FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿 ネタバレと感想 第10話 英国貴族の男

FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿】の第10話は「英国貴族の男」(The Man in the Killer Suit~殺人犯のスーツを身にまとった男)です。以下ネタバレのあらすじですforeverのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


今回の被害者はコリン・カヴェンディッシュ子爵(Robbie Sublett)~朝方セントラルパークで刺殺体で発見されたこの男は「Viscount Colin Cavendish」と記したパスポートを所持していたそうです。


が、それを聞いたモーガンはすぐにそれは偽名だと指摘しました。イギリス貴族のカヴェンディッシュ家の一族は既にこの世にいないのだそうです


コリンが身に着けていたスーツはでもいかにも子爵らしく、ポール・スチュアートの最高級の英国風スーツだったそうです。その上特殊な縫い方をしていたことから、モーガンは、自分も購入している店だと気づいたのだとか。


早速ジョーとその店を訪ねたところ、店主のアルトゥール(Laurent Giroux)はコリンを記憶していましたが、いつも現金取引で品物も直接受け取りに来たと、彼の身元を証明する手がかりは見つけられませんでした。が、コリンはタキシードも注文しており、もうじき結婚する予定だったことが明らかになります。


店の2Fにあるブライダルコーナーではウェディングドレスも注文していたそうで、担当のパトリシア・アボット(Laura Fraser)は婚約者の名前を教えてくれました。エミリー・ソンタグ(Katie Paxton)という織物工場のオーナーの娘だそうです。


その話を聞いている最中に、モーガンは店にやってきたメッセンジャーの脚に注目しました。そこにはコリンの脚にあったのと同じ傷が付いていたのだそうです。それは自転車のチェーンの跡なのだそう


そのメッセンジャーにコリンの写真を見せたところ、前に一緒に配達をしていたドワイト・ディジアックだと教えてくれました。


ジョーは署に戻ってエミリーを呼び出し、コリンあらためドワイトが死んだことを伝えます。そしてその正体も


エミリーはかなりショックを受けていましたが、エミリーに対する愛情に嘘があったとは信じられないようでした。


Of everything you've told me, the fact our love wasn't real is the hardest to believe.
あなたが教えてくれたことの中で、私たちの愛情が本物ではなかったということが一番信じられないの


そのエミリーの印象は当たっていました。ドワイトは、確かに最初は詐欺を働こうとしたものの、いつしかエミリーを愛してしまったためにそれ以上は騙せなくなり、ついには真実を明かして一緒になろうとしたのだそうです


ドワイトのコートのポケットから、エミリーの父=ノーマン(Gary Basaraba)がドワイト宛に切った100万ドルの小切手が、それもびりびりに破かれて発見されたことから、最初はこのノーマンに疑いが向けられました。


がノーマンは、ドワイトから真相を聞いて怒り、彼を殴ったことは認めましたが、殺してはいないと主張します。


一方ハンソンがドワイトの服はすべて「社員割引」で購入されていたと突き止めてきました。なんとなんとこれらを実際に購入したのはパトリシアだったのだそうです


パトリシアの家を調べたところ、そこにはドワイトの写真や、ドワイトを貴族に仕立てるための本、そしてドワイトの後頭部の傷を治療したらしいガーゼなどが見つかりました。が、パトリシアの行方は分かりません。


その後パトリシアはドワイトの墓に来ていたところをモーガンに見つかって捕まりました。パトリシアはドワイトを愛していたのは事実だが、殺したりしていないと反論します。ドワイトはノーマンに殴られた後パトリシアを訪ね、エミリーを愛していると告げて出ていったのだそうです。


となると、怪しいのはエミリーですが、モーガンがいつものようにルーカスと事件を再現したところ、ドワイトの致命傷は女性の細腕では無理だと判明しました。


ドワイトの墓に来たエミリーに、ノーマンの弁護士=ピーター・グージック(Adam Henry Garcia)がピッタリ寄り添っていたことに違和感を覚えていたモーガンは、わざとエミリーを逮捕するよう提案します


ジョーはピーターと一緒にいたエミリーを連行し、ピーターには凶器の万年筆が見つかったのだと教えました。これに焦ったピーターが本物の凶器を掘り起こしに行った所で一件落着と相成ります。真犯人はピーターだったのです


一方、ああ見えて恋多き男のエイブは初恋の女性=フォーン・マホーニー・エイムズ(Blair Brown)に会いに行きました。フォーンの夫で、共通の幼馴染だったライルが亡くなったため、その葬儀を利用してフォーンに近づこうという魂胆です


モーガンは、友人の妻に言い寄るなどサイテーだと怒りましたが、エイブがフォーンと結ばれなかった理由は自分にあったと思いだして猛省することになります。ちょうどエイブがフォーンとファーストキスをした頃、モーガンは、かつての自分を知る男、かつての部下だったカール・ヘメッカー(Jeff Pucillo)に出会ったために急いで引っ越しをしたのです


エイブが、皆の憧れの的のフォーン(What a tomato!とキスをしたと聞いて羨ましがっていたライルが、まさかその後フォーンと結婚したとは、運命とは何と皮肉なのでしょうか


せっかく墓地まで来たのに、そこへパトリシアが現れたせいでモーガンを車に乗せなくちゃいけなくなったエイブですが、ちゃっかりフォーンの孫にメッセージを託してきたのはさすがでござるね


Uh, just give her this card. Tell her hi from an old friend and that she aged well.
名刺を彼女に渡してくれ。昔の友達がよろしく言っていた、今でも素敵だと伝えてほしい


フォーンが後日店にやってきたのは嬉しかったですね~。エイブは早速コーヒーでもと誘いましたが、フォーンはまだ夫を亡くしたばかりだと節度を保とうとしました。なぜなら、その昔キスをしたのはミルクセーキを一緒に飲んだ後だったらしいのです


The last time it was a milkshake, and we both know what happened next.
前回はミルクセーキだったわ。そして私たちは次に何が起きるか知っている


フォーンはどうやらジョークの分かる素敵な女性のようです。フォーンの家は偶然にも近くらしいので、これからは文字通りお茶飲み友達から始めたらよいかもしれませんね


でもモーガンとジョーの距離はそう簡単には縮まりません。何せ、しがない公務員が高級スーツの店の常連で、その知識も驚異的レベルで博学です。モーガンは「金も知識も何世紀もかけて蓄えたと答えますが、ジョーには冗談にしか聞こえません。


それでも良い関係を保っていたところ、ついにあのアダムが姿を現しました。モーガンが乗ったタクシーの運転手だったのです!?


果たしてモーガンはアダムの正体を暴くことができるのでしょうか?ヘンリーが危ない( ;∀;)


FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿】は続きもとっても楽しみですね


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ