獣になれない私たち ネタバレと感想 第9話 皆で九十九に反旗を翻せ!

新垣結衣さん主演の【獣になれない私たち】は9話も楽しかったですね~。最初の頃、これのどこがラブコメなんじゃと思ったものだけれど、終盤に来てようやくラブコメらしくなってきました。甘甘じゃなくてピリ辛ですけどね


以下ネタバレのあらすじです獣になれない私たちのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


まず何と言っても楽しかったのは、朱里が頑張って一生懸命働いていたことです。最初はIT部門に配属されて、ゲーオタの知識も幸いし、まずまず楽しそうだったのが、九十九の陰謀で社長秘書に抜擢されます


九十九は晶を雑用から解放して「営業部長」に任命し、仕事をたくさん獲ってこさせて儲けようと企んだのだそうです。そうすれば、佐久間やSEの給料を上げて引き留められると考えたらしい


朱里は、休日の電話は無視したものの(当然や)、晶の助けも借りて懸命に良い秘書になろうと努力しました。上野と一緒に接待にも付いて行ったそうですが、九十九は全てにおいて晶と比べてこき下ろします


ある時、朱里が九十九に言われて1本のメールを送ろうとした矢先、同じく九十九が別の会社にもメールを送れとせっつきました。今すぐ送って!あれもこれもいっぺんにはよやれ!


案の定朱里は中身を取り違えてメールを送ってしまいましたやると思ったよ(;´Д`)


んな、新人の秘書にいっぺんに2つの仕事を命じる方が管理職としては失格ですよね。でもそんな正論は九十九には絶対通じない。なぜなら、ツクモクリエイトジャパンは九十九の会社であって、社員は社長の言いなりになるべきだから


自分のミスを知った朱里は、あまりの申し訳なさに会社に戻ることすらできず、姿をくらましてしまいました。千春が来てからずっと晶の家から会社に通っていたため、その荷物もすべて引き上げます。


働けなかった


道端でばったり会った岡持にそう言って泣く朱里が可哀想でしたよね。そんなことない、十分頑張ったし、これからも働けるよ!朱里はよく頑張った!エライ!と言ってあげたかったです。


九十九が変わらない限り、あそこに戻るのは無理だとしても、あんなク〇社長の下で1週間以上頑張れたのなら、他の企業でならきっと働けるに違いないと思う一方、九十九に馬鹿にされたままじゃ悔しいやんか、もうちっと頑張って見返したり!ともついつい思っちまうんですよね~。それで体を壊したら元も子もないんでやんすが


朱里のために何もできなかったと嘆く晶に恒星は、それも所詮は自己満足だ、そんなんだからいいように利用されるんだと忠告しました。


でも晶は納得がいきません


じゃあ皆どうやって生きてるの?誰かを助けるのは悪いことなの?誰かの手を必要として、必要とされて生きて行くんじゃないの?つらいことを少しずつ分け合っていくもんじゃないの?素晴らしいことだよ~(^^)/


その後九十九は、さすがに良心が咎めたのか、自分を正当化しようと大声で皆に話しかけました。普通あんなミスするか?やる気が足らんのんじゃ!


晶はついに爆発しました。やる気があれば何でもできますか!?


社長はひどいって皆思っているのに逆らうと怖いから黙ってやり過ごす。表では言うこと聞いて裏で文句を言う。目の前で誰かが怒鳴られても誰も助けない!皆にそうさせてるのは社長です。普通はしないミスをさせたのも社長です!こんな会社でどうやって働けっていうんですか!晶、よくぞ言ってやった!( `ー´)ノ


すると九十九はあっさり辞めろと言い出しました。深海ひとりおらんかってもどうとでもなる!


晶はそれ以上は何も言えず、謝罪して退出してしまいました


同じ頃恒星も、もう不正はできないと断ろうとしますが、また脅されて引き下がってしまいます


お互いに何とかしようとしたのに返り討ちにあったふたりは慰め合っているうちに、ついに体を重ねてしまいました


今回朱里が恋愛対象が欲しいと言った時、晶はもう恋愛はこりごりだと反論していました。自分を見失う恋愛、相手にすがって嫌われないように振る舞って、自分が消えていって相手のことも分からなくなるのが恋愛なら、もう二度と繰り返すのはごめんだと


母じゃないけど母のような千春、友だちになった朱里、晶抜きで初めて仕事を取った松任谷や上野、朝までゲームして一緒にコーヒーを飲んだ飲み友達~そういう恋人じゃないけど大好きな人々と一緒に生きていくんじゃダメなのかなそれもアリよね( *´艸`)


そう言っていた矢先の出来事ですからね~。恒星も京谷に、晶と一線を越えたら今の大切な関係を壊しそうだと打ち明けていましたのにね


とはいえ、たとえ一線越えても友だちでいられたらそれが一番いいんじゃないですかね。四六時中相手を思って自分を見失う恋じゃなく、その人を思うと心が温かくなって優しい自分でいられる相手


晶にとっては恒星が、そしてもしかしたら、朱里にとっては京谷がそうした相手なのかもしれませんよね。朱里は今回千春と晶にハッキリ、京谷が朱里を救ってくれなければ死んでいた、と明かしていました。それに甘えた自分が悪いのだ、と


来週はいよいよ最終回だそうです。


晶は会社で「神様扱いされて神棚に写真が飾ってありましたよね。晶が辞めても会社は回るかもしれないけれど、士気が落ちることは間違いないことでしょう。せっかくやる気になった松任谷や上野だって、また使えない社員に逆戻りでしょうね


目の前で誰かが怒鳴られても誰も助けない~晶のこの言葉がふたりを、そして他の社員を動かしてくれたらよいのですが松任谷夢子に期待( `ー´)ノ。あのまま辞めるんじゃ悔しすぎやん晶、逃げたらあかんで!( `ー´)ノ


獣になれない私たち」は最終回が待ち遠しいですね



ドラマ「獣になれない私たち」 オリジナル・サウンドトラック


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ