ブラックリスト3 ネタバレと感想 第10話 局長(後編)

ブラックリストのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: ブラックリスト(The Blacklist) ネタバレと登場人物リスト


ジェームズ・スペイダー主演のアメドラ、【ブラックリスト3】の10話は「局長(後編)No.24」(The Director)です。も~これはとてつもなく楽しかった!以下早速ネタバレですブラックリスト3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


なんとレッドは局長ことピーター・コツィオパロスを誘拐する計画を立てていました


その計画は5週間前、自らを通報してデル・リオ・ダイナーに立てこもり、マーヴィン・ジェラードを釈放させたことに端を発しますS3-2)。


レッドとマーヴィンのふたりは狙いを局長に定め、着々と計画を進めてきました局長を誘拐するぞ!それにはどうすればいい?


まず結社の財源のヴァーディアントを潰し(S3-3)、ジンから奪った顧客リストから結社の「キープレイヤーズ」(ソロモン?)を知って局長の立場を弱め、局長の経済アドバイザーだったアンドラス・ハルミの親指を使って局長の逃亡用資金を奪い取って結社を分断させました(S3-6)。そしてザル・ビン・ハッサンを捕らえたことで、ベネズエラ共和国外務大臣のディアズを仲間に引き込みます


レッドはディアズに局長を引き渡し、彼を戦争犯罪人として国際裁判所に訴えさせるつもりだったのだそうです。その見返りがエルドラドです


レッドはこれを盾にリズの無実を証明するようヒッチンと取引するつもりでした。それと同時にカラクルトを連れていけば、ホーキンス議員殺害とCIA分析部の爆破(the OREA bombing)は結社の仕業だったと証明することが可能です


アメリカ政府は「これまで間違えていたがようやく真相が分かった」と言えばいいだけ~というのがレッドの書いたシナリオです。


役者はレッドミスター・キャプランデンベにバズ(Baz)、アラムサマル、そしてハロルドが顔を揃えましたトム(+カラクルト)は折を見て出ていく待機組ですし、レスラーも全て了承済みです。なんと心強い仲間=チームでしょうかこのチームなら絶対リズを助けられる( `ー´)ノ


レッドはまず局長を捕まえるために、その妻のリンダ(Kathleen McNenny~シャーリー・マン@グッド・ワイフ4)を利用しました。リンダは深刻な精神疾患の持病を持っているらしく、局長は週に1度水曜日に必ず妻に付き添って主治医のクリニックに行くのを常としているのだとか。


計画の日は水曜日ではなかったため、サマルとハロルドが組んでリンダに発作を起こさせました。リンダに頼まれたハロルドが主治医のオーレン・ハフネイゲル(Andrew Weems)に連絡すると、ハフネイゲルは局長もクリニックに来るよう伝えます


そこでレッドは同じビルの2つ上の階に、ハフネイゲルのクリニックとそっくり同じフロアを用意しました。入り口に置いてある鉄鋼製の置物だけが用意できませんでしたが、レッドは代わりにリンゴを置けばいいと提案しますEverybody likes apples. 皆リンゴは好きだから。


本来は6Fのクリニックへ行くのに8Fに誘導するためにはアラムの腕が買われました


Oh, that is so cool. Sleight of hand. I love magic.
それってサイコー。早業だね。僕マジック大好き。


こうしてまんまと8Fへやってきた局長は、ふとリンゴに目を止めましたが、匂いを嗅いだだけでした。レッドの得意そうなことったらなかったですね。Everybody likes apples.


局長のSPが気づいた時にはもう遅く、局長が目覚めたのは大西洋の上でした


そこからはもうレッドの独壇場ですレッドサイコー( `ー´)ノ


レッドはヒッチンに連絡すると同時にマーヴィン・ジェラードをヒッチンのオフィスに向かわせていました。事情を呑み込んだヒッチンは、レッドの要求の大半は了承したものの、トム・コノリー殺害だけは外せない、と主張します


マーヴィンも、これが引き出せる最高の条件だと語ったため、レッドは仕方なく妥協することにしました。少なくともこれでリズの安全は保障されるからです。


そのリズはレスラーが付きっ切りで見張っていました。そこへトムが、これまたカラクルトを脅して連れてきます。トムは、もし命が惜しくなって証言を止めたら、妹を殺すと言ってカラクルトを脅迫しました。I'll tell your sister you say hello.(お前の妹によろしく伝えておくぞ)


まだ局長がさらわれる前、ヒッチンと局長はリズを殺そうとヒットマンのイヴァーソン(Michael Maize)を手配していましたが、レッドの交渉で状況が変わったため、ヒッチンは自らレスラーに暗殺者の存在を告げざるを得なくなります。廊下は危ないわ!


そのヒッチンは、これまたレッドの思惑通り、この機に局長を始末してほしいと頼んできました。レッドは、ヒッチンが会見を開いてリズの無実を公表したのを見届けてから、局長を空から突き落とします 。局長がレッドとリズの関係に言及したこともレッドの怒りを増幅させたかもしれませんね


I know who you really are, Raymond. Who you are to her. And I know why you did this.
私は君が何者か知っている。彼女にとって誰なのか。そしてなぜ君がこうしているのかも。


レッドは取り合わず、ディナーに間に合うようもうじき下ろしてやると伝えました


その下ろした先は、どこぞの平和なオランダ人家庭だったのには驚きましたよね。彼らもいきなり人間(の遺体)が屋根を突き抜けて降ってきたのにはどんなに驚いたことでしょう


こうしてリズは晴れて釈放されました。唯一罪に問われたトム・コノリー殺害も、コノリーが結社のメンバーだったとヒッチンが認めたため、執行猶予が付いたそうです。それでもFBIにはもう戻れないそうで、今後はレッドと同じ立場から捜査に協力することになるそうです。


ハロルドはもう一度現場(ボス)に復帰するようですし、レッドはヒッチンに会って今後の結社との関係を模索していたようです。トムは~どうするのかな


これでようやく一段落ついた~と思いきや、来週はもう一人のレッドが現れるようです。これを偽物と決めつけてしまってよいのか~は見てみないと分かりませんね


ブラックリスト3は続きもとっても楽しみですね



ブラックリスト SEASON 2 ブルーレイ コンプリートパック [Blu-ray]


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ