下町ロケット~ヤタガラス編 あらすじと感想 第10話 待ってました!島ちゃん!!

下町ロケットのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 池井戸潤氏原作ドラマ あらすじ一覧


阿部寛さん主演の【下町ロケット~ヤタガラス編】の10話はとぉ~っても楽しかったですね~。いよっ!待ってました、島ちゃん!待ってました、財前セミプロボウラー前回断った時から、ゼッタイ投げてくれると思ってましたよ~(^^)/ (


以下またしても暑苦しいネタバレのあらすじですking


航平はついに島津に協力を頼みに行きました。俺たちと一緒にやらないか?島津さんが必要なんだ!トランスミッションチームを率いてくれないか?


その頃ちょうど島津はカリフォルニア工業大学への採用が決まっていたそうで、タイミングが悪いな~とは悩んだものの、やっぱり現場で働きたい、快適で斬新で人の役に立つトランスミッションをつくりたいという夢を諦められなかったようです


航平が置いていった動画を見たら、一層その気持ちが強くなったのでしょう。航平たちのトランスミッションは「無骨に一歩一歩前に進んで」ようやく形になってきたらしいのです。よくぞここまで仕上げたものだと心底感心した島津は、今の佃製作所には自分が必要だ、必要とされているのだと実感したに違いありません


その同じ日にギアゴーストの伊丹が、やはり島津を誘いに来たのも島津の背中を押したかもしれませんね。伊丹は、ダイダロスと組んだのは正しかったと分かっただろうから戻ってきてほしい、後から入れた氷室が気に入らなければ追い出す、と語ったのです


私は私を本当に必要としてくれるところに行く。それはアンタのところじゃない


島津が来てからというもの、佃製トランスミッションの性能と信頼性は一気に底上げされたそうです。島津は横に食糧を置いて、朝から晩までぶっ通しでひたすら設計と向き合って集中していました。その結果、改善点が既に100以上見つかったそう


島津が来る前、トランスミッションはエンジンと違って経験が足りない、エンジンならどこに出しても恥ずかしくないけど、トランスミッションはダメだ、とさんざん馬鹿にしていたエンジンチームもうかうかしていられなくなります


そのうちエンジンチームの方があっという間に追い抜かれるかもな~(by 山崎)


とはいえ、何もかも順調だったわけではありません。トランスミッションの「応答性能」を一手に担当していた軽部に全くやる気が見られないのです。ずっとパソコンの画面を見ているばかりで、6時になると「定時だ」と言って帰宅してしまいます


立花と加納はヤキモキしますが、島津は一旦まかせたのだから待つしかないと彼らをなだめました。


他の社員からは軽部が島津に対して不満を抱いているのだろうとの声が上がります。立花は、軽部と島津では比べ物にならないのだから嫉妬するのはおかしい、今は社内で争っている暇などないのに、と焦りまくります早くしないとますます後れを取ってしまう( ;∀;)


特にダーウィンがモニターを募集すると聞いたから尚更です。加納はいっそアルファ1もモニターに踏み切ってみてはどうかと提案しますが、島津は即座に否定しました。


まだ早い!テストも十分にできてないトラクターを農家の人に使ってもらうつもり?モニターといえど中途半端なものは出しちゃダメ( `ー´)ノ


島津が指摘した試運転のため、航平たちは試運転をさせてくれる農場を探すことにしました。そして山岸は、軽部に対する立花たちの不満を解消すべく動き出します。山岸は立花と加納を飲みに誘い、軽部から口止めされていた彼の家庭の事情を打ち明けました。


軽部には生まれつき心臓の弱い娘がいるのだそうです。妻も働いているために、娘の病院への送り迎えは軽部が行っているそうで、そのために毎日「一旦定時には仕事を上がらないといけないのだそうです。


確かにリーダーのポジションを奪われたのは面白くはないだろうけど、だからといって仕事をおろそかになどしない。あいつだってお前らと同じだ。プライド持って仕事してる一エンジニア


立花と加納がその山崎の言葉を本当に理解したのは会社に戻った時でした。軽部はひとりで検証を行っていたのです


軽部は、病院から娘を連れ帰り、おそらくは妻も帰宅した後に会社に戻ってきて実験を続けていたらしいです。立花が提案した方法などはすべて検証済みで、だからこそ相手にされなかったと知った立花は苦笑いです。


野暮ったいよ、あの人


自分がいつも軽部に言われていた言葉をそっくりそのまま返しました。軽部もまた立花同様野暮ったいエンジニアだったのです


軽部が家庭のことを秘密にしていたのもまたいかにも軽部らしいですね。軽部も、後に島津も語っていたように、たとえ身勝手と言われようと技術者として皆と対等でいたかったのですよ。


そしてついに軽部から検証が済んだとの報告がありました。島津は満面の笑みを浮かべて喜びます。応答性能が上がってる。本当にスゴイ。やっぱり任せてよかった、ありがとう。こんなに精度の高いHSTにしてくれるなんて!


軽部は、いかにも軽部らしく不愛想に、今回島津が立花たちの面倒を見てくれたおかげで、自分は仕事に集中できたと語りました。これからもこのチームのことはアンタに任せるよ


島津はますます笑顔になってこう答えました。「分かった。これからもよろしく、軽(かる)ちゃん


軽部も負けずにでもさりげなく言い返します。よろしく、島ちゃん


社員全員がビックリ大仰天だったのは言うまでもありません。でもこれぞ技術者ですね~。ここは本当に楽しかった


そしてこの後またさらにいっそう楽しいシーンが待ち受けていましたmame。島津の提案で皆でボウリングをしに行った際、航平を訪ねてきた財前が見事なフォームでストライクを披露したのです


いや~ゼッタイやってくれると思ってましたよね。また立花が、やりたくないというのは運チだからに違いないなどと囁いたから、財前の闘争心に火がついて、心は秘かにメラメラ状態だったに違いありません俺様の実力を見せてやる( `ー´)ノ。あれは昔相当やってましたね。マイボールにマイシューズも揃えてありますよね~きっと


とたわ言はさておき、財前の用事は試運転用の農場探しに行き詰っているということでした。航平も、殿村の家を初めとし、色々なところを当たってはみたのですが、下町トラクターを応援したい、大企業の手先にはなりたくない、と言われてどこからも断られてしまったのです


特に殿村の家では、正弘が頑として受け入れませんでした。ロボットなんぞに先祖代々300年続いた田んぼを荒らされてたまるかというのです


が、その田んぼが自然相手に荒らされ、稲は壊滅してしまいました。大雨が北陸地方を襲い、殿村のいる新潟の燕市は信濃川の堤防が決壊し、田んぼが水浸しになったのだそうです


空の様子からいち早く危険を察した正弘のおかげで種もみなどは無事だったようですが、辺り一帯は避難勧告が出たそうで、殿村も断腸の思いで避難したそうです。1年かけて大事に育てた稲、今年の米は一番に航平に送る、とあんなに嬉しそうだったのに


ラジオを聴きながらヤキモキしていた航平は翌日、車にたくさんの救援物資を積んで現地に駆けつけました。江原が呼びかけで集めた義援金も持参してきたそうです。


航平は憔悴しきっていた殿村を見るに見かねて、田んぼを再開できるようになるまでまた佃製作所で働かないかと誘いましたが、殿村はキッパリ断りました。私は会社を辞めた身だから、こっちがダメになったからと言ってそう簡単に出戻る訳には行きません!


殿村の米を買ってくれるリピーターからも義援金や救援物資が届いたそうで、殿村は、彼らのためにももっと良い米を作るつもりだとその固い決意を明らかにしました


航平はその気持ちを理解しながらも、やっぱり歯がゆくてなりません。


そんな航平の背中を島津が押してくれました。島津が佃製作所に来られたのは、航平が島津を「対等」に扱ってくれたからだというのです。同情や憐れみからではなく、心底自分を必要としてくれた。だからきっと殿村も同じように「対等」でいたいのではないか、と


そこで航平はついに覚悟を決めました。財前とも話した結果、やはり、殿村の田んぼで試運転をさせてもらおうと殿村家を訪ねます。


試運転をさせてくれれば、その後無人トラクターは無料で貸すし、田んぼもきちんと耕耘して米作りに影響が出ないようにする。


正弘は既に断ったのに今さらなんだと激怒しました。人の不幸に付け込んで商売に利用しようとしてるってことじゃないのか?


航平はそう思われても仕方がないと答えました。もの作りが商売につながることは否定できないからです。でも航平はそこで大事なのは「意義」だと語りました。そのもの作りは何のためにやるのか、を忘れてはいけないと。


無人農業ロボットへの挑戦は金もうけのためだけじゃない。農業を救うという目標がある。佃製作所を正しく導いてくれた偉大な経理マンであり、大切な親友の殿村の力になりたい、という願いがそこにある。大自然の前に人間は無力だが、知恵を振り絞って、滅びゆく農業を救いたい。この国の米作りを全力を賭して守りたい!どうか力を貸してください!


航平の言葉に感動した正弘は座布団を外して頭を下げました。自然と戦っても仕方ないと諦めていたが、諦めずに戦おうとしている人たちがここにいた。どうかうちの田んぼを使って日本の農業を、米作りを救ってやってください!お願いします!


実は殿村は農林協に500万の融資を頼んで断られてしまっていました。それも稲本と吉井の嫌がらせによるものです。今回の話には出てきませんでしたが、天下の帝国重工が土地を借りるのですから、それ相応の賃料もお支払いするのですよね?


こうして殿村の田んぼを使っての実験が開始されました。その様子を見た殿村は圧倒されます。これが未来の農業か。ホントにスゴイ!


そこへ財前が朗報をもたらしました。首相の肝煎でアルファ1とダーウィンの実演が行われることになったのだそうです。つまりはダーウィンとアルファ1との再対決ですboxer-w


見てろよ野木。お前の技術を盗むような連中に負けるわけにはいかない。ギャフンといわせてやる。俺達のものづくりの全てをぶつけてやる!正義は我にありだ!!kaeru4


も~すっかりワクワクしてきました。来週の放送が今から楽しみでなりませぬkyaa



『下町ロケット ゴースト+ヤタガラス』池井戸潤 第1作と第2作と4冊セット


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
ヒデ  
No title

どうもこんにちわー 来週でついに最終回ですね。軽部登場時から多分家族が病気とかでその為定時に上がってるんだろうなーとは何となく思ってました。あれで何も無かったら只の自己中なオヤジでしたからね笑 
こんさんが言われてた通り、天下の帝国重工なら、農場の使用料は払いますよねきっと笑 
伊丹は本当変わってしまいましたね。気に入らないなら切れば良いって、あれじゃやってること的場と一緒ですからねー。まぁ最後に改心して泣き崩れる予想を立ててますが、もしそうなっても個人的には許せませんねー。のうりん協の職員も最後には多分成敗されますねきっと。上司の支店長らしい人が出てきたのも伏線じゃないかなって思っております。
島津さんが佃に入社しましたけど、何となく無人トラクターが完成したらアメリカの大学に行く用な気がします。性格的にそうなんじゃないかなーって思います。後1話で完結ですが最後はスッキリ終わって欲しいですね。

2018/12/17 (Mon) 12:49 | 編集 | 返信 |   
こん
ヒデさんへ  
軽ちゃん♬

ヒデさん、こんにちは~♪

下町ロケット楽しかったですね~(^^)/。

お、ヒデさんは軽部のことを見抜いていらしたのですね~。
アタイは以前の真野賢作を思い出して、コイツもか!と思ってましたよ。
試運転の時喜んでいた姿を見てホントはイイ奴じゃん~とは思いましたけど(^_-)-☆。

島津はどうですかね~
ヒデさんがおっしゃるように大学へ行きそうな気もしますけど、
伊丹がもし「泣き崩れて改心した」ら(笑
見捨てられなくなるような気もしないでもありません。

他の社員のこともありますし~彼女は姉御肌ですからね。
もちろん佃製作所に残ってくれたらチョー嬉しいですけど(笑。

とにもかくにも悪人全員を「ぎゃふん」と言わせてほしいですね( `ー´)ノ。こん

2018/12/17 (Mon) 14:29 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ