエイブにジャズを教えてくれた隣のレッド・ホーランド(Johnny Ramey)の言葉を思い出したからなのです


We musicians are like bedouins. We move where the wind moves. Everything I need is inside this case.
俺たちミュージシャンは遊牧民のようなもの。風が吹くところに移動する。必要なのものは全部このケースの中に入っている


モーガンに教えるエイブも、年取った息子にジャズを習うモーガンもとても楽しそうでしたよね


FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿」は続きもとっても楽しみです


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ