初めて恋をした日に読む話 ネタバレと感想 やっぱり深キョンは可愛い~♪(第1話)

最近視聴中の韓ドラが増えてきたので、これ以上日本のドラマを増やすのは止めようと、この【初めて恋をした日に読む話】はタイトルからして若者向けだから見なくていいや~と思っていたのですが、一応は予約録画をして寝たんですのよ


今朝その録画を見たらやっぱり深キョンちゃんが可愛くて、ついつい最後まで見ちゃいました。確か彼女ホントはアラフォーですよね?いや~年齢まったく感じさせませんね永遠のアラサーで行けちゃいますね


ドラマの方は、なんとな~く以前の「ダメ恋」に雰囲気が似ているな~と思ったら、原作は漫画だそうだけど、同じ脚本家(吉澤智子)さんでした。


「アラサーの塾講師と高校生のラブコメ」と聞いた時は自分の中では即却下だったんですが()、実際にドラマを見たらそれぞれの悩みもしっかり描かれていて共感できるところもありましたし、なかなか見ごたえがありましたよね。脇キャラもシッカリしたキャストが揃っていましたし


ということですっかり見る気満々の(こちらは正真正銘の)おばさんです。以下ネタバレのあらすじです初めて恋をした日に読む話


主人公は、キラキラ輝いていた高校時代を終えて以来、何もかも失敗続きの32歳、春見順子(深田恭子~浅葱芹菜@専業主婦探偵)です。


東大受験に失敗した順子は、東大出てなきゃ人間じゃないとでも言わんばかりの母、しのぶ(壇ふみ~宮沢美枝子@陸王)に、思い切り横っ面を殴られたそうです。どうやら順子は姉と相当張り合っているらしく、その姉の息子で順子の従兄弟の八雲雅志(永山絢斗~中村晴樹@聖女)が東大に合格していたようです。姉も東大出なのかしらね~親のコンプレックスを押し付けるなんざ、まったく迷惑な話でやんすね


結婚くらい雅志より先に決めてから、形だけでもお嬢様でこのうち出て行きなさいよ。ホントに恥ずかしい娘なんだから


って恥ずかしいのはあなたの方でしょ娘をそんな風にけなすなんてそれでも母親かっ!、とおばさんがあそこにいたらそう言ってあげたいですわ


結局、その母親と同じように「お嬢様大学へ行った順子は、母の期待を裏切ったショックから立ち直れず、何の目的もない人生を送ることになったらしい


その後も、就職活動もうまくいかず、三流予備校・山王ゼミナールの講師となった順子でしたが、なにせ「やる気の無さ」が前面に出ているため、生徒からの人気の無さはピカ一だったのだそうです


塾長の梅岡道真(生瀬勝久~岡英二@重版出来!)からは、このままだと契約解除もあり得ると通告されてしまいました


恋愛面でも、婚活サイトに登録するも、東大卒という肩書で妥協した男からその気持ちを見透かされて振られてしまいます


後に順子が語った言葉がすべてを物語っていましたね


誰かのためとか、誰かのせいで自分の進路を決めたらダメ。私は子供の頃から親の言うとおり、東大に入ることだけを考えて生きてきた。

友達と遊べなくても男の子とデートしたことなくても、東大に入れば皆チャラになるんだって思ってた。

だけど 受験に失敗して人生のプランが真っ白になった時、何にもやりたいことを見つけられない自分に気がついた。

失敗するにしたって何で自分で道を選ばなかったんだろう って。


でも従兄弟の雅志は、そんな順子のことが大好きで、ずっと彼女が気づいてくれるのを待っているのだそうですよ。鈍感な順子はまったくその気持ちに気づきませんが、親友でキャバクラを経営している松岡美和(安達祐実~後藤みどり@マザーゲーム)はさすがに商売柄、分かっていたようですけどね


この美和がまたいいですね。高校時代優等生で東大合格間違いなしと言われた頃、キラキラ輝いていた頃の順子を知っていて、あの頃の順子はどこへ行ったのかと時々渇を入れてくれます


ある日、順子の勤めている塾に、髪をピンクに染めた高校生=由利匡平(横浜流星)が、父親の菖次郎(鶴見慎吾~湊屋総右衛門@ぼんくら)に連れられてやってきました。


お前みたいに恥ずかしい息子がいたら世間に顔向けできないだろ!


公然と息子を馬鹿にするその姿に、順子はかつての母を重ね合わせます


逃げなさい!こんなね、人のことゴミだとか言う人間の言うことなんて聞かなくて全然いい!そんなこと言われて黙ってちゃダメ!( `ー´)ノ


言いたいことをはっきり言わないと、大人になってからパンクの仕方すら分かんない人間になっちゃうからと語った順子に、匡平はすっかり感動してしまいます


とはいうものの、匡平の通っている高校は「名前と九九が書ければ入学できると評判のおバカ高校」だそうで、匡平の知識レベルは中卒以下なのだそう


そんな匡平が東大へ行きたい!と言い出しました。そのために順子に勉強を教えてほしいと頼んできます。オヤジに言われたからじゃなくて、俺が東大へ行きたいから勉強の仕方を教えてくれ( `ー´)ノ


もう塾講師を辞めようと辞表を提出していた順子もようやくやる気になって前言を撤回します


匡平から進路を聞いた担任の山下一真(中村倫也~浅木捷平@下町ロケット)ははなから冗談だと思い込んでいたようですが、この山下もいずれ絡んでくるのでしょうか


友だち思いの匡平のその友達が、順子を「おばさん」と呼んだら睨まれたために「パイセン」と言い換えたシーンがまた楽しかったですね~。でもちょっと走っただけで腰を痛めるのでは「おばさん」呼ばわりされても仕方あらへんね


いや~思いがけず可愛いドラマで大満足です。「初めて恋をした日に読む話」は続きもとっても楽しみですね初恋話~とはならんのかしらん?( *´艸`)


前後のあらすじはこちらから

2話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ