2019/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>

ひと夏の奇跡 あらすじと感想 第6話 花火大会

ひと夏の奇跡~waiting for youのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ひと夏の奇跡~waiting for you あらすじと登場人物一覧


韓国ドラマ、【ひと夏の奇跡】は6話もまたとっても良いエピソードでしたねひと夏の奇跡が面白い♬。以下ネタバレのあらすじですネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ミンジュンが、抱き合っている二人を怪訝そうに見ていたため、ヘソンは慌ててジョンウォンから離れました。ジョンウォンもそっと涙をぬぐいます。それでミンジュンは事情を察したらしく、ジョンウォンは今日辛いことがあったのだと、いかにも大人らしくヘソンに説明しました。ヘソンも聞きました、と答えます。


ミンジュンもジョンウォンに話があったようですが、また明日にしようといって帰っていきました。ヘソンとジョンウォンは道端のベンチに腰掛けて今日の報告をしあいます


ジョンウォンは、テストに落ちて泣いたのは、ヘソンに合格した姿を見せたかったからだと伝えました。


でも1つ分かったことがある。あんたのためじゃなくて自分のために生きいるべきだと。だからあんたもそうして。兄弟のことばかり考えずに


ジョンウォンはヘソンの落ち込みの原因は兄弟のことだと気づいていました。ヘソンがヨンジュンの事を話すと、きっとそのうちヨンジュンから会いに来る、と断言します。あの子は優しい


ジョンウォンはヘソンに、これから泣くときは私の前だけにしろと命じました。ヘソンの頭を撫でながら「あんたは悪くない」と励まします。だからあんまり苦しまないで


じっと見つめ合っているうちに、互いの顔の近さに気づいた二人が、慌てて前を向いて立ち上がったのは可笑しかったですね~


帰らなきゃ。そうだな、もうこんな時間だ。やけに暑いわ。熱帯夜だな


翌日ホバンがソウルにやってきました。念願の刑事に昇格したのだそうです


そのホバンが言うには、やはり、ヘソンを轢いた罪で逮捕された「運転手」はミンジュンの叔父だったようです。ホバンが調べに行った時は葬儀が開かれており、その妻が、夫は轢き逃げなどしていないと、つい、漏らしてしまったそうです。


ヘソンが、あの事件には何か裏があると考えていたところにテボクが現れました。テボクはマンソクと話をしたと嬉しそうです


そのテボクはヘソンに、胸が死ぬほど痛むのは、その時近くにヘソンの死に関わった人間がいるからだと教えてくれました。漢江で溺死したテボクは、漢江の側に行くと同じ症状が出たそうです。でもその痛みは日が経つにつれ次第に弱まっていくのだそう。


ヘソンは、あんなにジョンウォンに言われてもまだ、弟妹のために何かできないかと歯がゆく思っていたようですが、その延長のように、スジが「移植」を必要としているらしいというのが気になりましたね。かかりつけの病院はヨンジュンの病院で、院長が主治医らしいですが、移植をするなら家族の臓器の方が適合しやすいというのがまた意味深です。


またヘチョルはソルロンタンの店に就職しました。頑張って真面目に働いて一日でも早くゴンジュと一緒に暮らしたいというヘチョルを応援しようと、ヘソンは早速ジョンウォンを誘って店にやってきます


がその店の店長の甥がヘチョルの過去を知っていて、店長に告げ口しました。コイツはチョンホでは札付きの悪だった


ヘチョルが過去のことは謝ると頭を下げたため、店長はこれから真面目に働けばいいと言ってくれたというのに、この甥はヘチョルの兄=ヘソンは人殺しだ、と教えます。こんな奴は追い出して


そこでジョンウォンが先に店に入ってきました。ヘチョルはこの話を聞き流せずに猛抗議します。兄は人など殺していない!俺は兄さんを信じている。謝れ!


怒った店長は、もうお前はクビだとわめいたため、ジョンウォンはヘチョルを連れ出そうとしますが、ヘチョルは納得できません


そこへもってきてこの甥は「(ヘソンは)罰が当たって死んだんだろ」とあざ笑いました。ヘチョルはもう我慢できず、店で大いに暴れていたところに、何も知らないヘソンが入ってきます。


ヘソンは、理由も知らず、ヘチョルを叱りつけました。でもヘチョルもジョンウォンも、ヘチョルが暴れた理由を口にできません。言ったらヘソンが悲しむことが分かっていたからです


もう皆大人なのよ、エラそうにしないで!


その言葉にショックを受けながらも、ヘソンはホバンに後処理を頼んだそうです。ジンジュが外泊したと悩んでいたホバンはジョンウォンを呼び出したついでにその話を伝えました。ジンジュはホバンに生まれたままの姿を見られて以来、ホバンに冷たく当たるのです


ホバンに会うことになっていたヘソンは、ふたりが話しているのを遠くで聴いてしまいました。ヘチョルが自分のために喧嘩したと知ったヘソンは、早速ヘチョルに会いに行きます。ヘチョルは既に次の店を見つけて働いていたようです。


信じてくれてありがとう。怒ったりしてごめん。お前たちのためにも必ず犯人を捕まえるヘチョル、ありがとう


またヘソンはジョンウォンを花火大会に誘いました。その大会は今年で12回目を迎えるそうで、第1回の大会も本当はふたりで行こうと約束していたのに、その10日前にヘソンが亡くなったため、行けなくなった曰く付きの大会なのです


ジョンウォンは、本当は花火が大好きなのに、それ以来もう二度と見ないと心に誓っていたそうで、ヘソンが誘うとようやく見られると嬉しそうに笑いました。永遠に行けないと思ってた。やっと行ける


ヘソンは、昔ジョンウォンがMP3を持っていって音楽を聴きながら見ようと言っていたのを覚えていて、ヨンインに頼んでMP3を持ってきてもらいました。


が、ヘソンはそこでまたしても胸の痛みに襲われます。またグォンピョがビルに入ってきたのです。ヘソンはテボクの言葉を思い出して、近くに犯人がいるのではないかと探し回りましたが、グォンピョはエレベーターに乗ったため、痛みはすぐに遠のいてしまいました


どうしたものかと歩いていたところで、ヘソンはばったりテボクに出くわします。マンソクが亡くなったのだそうです。


ヘソンはテボクと病院へ行き、遺体が運ばれるのを一緒に見守りました。ヘソンに礼を言いながら涙するテボクをヘソンは放って置けません。するとテボクは、そろそろあちらの世界に戻る時が来たと語りました。力が弱ってきたのだそうです。戻る時期は一定しておらず、一カ月で戻る者もいたそうです。


だから、やりたいことは決して後回しにするな。次はないと思え


テボクは、花火に出かけるつもりだったがテボクが心配で置いていけないと語ったヘソンに、もう一度この言葉を繰り返しました。行け


その言葉に背中を押されてようやく立ち去ろうとしたところ、ヘソンはまたしても激しい胸の痛みに襲われました。痛みがすぐに遠のいたことから、その人物がエレベーターで移動したのではないかと非常階段を使ったところ、「健康診断」のフロアに辿り着きます。


そこにグォンピョとその妻のユン・ミナ(パン・ウニ~ヤン・ミヨン@匂いを見る少女)が健康診断を受けに来ていたのです。どうやらミョンオクは、身寄りのないヨンジュンではなく財閥の息子のテフンと娘のソウォンを結婚させたいようですね。


目の前に犯人がいると知りながら、もうすぐ花火大会が始まるとのジレンマに悩むヘソンジョンウォンと犯人のどちらを選ぶべきか?。しかも胸の痛みは増すばかりなのです犯人に近づいていることは間違いないのに!( ;∀;)


が、そこで人とぶつかってMP3を落としてしまったヘソンは、ジョンウォンの言葉を思い出しました。永遠に行けないと思ってた。やっと行けるあんなに楽しみにしているジョンウォンの期待を2度も裏切れない!


ヘソンは意を決して花火大会の会場へひた走りました。が、そこにジョンウォンの姿はありません


ジョンウォンはレストランの仕事が忙しくて、ぎりぎりまで働いていたのです。その上、ミンジュンが気を遣ってようやく帰してくれたというのに、そのミンジュンが車にはねられたのを目撃してしまいます


んも~ここは花火大会が交通事故を引き寄せているのではないかと憎らしくなるほどでしたねなんでまた邪魔が入るんかな~(;´Д`)


ひと夏の奇跡」は続きもとっても楽しみですね



ひと夏の奇跡~waiting for you DVD-BOX1、2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ