3年A組 ネタバレと感想 第3話 逆境を乗り越えて明日の活力を見出せ!

菅田将暉さん主演の【3年A組~今日から皆さんは人質です】は3話も良いエピソードでしたね。柊の「爆破」が、怪我人を出さないという計算づくでの芝居だと分かってからは、むしろ感動的なドラマになってきました


以下早速ネタバレです3年A組のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


今回はまず、柊が捜一の五十嵐とグルだったことが判明しました。五十嵐は「明日を生きる活力」のために柊に手を貸したのだそうですよ


五十嵐は23年前に離婚しているそうですが、現在27歳だという柊との接点はどこにあるのでしょうか?まさか息子じゃ安易すぎますよね。五十嵐も指摘していたように、たとえ目的が何であろうと、こんなことをしでかした柊はただでは済まないのですから、親だったら止めるでしょう


その五十嵐から、郡司が相楽文香に辿り着いたと聞かされた柊は、それは厄介だから退場してもらおうとほくそ笑みました。郡司に責任を取らせて捜査から外すつもりのようです


その手始めに、柊は郡司にフェイク動画を撮影した人物の特定を命じました。郡司は直ちに捜査に取り掛かりますが、その過程で、柊の共犯~おそらくは最初に殺されたはずの中尾が「内通者」を装って、郡司をミスリードします


柊は郡司が犯人を特定できなかったという理由から、5人の生徒を指名して殺すと言い放ちました。そのうちの1人の里見海斗(鈴木仁)は澪奈の動画を撮影した人物で、その責任を感じて自分から名乗り出ます。が、この動画を加工して「ドーピングの証拠」をでっち上げた人物は他にいるそうで、その人物が次のターゲットになるようです


柊は里見に加えて4人を指名し、爆発を起こして彼らが死んだように見せかけました。が、実際はこの5人も中尾も生きていて、美術室で鉢合わせすることになります


刑事の五十嵐同様、中尾はおそらく最初から、もしくは途中から柊に共感して芝居をしたのでしょうし、里見もここで改心した、じゃあ残りの4人はなぜ柊に選ばれたのでしょうか。彼らが他の生徒より悔恨の情を見せていたのでしょうか?


その里見についてもう少し詳しく見ていきましょうか。


サッカー部員で長身の里見は女子からの人気は絶大で、その親衛隊までいるほですが、本人は澪奈のことが好きで、彼女に告白したのに振られてしまったのだそうです。いつも澪奈と一緒にいる水泳部の真壁翔(神尾楓珠)が澪奈のBFだと思いこみ、自分より劣っている真壁に澪奈を奪われたと腹を立てた里見は澪奈の後をつけて更衣室に忍び込み、その動画を撮影したのだそうです


その真壁ですが、当時は水泳部のマネージャーをしていましたが、本来は選手だったのが、澪奈のストーカーに恋人だと勘違いされて暴力を振るわれた結果、足をひどく怪我して選手生命を絶たれてしまったのだそうです


その時さくらは真壁を見舞い、これからはマネージャーとして支えていけばいいと励ましたそうです。皆から「奴隷」なんて呼ばれているけど、俺はあいつに感謝している、そう真壁から聞いた澪奈は、その時初めてさくらに注目したのだそうです。じゃあ私も感謝しなくちゃ


そして澪奈はさくらに、自分が真壁の選手生命を奪ったからこそ、彼の分まで努力して1分1秒でも早くゴールする、それが自分にできること(償い)だからと語ったそうです


自分の身に降りかかった不幸を跳ね返して生きる力に変えた~柊は彼らの強さを称え、里見を叱咤しました。お前は逆境を乗り越えようとしたか?


傷ついた悲しみを明日の活力に変えられなかった。それが お前の弱さだ


また柊は、同じように逆境を乗り越えた郡司についても生徒たちに語って聞かせました。郡司はかつて熱血教師だったそうで、たくさんの生徒を改心させてきたそうです。が、ある時ひとりの生徒が他校の集団暴行を受けて亡くなった。郡司は自分を責め、その怒りと悲しみを犯罪そのものに向けることで刑事になる道を選んだのだそうです


その郡司は、目の前で柊が教室の一部を吹き飛ばしたのを見て、必ず柊を捕まえると決意を新たにしていました


こんなクソみてぇな犯罪が二度と起こんねえようによ!


偶然この事件の報道をテレビで見ていた文香は柊をひどく心配していましたが?


さ~て柊が次にどんな授業を用意しているのか、楽しみになってきましたね


前後のあらすじはこちらから

←2話のレビュー  4話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ