ブラックリスト3 ネタバレと感想 第13話 アリステア・ピット

ブラックリストのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: ブラックリスト(The Blacklist) ネタバレと登場人物リスト


ジェームズ・スペイダー主演の【ブラックリスト3】の13話は「アリステア・ピット No. 103」(Alistair Pitt)です。今回は、役者が豪勢なわりに内容は今一つ~な感じでしたが、これまでの経験から行くと、こうしたエピが後につながったりするのですよね。以下ネタバレのあらすじですブラックリスト3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ブラックリストNo.103のアリステア・ピット(Tony Shalhoub~エイドリアン・モンク@名探偵モンク)は仲介屋(negotiator)というより仲人(matchmaker)みたいでしたね。今回はマッズ・エリクソン(Ronald Guttman~ヴィクター@ホームランド6)が率いるエリクソン一家と、ダニー・ヴァカーロ(Vincent Curatola~トーマス・ポリティ判事@グッドワイフ4)率いるヴァカーロ一家の長年にわたる抗争を納めるとしゃしゃり出てきて、両者の末っ子同士を結婚させるよう提案しました


ヴァカーロの妻、マリアナ(Molly Price~レナ・セスカ検事@グッドワイフ5)は猛反対ですが、娘のアリシア(Allison Strong)は喜んでこの縁談を承諾します。アリシアの兄ハッピー(Collin Ware)はつい先日エリクソン一家に殺されたばかりだったため、何かの役に立ちたいと考えていたのだそう。


こうした抗争を納めるための縁談はアジアやアフリカでは珍しくないというサマルの言葉には苦笑させられました


Arranged marriage has been a tool of peacekeeping and empire-building for centuries. It's still practiced in many parts of Asia, Africa, he Middle East.
お見合い結婚は長い間、平和実現や権力拡張の手段だった。これは今でもアジアやアフリカ、そして中東の各地で行われている。


が、エリクソンの末息子、クリストファー(Jake Robinson)にはアナ・ガードナー(Abbi Snee)という看護師の恋人がいたため、アナがこの縁談の邪魔になると考えたアリステア・ピットは、マッズを説得してアナを殺してしまいます


その後ふたりの婚約パーティーを兼ねた顔合わせが行われ、マッズに恩を売ってパーティーに出席したレッドはそこでアナ殺害の真相を暴露しました


それでなくても和解などとんでもないとエリクソン一家を皆殺しにしようとしてたヴァカーロ一家が発砲し始めると、FBIが乗り込んできます。これでふたつのファミリーは全員逮捕されました


レッドはこの混乱に乗じてこっそりアリステア・ピットを連れだします。彼はアリステア・ピットに個人的な恨みを抱いていたのです


どうやらレッドにはジョセフィーン・モリエール(Stephanie Szostak)という恋人がいたらしいのですが、このジョセフィーンもまたアリステア・ピットの「仲介」のために命を落としてしまったらしい。


ジョセフィーンの父親は東欧で武器商人をしていたそうですが、強力なライバル、ストックウェルとの争いが絶えなかったため、アリステア・ピットがジョセフィーンとストックウェルの一人息子、ガブリエル(Timothy John Smith)を結婚させたのだそうです。


が、このガブリエルはとんでもないサイコ野郎だったため、ジョセフィーンはコイツに殺されてしまったそうです


レッドがジョセフィーンからの電話で駆けつけた時にはすでに遅く、ジョセフィーンはこと切れていたそうです。レッドは即座にガブリエルを殺し、この悲劇を招いた張本人のアリステア・ピットを殺そうと、ジョセフィーンが殺された部屋を買い取ってその時を待っていたのだそうです


こうしてレッドは(また)FBIに協力するふりをして、自分の恨みを晴らしました


また今回の対象者がマフィアということで、FBIはDEA(Drug Enforcement Administration~麻薬取締局)の協力を求めましたが、その中の一人のタッカー(Joe Holt~ドナルド・パール@グッドワイフ5)が、リズを見るたびに「comrade Rostova」(同志ロストヴァ)と呼びかけるのが実にうざったかったですね


例外はありますけど、アメドラに出てくる男性は女々しいキャラが多いですよね~


その一人のトムは()、なんとなんと、ジーナに仕事を紹介してほしいと頼んだそうです


一度は捨てておいてなんと虫のいい話だと怒りながらも、折しもガードが堅いことで有名な「レインダー・デグルート」から宝石を盗む計画を進めていたジーナは「善人面」のトムを仲間に引き入れました。


ここの代表のギアート・クラーケン(Ray Proscia~ドクターミラー@Revenge4)は実に冷酷な男で、12年前に泥棒に入った者が皆殺しにされて以来、誰もこの店には近寄ろうとしなかったらしい


この仕事はそもそも「少佐」の命令だそうで、ジーナは4か月間念入りに準備をしてきたそうです。どうやら既に50万ドル分の宝石を盗んだらしく、それを捜査するという口実でトムをFBIに仕立てました。


トムがFBIを名乗ってジーナを捕まえたシーンは見ものでしたねFBIだ!( `ー´)ノ)。クラーケンは、仲間を捕らえるためだというトムの言葉にまんまと騙されて、最高級の宝石が保管されている地下の金庫に案内してくれます


トムはクラーケンを倒し、ジーナとその一味はまんまと宝石を盗み出しました。でも果たしてジーナ、そして少佐がトムを本当に許してくれるかどうかは甚だ疑問でござりまするが


一方、凛々しい女性陣(?)のリズとサマルも、今回ばかりはちと参っていたようです。


リズは、ようやく良い養子縁組先を見つけたと思ったのに、赤ん坊の母親がエリザベス・キーンなら、縁組後はすぐに縁を切りたいと言い渡されてしまったそうです。養子に出しても子どもの成長は見守りたいと願っていたリズは途方に暮れてしまいます


またサマルは、元カレのリーヴァイ・シュールとディナーに行ったら、リーヴァイはサマルと別れて1週間後につき合い始めた女性と婚約していたそうです。これはやっぱり、善人そのもののアラムにしておきなさいという神様のお告げでござりまするね


次回の放送は1月9日になるそうです。今年もブログをご利用頂きましてありがとうございました。どうぞ皆さま良いお年をお迎えくださいませ



ブラックリスト SEASON 2 ブルーレイ コンプリートパック [Blu-ray]


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ