2019/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>

ひと夏の奇跡 あらすじと感想 第5話 ヘソンとジョンウォンが可愛すぎる

ひと夏の奇跡~waiting for youのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ひと夏の奇跡~waiting for you あらすじと登場人物一覧


韓国ドラマ、【ひと夏の奇跡】は5話もまたとっても感動的でした。ずっとハマっていた日本のドラマが終わって寂しくなっていたところなので、このドラマに出会えて本当に嬉しいです。毎日お昼が楽しみでなりませぬ


以下早速5話のネタバレですひと夏の奇跡のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


なんとなんとミンジュンとテフンは兄弟でした!もしおばさんの妄想通り、グォンピョがヘソンを轢いた犯人だとするなら、ミンジュンもまたヘソンの仇の息子となってしまいますね~。それではなんとも切ないので、妄想は外れてくれて構いません


とはいえ、ミンジュンの話によれば、ヘソンを轢いたとして罪を償った「運転手」はミンジュンの叔父だったようなのです。その叔父はこの度亡くなったらしく、ミンジュンはその葬儀に出席しましたが、グォンピョはまったくの無関心でした。叔父は亡くなる前に話があるとグォンピョに会いたがっていたらしいのに、グォンピョはどうせまた金の無心だろうと相手にしなかったのだとか


あ~ますますグォンピョが犯人の可能性は強まりますね父親が悪人で子どもが可哀想(;´Д`)


今後はホバンが徹底的に再捜査してくれるそうです


そのグォンピョがあの場を立ち去った後、ヘソンの胸の痛みは収まりました。ジョンウォンとふたりで家に戻ろうとすると、ジョンウォンの家の大家が、他の住人からも、ジョンウォンの時同様大声で家賃を取り立てています。払えないなら出ていけ!それじゃあ怒るのも無理ないわ(;´Д`)


ジョンウォンはとばっちりを受けては大変だとヘソンをレストランに連れていきました。そこでジョンウォンはヘソンのためにボンゴレパスタを作ります


見た目は美味しそうにできました(^^)/


出来上がったパスタを前にしたヘソンは、絵は止めたのか?と尋ねました。ジョンウォンはかつて美大を目指していたのだそうです。


ジョンウォンは、自分のせいでヘソンが死んだと思い込み、美大に行くのが無意味に思えたのだと打ち明けました。その後ぶらぶらしているうちに、ちょうど5年前、ヘソンが生きていたら何をしているだろうと思ったそうです。そこで浮かんだのはコック服を着て料理をするヘソンの姿だったのだとか


そこでジョンウォンはその日に料理学校の門を叩き、今に至っているそうです。どんなに怒られても、コック服を着ているだけで、ヘソンと一緒にいられる気がして安らいだと語るジョンウォン。あんたの代わりにを叶えたかった


ふたりがパスタを食べ終わった頃、父との会話に嫌気がさしたミンジュンが、店で酒でも飲もうとやってきました。


ジョンウォンとヘソンは慌てて皿を片付けてテーブルの下に隠れますが、匂いは残っています


ジョンウォンだけ出てきてなんとかごまかそうとしましたが、ミンジュンがワインを勧めたため、かつてのふたりの「奇遇」を思い出したヘソンは、ジョンウォンの代わりにワインをがぶ飲みしてしまいました。お前は酒を飲むな!


すっかり酔っぱらって出てきたヘソンはミンジュンの家に泊めてもらうことになりました。ジョンウォンはジンジュの家に泊ったようです。


翌日ヘソンはスジ(キム・ヘジュン~チャン・ヒョンジュ@浪漫ドクターキム・サブ)とヨンインに会いに行きました。


スジは、ヘソンが気づかないのを良いことにヘソンをからかってその頬にキスをします。相手が「きれいな女子高生じゃなければ、その行動からヘソンも気づいたはずなのにね~。スジは昔からよくヘソンのほっぺにキスをしていたのだそうです


一方、テボクの父=マンソクは容体が急変したらしく、病院長のイ・ゴンチョル(キム・ビョンセ~明宗@武人時代)は気管切開をしようと言い出しました。マンソクの担当医はヨンジュンです


マンソクは身寄りのない独り暮らしという届け出で、費用は「知人」(テボク?)が負担していたらしいですが、オペをするとなると家族の同意が必要だとヨンジュンが言い張りました。院長は担当医がサインをすれば問題ないと反論しますが、ヨンジュンは頑なに拒否をします。


テボクを気の毒に思ったヘソンはヨンジュンに、テボクがマンソクの父親だと伝えました。この人は僕と同じなんだ。助けてくれとは言ってない。悔いの残らないよう手術してやってくれ。


それでもヨンジュンは保身の方が大事らしくキッパリ断ったため、ヘソンはついに、この願いを聞いてくれたら今後一切顔を出さない、兄だとも言わない、と懇願します。


その時は「俺にも人生がある」と立ち去りましたが、実際には手術の許可を出してくれたようです。


テボクは何度も何度もヨンジュンに礼を言い、マンソクの側に付き添っていたところ、マンソクがゆっくり目を開けました


テボクは必死に声を掛けます。マンソク、アボジだ、分かるか?これまで苦労しただろう。すまなかった。お前を残して死んですまなかった!!本当にすまなかった!


看護師たちがテボクを追い出そうとしたその時、マンソクは、他の人には聞こえないほどの小さな声で、でも聴覚が優れているテボクには十分聞こえる声で「アボジ」とつぶやきました。これを聞いたテボクは大いに喜びます


そうだマンソク!お前に会いにまた来るぞ!!頑張るんだ!!


テボクは泣きながら走ってきてヘソンを抱きしめました


ヘソン、おまえのおかげだ!ありがとう!!息子が父親だと分かってくれた!


テボクからヨンジュンに礼を言ってくれ、弟を許してやれ、本当は良い人だ、と言われたヘソンは感激して早速ヨンジュンに会いに行くのですが、ヨンジュンはヘソンを無視して立ち去っていきます。もう二度と会いに来ないと言ったのを忘れたかとでもいうように


ショックを受けたヘソンはジョンウォンに電話をかけました。ジョンウォンは電話に出ることができなかったため、今会いたいのに、会って顔が見たいのにスマホは壊れちゃったのね(;´Д`)とのメッセージを残します。


家の前で待っていると言ったヘソンでしたが、実際には店の前に来ていました。


急いで帰り支度をして店を出てきたジョンウォンは、うなだれていたヘソンに声を掛けます。ヘソン!


何かあったの?と尋ねるジョンウォンにヘソンは何でもないと答えながら、そのジョンウォンの顔が引きつっていたことに気づきました。お前こそどうした?


その日ジョンウォンは抜き打ちで昇格試験を受けさせられました。いきなり賄いを作れと命じられたジョンウォンは、それでもミンジュンに特訓をしてもらったボンゴレパスタを一生懸命作りましたが、ちょっとの差で不合格になってしまったそうです


スーシェフのアン・ムングァン(ミン・ジュノ)からは、もう辞める潮時だとも言われたそうです。お前が上に上がれないと後輩たちがつかえて可哀想だ


ヘソンは、仕方ないさ、次頑張ればいいと励ましましたが、ジョンウォンは、代わりに頑張りたかったのにごめんね、と謝りましたちっともうまくならないの(/_;)


その目からは涙がこぼれ、ジョンウォンはヘソンの方にちょこんと顔をのっけますこのシーンがまた素敵だった( *´艸`)。ヘソンはジョンウォンを抱きしめ、「代わりに」などと思うなと諭しました。


戻ってきただろ?自分のために生きろ。応援するから。


そこへミンジュンが降りてきて、見上げたヘソンと見つめ合います。



あ~ジョンウォンとヘソンが本当にお似合いすぎて見ているだけでホッコリします

いつまでもこのままでいてほしい


ひと夏の奇跡」は続きもとっても楽しみです



ひと夏の奇跡~waiting for you DVD-BOX1、2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ