七日の王妃 ネタバレと感想 13&14話 シン・スグンに惚れ惚れ

韓国時代劇、【七日の王妃】の13話「目に映る現実」」と14話「愛するがゆえの涙」を視聴しました。いや~チェギョンと晋城大君の純愛に感動する一方で、そんなふたりを守ろうとするチェギョンの父親の左議政=シン・スグンがカッコよくて惚れ惚れしちゃいました


以下ネタバレのあらすじです七日の王妃のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


チェギョンはついに晋城大君の真意を知ってしまいました。質店に貼ってあった朝廷の組織図の「左議政シン・スグン」の横には、大君との婚姻で抱き込むと明記されていたのです


チェギョンは、大君の謀反を報告すべく、早速王宮に向かいましたが、そこで燕山君が兵判を弾劾した重臣たちをあっさり殺したのを見て恐ろしくなってしまいました


ショックのあまり町をさまよっていたチェギョンの目に、燕山君の暴政に苦しむ民の現実が飛び込んできます。王様は暴君だったのか!


チェギョンは帰宅後倒れ込むように寝込んでしまいました。大君が夜通し懸命にその看病に当たります


一方の燕山君は、チェギョンが質店に押し入ったとの報告を受けてほくそ笑んでいました。これでようやく大君の謀反を知ったか


が、いつまで経ってもチェギョンは報告にやってきません


そのチェギョンは、大君が謀反を起こす前に何とかその意を翻させようと決意していました。屋敷内では監視の目が光っていて乳母しか信用できません。


チェギョンは、以前燕山君から貰った手紙(願いを叶えてやる)を持って王に会いに行きました。チェギョンは、大君と一緒に地方で暮らしたいと申し出ます。


でも燕山君は、やっと来てくれたチェギョンが大君を庇ったのが不満で、密旨のことに言及しました。晋城大君を王にしろという成宗の密旨がある限り、油断はできぬというのです。そしてこともあろうに刀を抜いてチェギョンを脅そうとしました


そこへ、チェギョンを心配して駆けつけてきた大君が立ちはだかります。素手で刀を握ってチェギョンを庇った大君に腹を立てた燕山君は、改めて大君を斬ろうとしたため、今度はチェギョンが大君の前に立ちはだかって夫を守りました夫を守るのは妻の役目( `ー´)ノ


おのれの手で愛するチェギョンの腕を斬ってしまった燕山君が呆然としている間にチェギョン、どうして!( ;∀;)、大君はチェギョンを抱いて逃げ出しました。


我に返った燕山君は、大妃に会いに来ていたミョンヘを呼び出して、その怒りをぶつけました。チェギョンと同じように腕を斬り、着物を1枚ずつ剥いで行きます


一方、燕山君から成宗の密旨について聞かされたチェギョンは、自分の体に刻まれた「神樹」がこれに関与していると気づきました。チェギョンはこっそり成宗の石碑が祀ってある樹齢200年という「神樹」を訪れてその下を掘り、成宗の密旨を発見します


そして慈順大妃もまたスグンから、成宗が息子とチェギョンを一緒にさせようとしていたと聞き、密旨の刺青はチェギョンの体にあるに違いないと確信し、ミョンヘに探らせようとしました


かつては牢に潜り込み、今度は屋敷にまでやってきたミョンヘを見て、ミョンヘが以前大君と口づけしていた女性だと思いだしたチェギョンは、ようやく、ミョンヘや大妃の思惑に気づいて愕然とします。皆が私を利用しようとしている!?


一方の晋城大君は、既にマッケから密旨の女人がチェギョンだと聞かされて知っていましたが、チェギョンを利用したくなくて、刺青を見ようとはしませんでした。そこでチェギョン自身が着物を脱いで見せます。なんとチェギョンは、乳母のオム氏に頼んで背中の刺青を焼き消していたのです!?


チェギョンの覚悟を知った大君は涙を流しながらその傷に触れ、お前の言う通り、居昌で暮らそうと言い出しますが、もはやチェギョンはその言葉を信じることができません


王子様が王になる理由は何ですか?


燕山君が暴君だからといって、晋城大君が聖君になる保証はありません。


またスグンも「タニシ」の情報から彼らのアジトに辿り着き、中にいた晋城大君に、一刻も早くタニシを解散するよう促しました。大君が否定したため、今度はチェギョンとの離婚を迫ります。


娘が逆賊の妻になることは許さない!!


そして燕山君も、ついにチェギョンが刺青の持ち主だと気づきました。サホンにチェギョンを拉致させて刺青を確かめようとします。


チェギョンは、それほど確かめたいのなら、と自ら着物を脱ぎ始めました。


とそこへ晋城大君が現れますmame。大君は、愛するチェギョンを苦しめてまで王にはなりたくないと語り、懐から密旨を取り出しました。ハラリと垂れたその密旨に、一同がおののきます


晋城大君が成人したら、イ・ユンは晋城大君に譲位した後、上王として弟を補佐せよ。


眼の色を変え、皆殺しにしてやる!と息巻く燕山君をスグンが体を張って止めようとします。たとえ密旨があろうと、私にとっての主君は王様だけです!!


またチェギョンの意図も思いもよらないものでした。チェギョンが密旨を燕山君ではなく晋城大君に渡したのは、大君に王になることを諦めさせ、燕山君に聖君になる最後の機会を与えるためだったのだそうです


王を支え、王が善政を施せるようになるのを待つのが臣下の道理


チェギョンはそう言って密旨を大君に渡したのだそうです。王になるべき理由を見つけるまでこの密旨は使わないと約束してほしい~そう言って。


大君は、先王の密旨に従って王座に就き、今この場で兄上に譲位すると宣言しました


燕山君は刀を抜いて宮殿を去ろうとするふたりを止めようとしますが、大君は、たとえ自分を殺しても欲しいものは手に入らないと言い放ちます。燕山君は、側で涙ぐんでいるチェギョンを見つめ、放心したように刀を下ろしましたもうチェギョンは手に入らないのか!( ;∀;)


大妃は、王座を放棄した大君を罵倒しますが、大君も負けてはいません。愛する人を犠牲にしても王座に就こうとする今のやり方は燕山君のそれと変わらないと反論します


その燕山君は失意のうちに大妃を訪ね、大君に王座を譲り、自分が代わりに大妃の息子となってチェギョンと一緒になりたかったと語りました。大妃の膝に寝ころんだ燕山君に、大妃はそれなら生まれ変わらねばならぬと答えます。娘になってくれたら、たくさん愛して差し上げましょう


大妃は燕山君を王妃の元へ送りました。


その後再び酒におぼれた燕山君は、成宗の亡霊に悩まされ、父の亡霊と間違えて内官を殺してしまいます


一方の晋城大君はチェギョンとどこかの民家で愛し合っていました。翌日帰宅したチェギョンに、オム氏が泣いて抱き着きます。もうこんなところでは暮らせません!一緒に居昌へ戻りましょう!!


チェギョンは、もうじき王様もそうさせてくださるはずだと言ってふたりで喜び合いました。そこへミョンヘがやってきてチェギョンを挑発しますが、チェギョンは、ミョンヘのしたことは下品だと言い放ち、憎む価値もないほどだと相手にしませんでした


ミョンヘは、下品なふるまいすらいとわぬほど大君が好きだと打ち明け、ついに攻撃に転じます。晋城大君とチェギョンの田舎行きを止めるには、燕山君とスグンの仲を裂けばよいとウォンジョンに吹き込みました


ウォンジョンはサホンに、スグンがタニシと晋城大君のアジトを知りながら放置したと密告します。サホンはすぐにこれを燕山君に伝えました


燕山君は命令に反した者を殴り殺しにし、タニシを捕らえて逆心が無いことを示せとスグンに詰め寄ります。スグンは、もはや晋城大君は都を出るのだから、もし大君が頭だったとしても、何の力もなくなると訴えますが、燕山君は聞き入れません。


だからこそ今捕えて殺すのだ!!


そのタニシのアジトでは、晋城大君が皆に土下座をして詫びていました。大君は、大義や信念ではなく「燕山君への復讐」のために王座を狙っていたことに気づいたそうです。そんな自分に王になる資格はない


それに何より、同志を裏切っておきながら、やっと幸せになれたのだと明かします。すべてをチェギョンに告白してようやく安心できたのだと


もう一度燕山君を信じると語った大君に、ソノは、それは血を分けた家族だからで、自分達にとって燕山君は仇であり無能な君主だから、自分達だけでもタニシは続けていくと言い切りました


が、その志はウォンジョンとミョンヘに利用されてしまいます。ミョンヘは、スグンとサホンがアジトに乗り込む前に、「晋城大君こそ王にすべきだ」と書いた触れ紙を隠しておいたのです。あれほど心配してくれたソノまで裏切るとは、ミョンヘはやっぱり下品極まりない性悪ですよ


ミョンヘの勧めに従って大妃に最後の別れをしに行こうとした大君は、ミョンヘの手が汚れているのを見て触れ紙を書いたかと問い詰め、その表情に胸騒ぎを止められず、アジトに舞い戻りました。そこにはスグンが来ていて、大君に逃げろと促します


それがチェギョンの父であり、大君の義父としての最後の決断だ


いや~このシン・スグン、めっちゃかっこいいですよね~


またそのチェギョンも燕山君に呼び出されておりました。燕山君は、都を離れる許可を出しながら、今頃スグンはタニシを捕らえに行っている、もし何の成果もあげられねば忠誠心を証明できずに謀反に準ずる罪に問うことになると言い放ちます。


そこへ、サホンが得々としてスグンを引っ立ててきました。スグンの裏切りを知った燕山君は、スグンを処刑すると息巻きます


その前にチェギョンに死んでもらう!


あ~それが第1話に繋がるんでしょうかね~。せっかく大君から指輪ももらってこれからだったというのに


なんとも気がもめるところで週末ですよ。来週の放送が今から待ち遠しいですね誰か歴史を変えて!( ;∀;)


前後のあらすじはこちらから

←前のレビュー  次のレビュー→



七日の王妃 DVD-SET1&2 (特典DVD付)


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ