ひと夏の奇跡 あらすじと感想 第3話 ヘソンを殺した犯人は誰だ?

ひと夏の奇跡~waiting for youのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ひと夏の奇跡~waiting for you あらすじと登場人物一覧


韓国ドラマ、【ひと夏の奇跡】は3話もまた実に良かったひと夏の奇跡が楽しい♪。以下ネタバレのあらすじですネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ヘソンから、君は悪くないと言われたジョンウォンは涙をポロポロ流し、会いたかった、と本音を漏らしました。毎日、毎日会いたかったまたジョンウォンも可愛いんだ( *´艸`)、そう言って泣きじゃくるジョンウォンを、ヘソンは優しく抱きしめます。ジョンウォンもヘソンを抱き返し、一層激しく泣き出しました


ヘソンはその時感じた胸の高鳴りが時計の音のように思えたそうです。僕の時間が再開した音だ


その後ヘソンはジョンウォンから可愛い花柄のズボンを履かされて()片づけを手伝いました。そこでヘソンは、ふたりの思い出のプルタブを見つけます。それはふたりが学校をさぼってソウルに行った時、ヘソンがジョンウォンにあげたものです


ジョンウォンはその時、家を出た母親がソウルにいるらしいと聞いてヘソンを誘ったのです。が、その母(ソ・イスク~ミョサン@六龍が飛ぶ)は、他の男性と子どもに囲まれて幸せそうにしていました。ジョンウォンが近づくと、早く帰れと言わんばかりで、家族には知らない子だと嘘をつきます


その様子に怒ったヘソンは、ジョンウォンの代わりに、その母親家族の車のフロントガラスをめちゃめちゃにしました


警備員に見つかって走りに走って逃げた後、ジョンウォンは一本だけビールを飲もうとせがんだそうです。目の前にはちょうどスーパー(キョンイルスーパー)がありました。


困った顔をしながらも多分ビールを買ってきてくれたヘソンは、空になった缶からプルタブを外し、指輪だと言ってジョンウォンの指~右手の薬指にはめたそうです。幸せになって母親を見返してやれというヘソンに、ジョンウォンはこくんと頷きました。


ヘソンはジョンウォンを負ぶって、線路の上をどこまでもどこまでも歩いていったそうですこの映像がまたとっても美しくて素敵です


翌朝ジョンウォンはレストランに出勤し、ヘソンはホバンに頼んでヘチョルを呼び出しました。最初は怯えていたヘチョルもようやくヘソンをヘソンと認めると、ヘソンはヘチョルの会社(?)へ行って上司のふたりを痛めつけ、ヘチョルを取り立て業務から外すよう命じます。またジョンウォンからの違法な取り立てもするなと言い含めました。


ヘチョルには、自分は殺人犯ではないと主張しますが、ヘチョルは、今さらどうしようもないと言い捨てます。第一、誰がそんな話を信じるというんだ?


ヘソンが死んでから、ヨンジュンは医学部へ進み、ヨンインはソウルに働きに行き、スジは施設に入ったそうです。


そのヨンジュンですが、奇遇にもジョンウォンが働いているレストランのオーナー兼シェフ、ミンジュンと親しいイ・ソウォン(ハン・ソヒ)と婚約していました。ソウォンは、ヨンジュンが働いている病院の娘なのだそうですが、母親のソン・ミョンオク(キョン・ミリ~プヨンの母@屋根部屋のプリンス)はヨンジュンを気に入らないようでしたね。ヨンジュンは家族のことを隠しているようでしたから


でもヘソンはヨンジュンの居場所を突き止めて病院に会いに行きました。ヨンジュンはヘソンを見て驚きましたが知らぬふりをし、警備員に追い出すよう命じます。ヘソンが彼らを突き飛ばすと、あの謎の男が現れてヘソンを連れだしました。


力を使うな。俺たちにとばっちりが来る


その頃ホバンはジンジュにもヘソンのことを教えてヘソンに電話をかけました。でもせっかくホバンから買ってもらったスマホがこの男に壊されてしまったため、うまく話すことができません


せっかく蘇ったのに兄弟の誰からも歓迎されずに落ち込んだヘソンは、ジョンウォンのレストランに立ち寄りました。仕事を終えたミンジュンが先に出てきて、ジョンウォンは後からやってきます。名前を呼び合っていかにも親しそうなふたりを見ていたミンジュンに、ジョンウォンはヘソンを従弟だと紹介しました。もちろんヘソンは不満げです


ヘソンはジョンウォンに酒が飲みたいと告げました。(たぶん酒を飲んだ後)弟たちの話をしはじめ、こんなことならもっと遊んでおけばよかったとこぼします。弟たちの世話をするのが役目だと思っていたのに誰も会いたくもないなんて(;´Д`)


そう言って寝入ったヘソンは、明日は日直だと寝言を言いました。ジョンウォンはごめんと言うほかにかける言葉が見つかりません。


そこへホバンから電話がかかってきました。ジョンウォンはそれで皆を呼んだらしく、ヘソンが目覚めた時、懐かしい仲間が顔を揃えてくれます。最初ヘソンの目には昔のままの顔に見えたそうです


ジンジュは泣きながらヘソンに抱き着き、会いたかった、あんたが人殺しだなんて言われて悔しかった!とわめきました。ムンシクもテフンも感涙を抑えることができません


特にテフンは感慨深そうでした。元気かと尋ねたヘソンに元気ですまないと答えたのは嫌みでもなんでもなくて、実際テフンは、ヘソンの死にひどく胸を痛めていたのだそうです。というのも、ヘソンを轢いた車は、テフンの父親の車だったからなのだそう。テフンの父はチョンホ学校財団の理事長で百貨店の会長をしているそうです。


当時会長は車に乗っていなかったらしく、運転手が業務上過失致死で実刑となったそうですが、それって怪しくないですか?本当はその会長が犯人なのではないでしょうか??


ヘソンがホバンと一緒に当時の事件を洗い直していると、ヘチョルもこれに加わりました。真犯人がいるならぶっ殺す!と語るヘチョルに、ようやくヘソンも嬉しそうです


そのヘチョルがいうには、ヘソンが亡くなった時、ヨンジュンは家にいなかったそうなのですが、ジョンウォンはいたと証言していたそうです。当然ヘチョルの言っていることが真実ですよね。ジョンウォンはなぜ嘘をついたのでしょうか。ヨンジュンはその時何をしていたのでしょうか?


そのジョンウォンの店に、なんとなんとあの母親が訪ねてきました。レストランが雑誌に載ったのを見てすぐにジョンウォンと分かったそうで、貧乏で困っているだろうからと金を渡しに来たのだそうです


今さらどの面下げてそんなことを言うのかと大いに腹を立てたジョンウォンは、金などたくさんあると言い返しました。このレストランは私のものだ、オーナーと結婚するのだから!


ふたりの話を偶然立ち聞きしたミンジュンも助け舟を出してくれます。あなたがお母さんですか。僕はジョンウォンと結婚します。


母親は図々しくも食事をしながら話したいなどと言いだしたため、ミンジュンはキッパリ今日は満席だから予約してから来てくれと断りました


ジョンウォンは閉店後、ミンジュンに礼を言いながら、思わず泣いてしまいます。ミンジュンがそんなジョンウォンを慰めているところに、ヘソンがやってきて?


あれはちょっとやけちゃうだろうけど、ミンジュンがホントにイイ人なら、ヘソンも安心できるのかな~なんて思っちまったりするのがまた悲しくてヘソンが可哀想でつい泣けちゃう(/_;)


もうすっかりこのドラマが気に入ってしまいましたひと夏の奇跡を見るのが楽しみ♪。「ひと夏の奇跡」は続きもとっても楽しみですね



ひと夏の奇跡~waiting for you DVD-BOX1、2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ