ブラックリスト3 ネタバレと感想 第14話 レディ・アンブロジア

ブラックリストのネタバレと登場人物はこちらからご覧いただけます: ブラックリスト(The Blacklist) ネタバレと登場人物リスト


ジェームズ・スペイダー主演の【ブラックリスト3】の14話は「レディ・アンブロジア No.77」(Lady Ambrosia)です。これまたひどい話でしたね~。同じ犯罪者でももう少しスカッとする例はないのでしょうか。この手の偽善者はサイテーですね


また内容とは全然関係ないんですが、リズが一瞬ジェーン私はラブリーガルに見えてしまったのはおばさんだけでございましょうか。妊娠中だからでしょうか


戯言はさておき、以下ネタバレのあらすじですブラックリスト3のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


レディ・アンブロジア(Celia Weston~ミセスムーア@アンダーザドーム)は障害を持つ子どもを集めては12歳まで育て、12歳の誕生日に「蝶になる儀式」を行って彼らを殺すという犯罪を繰り返していました


儀式を行う子どもには「さなぎ」の扮装をさせ、彼らを突き落とした井戸の中には「肉食の蝶」の幼虫を入れておくという念の入れようです。その肉を食らって飛び立つ蝶を見た子どもたちは本当に蝶になったと大いに喜んでいたそうです


その手助けをしていたのがアンブロジアの夫のノア・シュースター(Mark Blum~ジュリアス・クロイツァー@グッドワイフ1)です。


シュースターは障害者を預かる施設に勤務していて、夫の了解を得られないばかりに施設に子どもを預けられない妻を探しては、夫に成りすまして書類にサインをして子どもたちを引き取っていたらしい。それでほとぼりが冷めた頃にその子たちを死んだと公表してアンブロジアに渡していたようです


そうした子どもたちのうち3名が、このたび親元に戻ってきました。彼らを逃がしたのはアンブロジアとシュースターの実の息子のテオドア・ジェームズ(Gabriel Ebert)です。アンブロジアをこうした犯罪に走らせたのもこのテオドアがきっかけだったそうです。


当然、そのうちのひとりのイーサン・リンリー(Hays Wellford)の母ジェニー(Maria Dizzia)は話が違うとシュースターに怒鳴りこんできました。夫のジョージ(Neal Huff~リック・ドーニス@Forever)はジェニーがイーサンにかかりきりになれるように必死で働いていたらしいのに、ジェニーはそのジョージを騙してシュースターにイーサンを預けたのだそうです。シュースターとテオはジェニーを殺してしまいました。


そのテオドアには水泳の得意な兄がいたそうですが、ふたりがカヌー遊びをした際、不運にもその兄が溺れてしまったのだそうです。アンブロジアは、どうせ死ぬなら精神に障害を持つテオドアが死ねばよかったと、何度も本人に聞かせたそうです


そのうちにアンブロジアは、テオドアのような人間は子どものうちに殺した方がよいと思い込んだらしい。でもテオドアは成長するにつれて母の罪に気づき、最後にはその母を殺して井戸に投げ込み、自分も井戸に飛び降りました


Theo, you are entitled to as much as anyone--happiness, joy, a mother's love.
テオ、君にも他の人々と同じように幸せや喜び、そして母親の愛を受け取る資格がある


レッドの言葉が少しはテオドアの慰めになったと思いたいです


レッドがこのアンブロジアを捜すにあたり、グレンがまたイヤイヤながら協力してくれました。お礼は「two young ladies you will never forget-- soft, warm, blond, and willing」(二人の若いレディだ。君が忘れられないほど柔らかくて温かくブロンドで野性的)なワンコです。

また可愛いんだこれが( *´艸`)


These little marshmallows are gonna get my weenie roasted.
(さすがに直訳はちょっと・・・可愛いこいつ等がいれば女が寄ってくる、くらいで正解だすな


ああ見えてグレンはかなりの動物好き~そう見せかけると女性にもてるから?~でシュースターを拷問した時は、アルパカみたいなラクダ系を連れていました


今回レッドがアンブロジアを捜させたのには、いつも通り、理由があります。ハロルドもそれに気づいていたようですね


レッドの目的はアンブロジアのコロニーにいたアーニャ・パティンカ(Gracie Beardsley)を助けだすことでした。口がきけないアーニャの母親、バシリア・パティンカ(Jelena Stupljanin)は元KGBのエージェントで、レッドは彼女からリズの母親の情報を引き出したかったのです。


実際アーニャを救い出してバシリアに送り届けたレッドは「ロストヴァ」のファイルを受け取りましたが、それを見て出た言葉は「It just keeps getting worse」(状況は悪くなるばかりだ)


一方、ジーナと宝石を横取りしたはずのトムは、そのジーナに裏切られて撃たれてしまいました。いや~これは当然ですよねトムが甘すぎ(;´Д`)


またリズはようやく将来も子どもと関わらせてくれるという養父母を見つけましたが、レッドは自分で育てるべきだと考えているようですね。でもね~イーサンのためにワッフル焼くのにキッチン焼くようじゃ、心配で任せられませんね


ブラックリスト3」は続きもとっても楽しみですねブラックリスト3も楽しみ♪



ブラックリスト SEASON 2 ブルーレイ コンプリートパック [Blu-ray]


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ