SUITS/スーツ 最終回 ネタバレと感想 目には目を?不正には不正で対抗??

織田裕二さん&中島裕翔さんの月9、【SUITS/スーツ】は夕べが最終回でした。いや~最後は韓ドラ&アメドラも真っ青の何でもありのビックリ展開でございましたね。以下ネタバレのあらすじですスーツのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


澤田が寄こした資料の中にはとんでもない証拠が入っていました。被害者の女子高生=東珠里が殺害当時着用していたキャミソールです。それには殺人犯として有罪判決が下り、今も服役中の栗林紡(淵上泰史)以外の血痕が付着していたそうです


他にも珠里が栗林に宛てて書いた手紙もあったそうですが、それはともかく、この血痕付きのキャミソールを検事が隠蔽するなんて信じられませんよね。こんな証拠を戻されて黙っていた所轄も所轄ですよ。当時の刑事、高松(阿南健治~熊野事務長@僕らは奇跡でできている)はいったい何を考えていたのでしょうか


しかも珠里は殺害当日、同じ高校の男子生徒2人=曽我部一也&蜂矢勇気とカラオケをしていたのだそうです。その2人に自宅近くまで送ってもらった後殺されたとしたら、むしろそっちを疑って当然なのに、彼らが裕福な家の息子だということで目こぼしされてしまったらしいなんじゃそりゃ?


また彼らは当時学校内でドラッグを売っていたらしく、甲斐は大貴に、そして大貴は遊星に協力を頼みに行きます。


麻薬絡みの情報を得るために協力を得るのはまだしも、遊星に蜂屋を脅させて自白させたのにもびっくりしましたね~。しかもそこには刑事もいたんですよ?どんだけ無法地帯なんや??


また、刑事のふりをしてふたりをバーに呼び出し、彼らが使ったグラスを手に入れてDNA鑑定までしちゃいました。その鑑定をした、否、させられたのは、蟹江の甥です。これは加耶子が蟹江を「色仕掛けで幻惑しました。加耶子は蟹江に、蟹江の側で働いたら自分の感情が抑えきれなくなるのが怖かった、と迫ります。


2分くれ。2分で馬場君を解雇する~と鼻の穴を膨らませた蟹江には大笑いでした。まったく気の毒な馬場さんには最後までお目にかかれず残念でした


蟹江は加耶子の魂胆を知って激怒しますが、訴えに行った先でチカにも脅されて、仕方なく甥に検査を命じたらしい


検査結果を持ってきた蟹江は甲斐に、この貸しはでかいぞ、と念押ししました


君が一生私の家政夫をしても元が取れないくらいにな


だったら要らない、と言われた蟹江は仕方なく「ハンバーガー」で妥協しました。甲斐は、ランチをハンバーガーに訂正した蟹江に「ポテト」もつけると言って感謝します。鑑定結果によると、付着していた血液は曽我部のものだったそうです。


また担当になった1年生判事の藤嶋春香(上白石萌音~宮沢茜@陸王)もひどかったですね~。信念も何もあったもんじゃなく、言われるままに動いていたのが最後には、弁護士は所詮金目当てだから嫌だとのたまいます。私は国家の繁栄と安寧のために働きたいんで。最初の対応からは決してそんな風には思えませんでしたけど税金ドロボーめ!( `ー´)ノ


結局は共犯?だった蜂屋の証言とこのDNA鑑定のおかげで栗林は無事釈放されました。でも結局柳の件はうやむやになってしまったため、補償はどうなるって話でやんすよね


冤罪事件の場合は無実が確定すると刑事補償法で1日1000円から12,500円が支払われるそうですが、これに公務員の不正が証明できれば「国家賠償法」も適用されて休職中の給与等も補償されるのだそうです


いくらドラマとは言え、検察のトップがこんな不正を働いていたのに単なる辞職で済まされて(退職金は?年金は?)、挙句に今度は弁護士事務所で働けだなんて(甲斐が誘った)、到底納得できませんよね


加耶子が柳を毛嫌いするのは当然です


一方で甲斐は大貴を助けるために、事務所がこれまでに行った「不正」を徹底的に洗い出し、それを暴露されたくなければ、大貴をこれまで通りファームに置くようチカを脅しました


その上で甲斐は大貴にボストンへのエアチケットと小切手?を渡し、2年やる、と告げます。一生分、遊んでこい。


ボストンってことはハーバード大学?、つまりはロースクールに入って資格を取って来いってことっすか??


真琴のことが本気なんだろう、生まれ変わって来い、というからにはそうとしか解釈できませんよね??


大貴の場合、過去の替え玉受験の罪はそろそろ時効で、日本でも司法試験が受けられるってことはないんですかね~


と、あれこれ言い出せば切りがありませんけど、とりあえずは無事?に終わってくれてホッとしました。途中からは断然蟹江がお気に入りだったので、あのキャラを楽しめたことで満足です



フジテレビ系ドラマ「SUITS/スーツ」オリジナルサウンドトラック


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ