2019/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>

クロスロード3~群衆の正義 あらすじと感想 第2話 罠

クロスロード3~群衆の正義~】の第2話は「罠」です。以下ネタバレのあらすじですクロスロード3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


見崎茜と本橋蓮(高杉瑞穂)は知りあいでした。本橋は茜が中学生の時の家庭教師だったそうです。


板垣が茜の中学時代の担任の早川に会って話を聞いたところ、茜が苛めの真犯人をネットに書き込んだのは、茜が人一倍正義感が強い少女だったからだと教えてくれました。当時学校側はいじめを認めようとせず、家庭の問題にすり替えようとしたのだそうです。そして早川もまた、いじめた生徒たちを叱ることすらできなかったらしい。


茜は正義感に突き動かされて首謀者の名前をネットに書き込みましたが、その後は不登校になったそうです。その時勉強を教えてくれていたのが本橋だったそうです。


前回茜と一緒にいた藤城は茜の幼馴染だったらしく、茜は板垣の記事をきっかけに別人のように変わったと語っていました。


自分の正義が壊れた時って、それが純粋であればあるほど無残なものでしょう


自分が正しいと信じて行ったことが、他人を自殺に追い込んでしまったのですから、傷ついて当然ですね。


その茜を慰めてくれたのが、家庭教師の本橋だったそうです。当時大学生だった本橋は大田区で起きた強姦事件の犯人と噂され、警察に任意同行されたのがきっかけで、証拠不十分で釈放されたにもかかわらず、大手企業の内定を取り消されてしまったそうです。


本橋は次第に茜にも心を閉ざすようになり、そんな本橋を支えきれなかった茜は家を出て行方をくらませてしまった様です。


その後ふたりはずっと会っていなかったようですが、ある時、本橋らしき男が茜の家に無断で侵入したようです。それで茜は被害届を出さずにいたのですが、後日、本橋が 大田区連続強盗殺人事件の容疑者になっていることが分かって愕然としたのだそうです


あの時支えてあげられなかった分、もし本当に本橋が人を殺したのなら、側にいて支えてあげたい~茜はそう考えているらしい。


一方のその本橋が、なんと尾関の息子の智のところに姿を現しました。そこに植えてあったモンキーツリーに惹かれてきたそうで、他には何も、自分の名前さえ覚えていないのだとか


モンキーツリーに触れると幸せになれる


本橋にそう教えたのは茜だったのでしょうか。


また草薙を殺したと自首してきた荒木の供述は、その裏取りにひどく手間取っていたそうです。そもそも「JUSTICE」はなぜ 荒木を犯人だと断定したのでしょうか?


SNSの裏取りには殿村の推薦で尾関が当たることになりました。その尾関も、実際に取り調べを行った畠山秀行(神保悟志~日村健吾@デザイナーベイビー)も、荒木は「シロ」だとの感触を得ます


その荒木は、自分を助けてくれた尾関に取り調べをしてほしいと言い出しました。尾関は一見荒木の言葉を信じるふりをしながら、荒木を追い込んでいきますベテラン刑事らしい取り調べでしたね♪


荒木は草薙から買い取ったブラックオパールを質にいれたそうなのですが、尾関は、そのブラックオパールは草薙の母の形見で大変貴重なものだったから、買い取りでトラブルのあった荒木になど売るはずがないと決めつけました


これはお前が買い取ったものなんかじゃない。お前の自供どおり、草薙彩さんを殺害して奪い取ったものだろう


死刑か無期を宣告される強盗殺人を犯したと指摘された荒木は、慌てて犯行を否定しました。やってない。俺はやってない!


って、そもそも荒木はなぜそんな嘘の自供をしたのでしょうか?ネットで騒がれて有名になったとでも勘違いしたのでしょうか?


こうして釈放された荒木には早速藤城が張り付いてネットで広めていました。その結果荒木が襲われたために通報され、藤城は尾関の取り調べを受けることになります。


尾関は藤城の「報道」を無責任な垂れ流しだと批判しますが、藤城は、SNSに意図などなくネットはそれ自体が生き物だとうそぶきました。どう動くか予測できない。だから 面白い


次回は警察がついに本橋の家をガサ入れするようです。果たして真犯人は誰なのでしょうか?


また茜は田中に取引を持ち掛けて、本橋について何か分かったら互いに知らせ合おうと約束させたようです。


クロスロード3~群衆の正義~」は続きもとっても楽しみですねクロスロード3が面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ