七日の王妃 ネタバレと感想 10~12話 もう庇いようがない(;´Д`)

韓国時代劇、【七日の王妃】の10話から12話を視聴しました。10話「悲劇の予言」、11話「守るための隠し事」、12話「結婚と微かな不安」のネタバレのあらすじです七日の王妃のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


チェギョンと晋城大君が抱き合う様子を目にした燕山君は、激怒のあまり、ふたりに婚姻を命じました。どうやらいたくプライドが傷ついたようですね。燕山君は自分がチェギョンに恋をしていることに気づいていたなかったのです


こんなに惨めになる前にどうして言わなかった!


ノクスを責める言葉がいつしかチェギョンに向けられていきました。家族だと思っていた、友だと思っていた、なぜ余ではなく他の男に心を許す!?


ノクスは再び間者に言及し、チェギョンを間者にすればその心は燕山君のものだと唆します。


燕山君はこの世で最も残酷で過酷な婚姻をさせてやると言い放ちました


一方の大君は、チェギョンが「庵主」の呪いで婚姻を拒んでいると知り、困惑していました。燕山君は父の密旨で大君の命を狙い、チェギョンは庵主の予言で大君を拒む。なぜ皆そのようなものに心を煩わされるのだ?


するとソノは、大君もかつて、大人に言われて燕山君を怖れてみて見ぬふりをした、そんな大君に勇気をくれたのがチェギョンだったと指摘します。今度は大君が、迷信や予言より大切なものがあると教えるべき


婚姻するならまずは相手の信頼を得ないとと語ったソノに大君は心から感謝します。もう立派な大人だ


そのソノ、チェギョンと久しぶりに再会できてとっても嬉しそうでしたね~。それはチェギョンも同様です。


その頃燕山君はシン・スグンを呼び出し、もし大君が謀反を起こしたらどちらに付くつもりかと問い詰めていました。スグンは、たとえ大君が娘婿となっても、王への忠誠は変わらないと誓います。


スグンはその昔、成宗が大君のみを可愛がっていた頃、ひとりで寂しそうにしていた燕山君に、もし燕山君が望むなら父にも母にも弟にもなると約束してくれたのだそうです


燕山君は、もしスグンが裏切れば、チェギョンを手始めに一族郎党皆殺しにすると脅しました。


スグンは、何も起こるはずがない、どうか私を信じてほしいと訴えます。


一方のチェギョンは、ついに大君に言い負かされていました。大君は、予言を理由に何とか縁談を断ろうとするチェギョンに、予言がチェギョンの運命なら、チェギョンこそが大君の運命だと切り出したのです。お前は運命の人だ


そこへ、ソノの他の仲間たちがやってきてふたりに手荒い祝福をしました。チェギョンはようやく笑顔を取り戻します。


大君がチェギョンを自宅まで送ると、チェギョンは、本当に後悔しないのか、と念を押しました。お前がいなければ死んだも同然との大君の答えに、チェギョンはようやく婚姻を承諾します


大君はチェギョンの首から指輪を外して約束の「証」にし、チェギョンは、落ちていた小枝を拾って、簪の代わりに髪に差してほしいと頼みました。髪を結うのは結婚した女性の証だからです


大君がアジトの質店に戻ると、そこにパク・ウォンジョンが来ていました。ウォンジョンは、イム・サホンが盗んだ財宝を売りさばく前に、これらを奪って重臣たちに返そうとしていたのです。それで味方を得るつもりのようで、これらを民に施そうとしていた大君と対立します


善政は王になってから施せばいい、今はとにかく王になることが先決だ、チェギョンを利用しているように~そう言われた大君は何も言い返せませんでした。ウォンジョンはミョンヘを大君の妻にしたかったのです。


質店の隠し部屋には、王を頂点にした重臣たちの組織図が張り出されており、敵と味方に色分けされていました。チェギョンの父のスグンは、燕山君側なのでもちろん敵です。チェギョンを悲しませぬためには、スグンを味方に引き入れねばなりません。


その頃、サホンの蔵に忍び込んだ大君の仲間たちは、サホンの部下に侵入を気づかれて後をつけられてしまいました。質店に入っていくサホンを見たチェギョンは、またしても濡れ衣を着せる気か!と近くにあった剣を抜き、サホンを追い返します。スグンに習った剣術が役に立ちましたね


逞しいチェギョンは、夫となる大君を守るために、その方法を直接燕山君に聞きに行きました。チェギョンは、二人の確執の原因は「誤解」に違いないから、その誤解を解きたいと考えていたのです。


そんな健気なチェギョンの気持ちを知った燕山君は嫉妬に狂い、チェギョンに無理矢理口づけをしました


余の目の前にいるのにヨクの話しかしない、手の届くところにいるのに!余はこの国の王だ、何でも手に入れられる!!


あまりの衝撃にたじろぐチェギョン


燕山君はそんなチェギョンに間者になれと命じました。大君が持ついかなる「欲=志」もすべて逆信であり、その行動は謀反に繋がると言い含めます。


これに加えて燕山君はチェギョンに短剣も渡し、晋城大君の謀反の証拠を握ったら殺すよう命じますが、チェギョンは、あくまでも大君の忠誠心を証明するために間者となると承諾し、短剣は受け取りませんでした


この話を立ち聞きしていた大君は、旗揚げを急ごうと決意します。すべてを知られ、チェギョンまで王の手が伸びるようでは、もはや理想を語っている時ではないと判断したのですね。


一方の燕山君も、質店を探りにやってきました。そこにはウォンジョンとミョンヘがいて鉢合わせしてしまいます。


ミョンヘの父はユン・ヨピル(尹汝弼)と言って、甲子士禍の際、連座で流刑にされた人物なのだそうで、燕山君は、家門再興のために大君に力を貸しているのかと指摘しました。ミョンヘは慌てて、つい、大君を助けたのは自分だと説明して墓穴を掘ってしまいます。偽の死体を送りつけて大君の死を偽装したと白状したも同然です


でも燕山君は、それよりも、ミョンヘが大君と親密だという事実にほくそ笑み、わざとミョンヘを見逃しました


その頃チェギョンは、母のクォン氏や乳母のオム氏とともに嫁入り道具を買いに町に出かけていました。クォン氏は、せめて高価な品を買い与え、少しでも大妃の心証を良くしようと心を砕きます


それに加えて燕山君は、ふたりの新居まで用意していました。ふたりが住むには広すぎるほどの屋敷には大勢の女官や内官が配置されています。もちろん彼らも「間者」です。


戸惑うチェギョンに燕山君は、早速仕入れた情報をぶつけました。お前はヨクに騙されているのだ。ヨクを助けたのが女だと知っていたか?


それでもチェギョンは大君を信じようとします。もし隠し事があるなら話してほしいと詰め寄りますが、大君は、チェギョンこそ引くなら今だと問い返しました。


夫婦になったら頼れるのは大君だけなのだから、そんな時は愛を語って慰めるものだというチェギョンに、口だけでなら何とでも言えると反論する大君。チェギョンはますます興奮して、まずは言葉に出してから行動に移す、それを何度も繰り返して夫婦になるのだ、と言い放ちました


王様、私は騙されているのではありません。大君が真実を言える日が来るまで待っているのです


大君は大君で「愛している」という言葉だけは、心から語りたいと考えていました。


そこへ、行方不明だったマッケが現れます。町で大君とチェギョンの婚礼の噂を聞きつけてやってきたのです。大君は秘かにマッケを匿いました。


明日は婚礼という日、大君はチェギョンに「証」を渡しに行きました。チェギョンは待ちきれず、自分から大君に口づけをします


そして翌日、前日一睡もせずにいた燕山君がイム・サホンとともに大君に罠を仕掛けてきました。サホンはソノにマッケの名を騙った文を書いて寄こしたのです。ぐっすり寝ていたソノに代わってこの手紙を見つけたミョンヘは、ソノや大君に黙ってソッキたちと呼び出された場所へ向かいました。そこには燕山君も待ち伏せています


燕山君は式を目前にしたチェギョンにも短剣を送っていました。まさに大君を殺せと言わんばかりです


この話を聞いた大君は、すぐにこれが罠だと気づきました。仲間を救いに駆けつけた大君の放った矢は燕山君の頬をかすめ、その燕山君の矢は大君の腕を傷つけます。燕山君は、その後大君の仲間が射た矢によって胸を刺されましたが、大事には至らなかったようです。


大君はそれでもなんとか式に駆けつけ、ふたりの婚儀が執り行われました


が、その後すぐに大君はマッケのことが気になってアジトへ行ってしまったため、チェギョンは新郎が外してくれるはずの髪飾りをつけたままになってしまい、重みに耐えかねていたところ、オム氏が代わりに外してくれます。この乳母のオム氏がまたサイコーに楽しいですよね


大妃から「決まった日」しか床入りしてはならぬと言われたチェギョンを憐れんで、自分がチェギョンの代わりにチェギョンの布団に寝て間者の目をごまかしてくれます


一方で大君の予感は的中し、マッケはサホンに捕まって拷問されていました。ここに燕山君も加わり、ソノを殺すと脅されたマッケは、ついに「密旨」の謎を明かしてしまいます


なんと、密旨は女人の体に刻まれているというのです!?


マッケは、先王に仕えていた女人を調べるよう促しましたが、これってチェギョンの「神樹」のことではないのでしょうか?


秘密を聞き出した燕山君は、あっさりマッケを殺してしまいました。マッケはそのような残忍な燕山君だからこそ王になってはいけなかったのだと指摘しながらこと切れます。さすがのおばさんももう燕山君を庇いきれません


その燕山君の疑いをどうやったら晴らせるか心を痛めていたチェギョンは、オム氏が大君を悩殺するために酒を使ったらどうかと提案したのをヒントに、大君とその仲間たちに酒を振る舞って、質店を探ることを思いつきました


が、さすがに自分が情けなくなって諦めようとしたものの、再び大君がソノの父親が殺されたとの報告を受けて出て行ってしまい、朝になっても戻らなかったため、再び質店を訪れます。


そこにはマッケの遺体から流れた血が残っていたため、チェギョンは恐る恐るその後を辿っていくと、隠し扉が見つかりました。そこにはたくさんの武器が置かれていて、壁には例の図面が貼ってあります。チェギョンはついに晋城大君の真意を知ってしまいました


その晋城大君は、父の遺体に取りすがって泣くソノから、早く王になってほしいと訴えられていました。もう二度とこのような無念を味わう人が出ないように!


燕山君が、当時王妃だった母のユン氏とともに成宗の寝所を訪れた際、そこには今の慈順大妃がいたそうで、燕山君は幼心にもひどく恥ずかしかったそうです。そうやって燕山君の心は歪んでいったのですよね~何とも気の毒ではありますが、やはり今となってはもう王でいるべきではありませんね


果たしてチェギョンは今後どのような行動に出るのか七日の王妃は続きを見るのが待ち遠しいです


前後のあらすじはこちらから

←前のレビュー  次のレビュー→



七日の王妃 DVD-SET1&2 (特典DVD付)


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ