まんぷく ネタバレと感想 73~77話 生きてさえいればでちょいと肩透かし?

NHK朝の連続テレビ小説、まんぷくは本日放送の77話まで(13週)見終わりました。これが年内最後の放送になるようです。だからなんとか収めようと思ってのことなのか、個人的にはちょっぴり肩透かしの展開に終わってしまいました。以下感想とネタバレです


以前も同じように感じた気がして(#42~47)、めずらしくちょいと調べてみたところ、同じ演出家の方(安達もじりさん)でした。ドロボー世良に腹を立てて、ぶちのめしてやる!と怒っていたのに、翌週にはあっさり「憎めないんだよねで終わってしまったとこだす


ま、それはそれでいいんですけど、せっかくあそこまで盛り上げておいて「生きてさえいれば」で収めちまうのは、ちょっともったいないですよね~大人の対応過ぎて、子どものおばさんとしてはスカッとしません


今回財務局はついに萬平と福子の個人資産を差し押さえると乗り込んできました


おばさんは法的な問題はよく分からんけど、もし「たちばな栄養食品」が負債を出して倒産したというなら、まだ話は分かりますよ。債権者へ返すために個人の資産を差し押さえるというなら理解できるんですが、既に進駐軍に7万もの追徴課税を払っているのに、なぜまた税務署にも税金払わんといかんのだす?


そもそも、なんで進駐軍が日本の会社から税金を取り立てなきゃならんのだす??


いくら敗戦国とはいえ、そんな理不尽がまかり通っていたとは思えんのですが???でもそうだったんだな~きっと(;´Д`)


怒った東は国を訴えることにします。もちろん萬平も承諾しました。僕は何も悪いことはしていない!!


タカと克子、そして鈴も、もう一度財務局が来たら戦ってやる!と、なぎなたの訓練を始めました。私は武士の娘の娘の娘です!タカちゃん、可愛い~( *´艸`)


どうやら克子はタカを東京帝大にも入れて「最強の女子(おなご)」にするつもりなのだそうです


その後、東の調べで「奨学金は非課税」という大蔵省からのお達しが出ていたことが分かったそうです。財務局がそれを知らない訳がないですよね。いくら進駐軍からごり押しされたとはいえ、それじゃ単なる「ドロボー」でしょう


世良と東がマスコミに働きかけて、萬平の逮捕は不当だという記事がバンバン報道されました。これに困りはてた財務局は、初めて進駐軍に文句を言います


Whatever you said, it was wrong to arrest him!
あなた方が何と言おうと彼を逮捕したのは間違っていたんだ!


これで進駐軍はついに萬平を釈放すると譲歩しました。が、あくまでも訴えを取り下げれば、という条件付きです。ということは、追徴課税の10万円を支払わなければならないということです


萬平はキッパリ断りました。あれは僕だけのお金じゃない。僕のために手放したら皆に申し訳が立たない!!僕は断固戦う( `ー´)ノ


そうだそうだ、負けるな萬平っ!!おばさんが応援しとるでー!( `ー´)ノ


と大いに気炎を揚げていたというのに、福子は萬平を諫めに行きます。その手には生まれて間もない「幸」を抱いていました。子の名前には福子の「福」と合わせてふたりが「幸福」になるようにとの萬平の願いが込められています


萬平と福子をずっと応援してくれていた三田村が亡くなる前に福子にこう語って聞かせたのだそうです


生きてさえいればなんとでもなる。どんなことがあっても笑っていなさいよ。


福子は、発明家の萬平が牢にいるのは死んだも同じことだから、ここは何としても自由を手に入れて真の意味で生きるべきだと説得しました。


確かにそう、福ちゃんの言うことは正しいんですけどね~。鈴並みに人間ができていないおばさん的には、やっぱり承服できんわ~。もう少し粘ったら、あるいはもっと大きなうねりになって国を倒せたんでない??でも萬平は政治家じゃないのよね(-_-;)


でもそれは戦後生まれのおばさんだから言えることであって、当時はやはり「お殿様に歯向かう」には陰腹を切るぐらいの覚悟がなければできなかったのかもしれません


実際、萬平のモデルとなった安藤百福氏も、萬平同様最後まで戦うという決意を見せたものの、家庭のことを思って断念されたそうです


なんとかこの悔しさをバネにして、今度は足を引っ張られないように、ますます高みを目指して頑張ってほしいものですね。予告では「理事長」という言葉が聞こえましたが?


年明けの放送は1月4日からになるそうです。新しい顔ぶれも見えていたようですから、楽しくなるとよいですね。どうぞ皆さま良いお年をお迎えくださいませ


よかったら見てね

←12週のレビュー  14&15週のレビュー→


 
朝からこの歌を聞いて福ちゃんの笑顔を見ると元気になれます


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 1件

コメントはまだありません
こん
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、こんにちは~♬

ね~やっぱりちょっと不完全燃焼でしたよね~(;´Д`)。
そういう時代だったのでしょうけどね~。
ある程度史実だから、スカッとは行きませんでしたね。

カップラーメンができるまでは「じっと我慢の子」でござるね(^_-)-☆。
来年も楽しみですね(^^)/。こん

2018/12/29 (Sat) 07:05 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ