2019/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>

3年A組~今日から皆さんは人質です 感想とネタバレ 第2話 想像力を育てる授業

菅田将暉さん主演の【3年A組~今日から皆さんは人質です】~2話では少し話が見えてきました。正直申し上げて1話はただうるさいばかりで柊の感情が全く伝わってこなかったのですが、今回は人間らしいところが垣間見えて少しずつ共感することができました3年A組がようやく面白くなってきた♪


以下ネタバレのあらすじです3年A組のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


その人間らしさを引き出したのは柊の(元?)恋人=相楽文香(土村芳~堂本志野@この世界の片隅に)の存在です


刑事の郡司は柊が魁皇高校に来る前に勤務していた高校へ行き、校長に話を聞きました。すると校長は、柊はとても良い教師だったが、転勤した後で、付き合っていた女教師=文香に暴力をふるっていたことが発覚したと打ち明けます。そのせいで文香は心を病み、自宅で療養しているのだそう。


1話で魁皇高校の前に集まった野次馬の中にいた男性(矢島健一~小林平八郎@薄桜記)が文香の父の孝彦だそうです。孝彦は郡司に柊は恐ろしい人間だと語りました。


冒頭でも触れたように、これまでは決して感情を露わにしなかった柊が、文香からの電話に激しく動揺します。文香自身ではなく、郡司が文香の携帯を借りてかけてきたのです。文香と話したのかっ!?


柊は今回その文香の動画を何度も眺めていました。その中で文香は生徒たちにしてあげられるのはぶつかり合うことだけだ、人と人として体と体を使って言葉を交わすことだと語っています。まさに柊が今していることがこれなのでしょう。


まあ、学校に爆弾を仕掛けること自体、たとえどんな目的があろうとも「恐ろしい人間」ですけどね


その目的は今回より一層明らかになりましたね。「澪奈が何故死んだのか」をクラスメートひとりひとりに問いかけることで、彼らのを暴こうとしている。彼らの罪は、具体的に刑事罰になりえるものもあるかもしれませんが、そうでないものがほとんどです。


苛めも、苛めを傍観していたことも、当事者にとっては耐えがたい苦痛なのに、苛めている方にはその自覚がない


苛めには暴力で~という思考はさすがのおばさんもどーにも受け入れがたいのですが、他人の痛みをとことん理解するためには、やはり自分が同じ目に遭ってみないと分からないという結論に達したのは理解できます。でもね~ほかにやり方はなかったと?と思わずにいられませんが、ドラマに言ってみても始まりませんね


今回柊は、澪奈のドーピングをSNSで広めたのは誰か、と皆に問いかけました。前回同様、8時までに犯人を特定しなければ、誰かを殺すと宣言します。


でも生徒たちは、前回柊が中尾を殺したことも信じていませんでした。が、柊は片手をポーンと投げてよこし、それが中尾の手だと言わんばかりに脅します。ホルマリン漬けにすれば臭わないからな


あの時あの子たちにあの片手を拾う勇気があればね~真実が明らかになったでしょうに。やっぱりそこらへんは子どもでござるね


結局、ドーピング疑惑を広めたのは、かつて澪奈の親友を自負していた宇佐美香帆(川栄李奈~神保愛@ごめんね青春!)と判明しました


これは1話でもなんとなく分かっていましたよね。香帆は、自分の人気を上げるために澪奈と仲良くしていたため、それに気づいた澪奈が距離を置いたのです


そんな澪奈が皆から「奴隷」呼ばわりされているさくらと仲良くし始めたのを見た香帆は怒りをこらえられず、SNSを使ってあることないこと澪奈を中傷した上、澪奈のシューズをトイレの水につけたり、水着を切り刻んだり、部屋に石を投げ込んだりしたのだそうです


澪奈がもう止めてと頼むと、あんたが死んだら止めてあげると答えたのだとか


さすがにそこまで聞くと、こんな馬鹿は暴力に訴えなきゃわからんっ!と思ってしまいましたね~このバカタレ!( `ー´)ノ


香帆が犯人だと気づいたさくらが、その香帆を庇って自分が犯人だと名乗り出たのが幸いでした。だって澪奈を取られた挙句、その相手に庇われるなんて香帆のような少女には我慢できないでしょうからね


柊はそれでも教師らしく香帆を導こうとします。お前は自分のしたことがどれほど彼女を傷つけたか想像したことがあるか?


そうそう、想像力の欠如した人間に分らせるためには、実際に体験させてみるしかありません


しかも澪奈は香帆のことを恨んでなかったのだそうです。黙って香帆の元を離れるのではなく、「本当の友達が欲しい」と伝えればよかったと柊に語ったそうです。


香帆は澪奈に自分の好きなキャラクターの入ったハンカチをプレゼントしたそうです。でも澪奈はそれを受け取らなかったばかりか、同じもので色違いのハンカチを、こともあろうにさくらに贈ったのだそう。それを見た香帆はますますブチ切れるわけですよ


でもね、澪奈はさくらにこう語ったそうです。これは私の大事な友だちが好きなキャラクターなのよ。


澪奈はずっと友達だと思ってたんだよ。あなたのことなんでもっと本音をぶつけなかったのかしらね~(;´Д`)


どんなに悔やんだところでもう澪奈は戻ってきませんが、少なくとも今度こそ香帆は自分がどんなにひどいことをしたのか、身に沁みたに違いありません。


その香帆がドーピングの投稿をした際、動画を添付したらしいのですが、その動画は香帆のバッグに入っていたそうです


その動画を撮影した人物が、次のターゲットです。でも柊はあくまでも「他人事」ではなく、本来ならそのような中傷から澪奈を庇って然るべきクラスメートだった生徒たち全員に責任があると教えたいのですね俺はお前たちの教師だから( `ー´)ノ


あちこちにばらまかれる謎解き~柊は熱血教師などではなく単なるサイコ野郎なのか~を楽しむのももちろんですが、このドラマが終わる頃には、皆が、自分の行動に責任を取れる大人、友をいたわることのできる大人、他人の痛みを想像できる大人になれるよう、見守っていきたいです


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ