2019/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>

クロスロード3~群衆の正義 あらすじと感想 第3話 恋

クロスロード3~群衆の正義~】の第3話は「恋」です。以下ネタバレのあらすじですクロスロード3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


本橋の部屋のガサ入れが行われ、その後は公開捜査に踏み切ることが決まりました。ガサ入れに参加した尾関と田中は、本橋の部屋にあった地図とドア前に設置された防犯カメラから、本橋が9年前にかけられた疑いを晴らそうとしていたのではないかと推理します


その推理は当たっていて、今回見崎茜が板垣と一緒に本橋の母、敦子(朝加真由美~永島良子@ブランケット・キャッツ)を訪ねたところ、敦子は当時本橋が誰かの身代わりにされたと悔しがっていた、と教えてくれました。


その見崎茜は板垣に、9年前の事件があった時、本橋は自分と一緒だったと打ち明けました。犯行時刻は夜中の2時だったそうですが、茜はどうしても本橋に会いたくなって夜中にこっそり家を出て会いに行ったのだそうです。


本橋が捕まった時、茜がそれを証言すればよかったものを、当時16歳だった茜は、もし両親にそのことが知れたら、もう二度と本橋に会えなくなると思い込んで、躊躇してしまったのだそうです


大田区連続強盗殺人事件が起きる前に茜の家に侵入した犯人についても、本橋じゃないかと思っただけで、実際には顔を見ていなかったのだそう


これだけではどうにも手詰まりに思えましたが、そこへ新たな手掛かりがもたらされました。藤城が大田区連続強盗殺人事件の被害者、田辺裕美の母で、以前荒木を刺そうとした由美子(根岸季衣~一宮幸子@わたしをみつけて)のインタビューを行ったことがきっかけです


裕美は生まれつき足が悪かったそうで、中学で引きこもりになってからは狭い団地の一室から出ることはほとんどなかったそうです。女手一つで裕美を養っていた由美子は朝から晩まで働いて、裕美が殺されたその日も、夜食のサンドウィッチを作って働きに出かけていたそうです。


帰宅した由美子は絞殺された由美子の遺体を発見しました。たったひとりの娘が殺されていたその同じ部屋に今は小さな仏壇が置かれています


由美子は裕美を殺した荒木が釈放されたことに怒りをあらわにし、殺してやりたかった!と訴えかけました。それを見ていたネット民は次々に荒木を糾弾します。


この動画は尾関も目にしたそうで、由美子に話を聞きに行きました。そこで尾関は、殺された裕美がよく外を眺めていたという窓から同じように外を眺めたところ、9年前の強姦事件の被害者が住んでいたアパートが見えたのだそうです


尾関は田中を連れて早速そのアパートの管理人を訪ねました。すると管理人は、事件からしばらくして「若い男」が荒木の写真を持ってきて、この男を見かけなかったかと尋ねられたと教えてくれます


その「若い男」は本橋の可能性もあるでしょうが、藤城かもしれませんよね。もし藤城だとしたら、茜を通して本橋のことを知った藤城は真犯人は荒木ではないかと疑っていた、それが今回のネットでの荒木の糾弾につながったのではないでしょうか


その藤城は、見知らぬ少年たちから暴行を受け、警察の保護を受けながら入院している荒木にもインタビューを申し込みました。荒木は最初断りましたが、藤城から、本橋が犯人として公開捜査された今なら、荒木はむしろ被害者だから受けた方がいいと唆かされて承諾します


一方の茜は、石山のぞみが久しぶりに智に会いに行ったことで、本橋の存在を知りました。本橋はあのまま智の植物園で働いていたらしく、のぞみが送ってきたメールに本橋が映りこんでいたのに気づいたのです


茜は早速智の植物園に押しかけて本橋と話そうとしましたが、本橋は茜のこともまったく覚えていないようです


でも茜はその後、のぞみの財布から金を抜き取り、本橋と一緒に車で逃走しました。その様子がNシステムに映ったため、警察の知るところとなります。なんでまた逃げたりなんかしたんですかね~


この茜に振り回されて自分を見失っている田中はついに辞職を決意したようです。田中の同期で警務課の飯塚伸(松村北斗~澤山梢平@ぴんとこな)や、刑事課の先輩、(小松利昌~近江谷佐吉@まんぷく)が田中を心配して尾関に相談していました。


まだまだ問題山積ですが、尾関と板垣は果たして真相に辿り着けるのでしょうか?


来週はいよいよ最終回です


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ