2019/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>

ひと夏の奇跡 あらすじと感想 第4話 家族のために

ひと夏の奇跡~waiting for youのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ひと夏の奇跡~waiting for you あらすじと登場人物一覧


韓国ドラマ、【ひと夏の奇跡】は4話もまたええ話やったねひと夏の奇跡がすごくイイ(/_;)。最近はもうヘソンとジョンウォンが他人とは思えなくなっているおばさんです。ヘソンが家族やジョンウォンのために奔走する姿が健気で、ついつい応援したくなります


とはいえ、ミステリー好きなおばさんが今回最も注目したのはやはりラストシーンでした。以下早速ネタバレですネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


そのラストシーンでヘソンは急に胸の痛みを訴えて苦しみ始めました。で、その近くにいたのが、あの顔を見たらご用心~なパク・ヨンギュさん(イ・イニム@鄭道伝)です。早速公式HPを確認したら、コイツ、否この人がテフンの父親=チャ・グォンピョでした。そう、あの日ヘソンを轢いた車の所有者です


ここでヘソンが苦しみだしたってことはですよ、やっぱりこのグォンピョこそひき逃げ犯人ではないのでしょうか。テフンがイイ人だけに何とも切ないですが、あれはそうとしか思えませんよね。でも一緒にいたのはミンジュン??


以下それ以外の部分もまとめておきまする


前回、ジョンウォンがミンジュンの胸で泣いていたのを見たヘソンは、そのまま家に帰ってしまったそうです。ジョンウォンが帰宅すると、部屋の中にはトッポッキの良い香りが漂っていたらしい


どうして分かったの?辛いものが食べたかったの


ジョンウォンはいかにも美味しそうに食べて「最高だ」と微笑みました。今日ね、店に母が訪ねてきたの。


ジョンウォンは思い出したらまた暑くなってきたと言い、冷たい飲み物を持ってヘソンとベランダに出ました。そこで一部始終を話します。ジョンウォンが母に見栄を張ったのは、かつてのヘソンの言葉を思い出したからなのだそうです。幸せになって母を見返してやれって


シェフが話を合わせてくれて助かった~スカッとしたと、口の横にトッポッキのソースをつけたままでそう語ったジョンウォンに、ヘソンは良かったと言いながら、思いついたように小言を言い始めましたどんな生活をしているんだ( `ー´)ノ。ジョンウォンの冷蔵庫にはまともなものが何一つ入っていなかったのだそうです。しかも飲み残しの薬まで入っていたのだとか。


どこが悪くてあんなに薬を飲んだんだ?しっかり食べて元気でいなくちゃダメだ


また小言が始まったと思ったのに、自分を心配してくれているのが分かって戸惑うジョンウォンの口を、ようやくヘソンが指でぬぐってくれましたここがまた可愛かったな~( *´艸`)。また口に付いてるぞ。


もう小言ばっかり!ぷんぷん


まったくどっちが子どもか分かりませんね


その夜ヘソンはあれこれ考えて眠れなかったらしく、起きてきたジョンウォンにあの日のことを尋ねました。あの夜は俺の誕生日だから来てくれていたんだろう?家には全員いたのか?


するとジョンウォンは、ヨンジュンだけはいなかったと答えました。当時もそう答えたと言います。


それならなぜ警察の調書にはそう書かれていなかったのでしょうか?


翌日ヘソンはテフンが副社長をしているチョンホ百貨店を訪ねました。その百貨店でヨンイン(キム・ガウン~ヒャンイ@チャン・オクチョン)が働いているのだそうです


泣き虫だったヨンインがすっかり大人になって働いていると知ったヘソンは大喜びしましたが、いざ売り場に会いに行って目にしたのは、他人の亭主を奪ったと罵倒されている妹の姿でした


事情を聴いた限りでは、どうやらその男がヨンインを騙して金まで巻き上げたようで、ヨンインはその男が結婚しているとは知らなかったのだそうです


あまりのことに倒れてしまったヨンインのために、テフンが心配して救急車を呼んでくれました。


病院で目覚めたヨンインは、側に心配そうに立っていたヘソンを見てもまったく驚きません。どうやら夢の中に出てきたとでも思ったようです。兄さんがいたらこの悔しさを分かってくれると思った。優しくされるとすぐに頼りたくなっちゃうの兄さんがいてくれたらよかったのに(/_;)


ヘソンはそんな妹が不憫でならず、妹を苦しめた男をとっちめるため、早速その男が経営している喫茶店へ乗り込みました。相手はヘソンをヨンインの弟だと思い込み、ヨンインが勝手に付きまとってきたのだとうそぶきます


ヘソンがたまらず力を使おうとすると、またあの男性が現れました。まだ名前は出てきていませんが、名前が分からないと不便なので調べましたアン・テボク(アン・ギルガン~クィウン@階伯)というそうです。


テボクに外に連れ出されたヘソンは怒りをあらわにしました。あいつは絶対に許せない!あんただって家族がいるだろう?


ヘソンの話を聞いたテボクは、自分がヨンインの父親だと言って一緒にこの男を懲らしめてくれました


念力で灯りを消し、ベルトをちょいとつかんで男をぶん投げると、ヘソンはそれを椅子に座らせて猛スピードでぐるぐる回します。その後もまるでテニスのボールのようにあっちこっちに打ち返されて純情なヨンインを騙した卑怯者めっ!思い知れ!、すっかり参った男は床に落とされたらたまらずにお漏らししてしまったそうです。ちゃんと金も返せよ


テボクはヘソンに、力は訓練すればますます強くなるし、五感ももっと研ぎ澄まされると教えてくれました。テボクは去年こちらに戻ってきたのだそうです。


その後、息子に会いに行くというテボクにヘソンが付いていくと、そこにいたのは80歳の老人=アン・マンソク(イ・グァンセ~ソ・ヨンチョル@パンチ)でした。テボクは、マンソクがちょうどヘソンぐらいの年頃に亡くなったのだそうです


昨年の夏にこちらに戻ってきたから懸命に捜した息子は寝たきりで口もきけない植物状態だったらしい。あれからどうして生きてきたのか~尋ねてみたいけれどもう知るすべもありません


一方のジョンウォンはミンジュンと一緒に市場に買出しに出かけたところで野菜の下敷きになりそうになったのをミンジュンに助けられました。ミンジュンの頭を巨大なカボチャが直撃します


本人は大丈夫だと言い張りましたが、サツマイモをスマホだと思って話していたのを見てはさすがに放って置けません。案の定その後ミンジュンはすぐにバッタリ倒れ込んでしまいました


医者からは(入院はしなくていいけど)今晩は目を離すなと言われたらしく、ジョンウォンはミンジュンの家に泊ることにします。


ジョンウォンがこれをジンジュに電話で伝えた時、その側にヘソンがいたからたまりません。男の家に若い女が泊るなんて!


ヘソンは代わりに自分が泊ると言い出し、ミンジュンも快く受け入れてくれました。ヘソンがミンジュンのために剥いたハート型のリンゴが可愛かったですね~


なにせ一家の主婦代わりだったヘソンは細かいことに実によく気が付くのでござる。いくつかあった写真立ての1つが倒れているのも直そうとして、そこにジョンウォンが描いたイラストが入っていたことにも気づきました。ミンジュンはそれをジョンウォンに気づかれたくなかったようです。


ジョンウォンは、3年前にミンジュンが今の店を契約したその日に、ミンジュンの車をタクシーと思い込んで(ひどく酔っぱらって)乗り込んできたのだそうです。優しいミンジュンがタクシーのふりをしてジョンウォンを送っていくと、ジョンウォンは料金だといって、お金に紛れて同じサイズの可愛いイラストを渡したのだそう


しかも翌日、いきなりジョンウォンがミンジュンの店に応募してきたというのだから驚きますよね。ジョンウォンはまったく覚えていなかったようですが、ミンジュンはこれを奇遇だと喜び、イラストを大切にしていたらしい


ジョンウォンには内緒にしてほしいと頼まれたヘソンは、自分とジョンウォンのも思い出しました。ジョンウォンとヘソンは幼馴染だったらしいのですけど、ジョンウォンは小学校4年の時にソウルに引っ越してしまったのだそうです。それから7年後に再び戻ってきた彼女を見たヘソンはあらためてジョンウォンへの気持ちを確認したらしい~僕はずっとジョンウォンに会いたかった


そのジョンウォンは、翌日、ヘソンが帰ってくるのをヤキモキして待っていました。なんとヘチョルが警察に捕まったのだそうです!?


ヘチョルに殴られたと訴え出たふたりはでも、本当はヘチョルを殴ったらしく、そこに監視カメラが無いことをいいことに示談金をふんだくろうとしていたようです


ジョンウォンがヘチョルを助けようとして、有り金全部を差し出した上、限度額いっぱいおろしてくるからとオロオロするのがまた可哀想でしたね。ジョンウォンはこれまでもずっとああしてヘソンの家族を守ろうとしてくれていたに違いありませんジョンウォンがまた実に可愛い( *´艸`)


その後ホバンが車載カメラに気づきました。内容をチェックしたいと言われたふたりは焦りましたが、そのうちのひとりが大丈夫、チップは運転席のマットの下に隠してある、と答えたのを、ヘソンは聞き逃しませんでした。ヘソンからその話を聞いたホバンは、早速マットの下を調べてチップを手に入れます。もちろん、ヘチョルはふたりを殴ってなどいませんでした


ヘチョルはふたりに礼も言わずに立ち去りましたが、それには理由があったようです。なんとなんとヘチョルには19歳の時に生まれた娘がいたのだそうです。それが以前携帯に着信のあった「ゴンジュ(キム・ハンナ)」です。


でもゴンジュは、お姫様(公主=ゴンジュ)じゃないのにとその名前が恥ずかしいらしく、たまたま出会ったヘソンたちには「エルサと名乗りました。ヘソンとジョンウォンはゴンジュと一緒に店に入ってマンドゥを食べ、店を出たところにヘチョルが駆けつけてきます。ゴンジュ!


シングルファザーのヘチョルは今ゴンジュを施設に預けていて、一緒に暮らせるようにと頑張っているのだそうです。自分に可愛い姪までいたと知ったヘソンがまた嬉しそうでしたね~。


ヘソンが、ゴンジュを不幸にしたら許さないと言うと、ヘチョルもようやく素直に礼を言いました。警察から出してくれて、ゴンジュの面倒まで見てもらってありがとう、兄さん


そしてその後です~最初に触れた胸の痛みを感じたのは


今ちょうど放送している頃ですね~。続きを見るのが待ち遠しいですひと夏の奇跡がお気に入り♬



ひと夏の奇跡~waiting for you DVD-BOX1、2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ