いだてん あらすじと感想 第5話 四三のごぼう抜きに惚れ惚れ

宮藤官九郎氏脚本のNHK大河ドラマ、【いだてん~東京オリムピック噺~】の第5話は「雨ニモマケズ」です


マラソン&駅伝好きにとってこの時期の昼間は毎週試合がある(テレビ放送がある)のでめちゃ楽しいのですけど、最近はこの「いだてん」のおかげで夜まで楽しめてます。いや~勘九郎さんの走りは見ているだけで本当に楽しいわ~。どんだけ練習なさったのでしょうか


それに今回走った羽田発のマラソンコースに「六郷橋」が含まれていたのにも感激しました箱根駅伝と同じコースだ( *´艸`)。箱根駅伝好きなら、知らぬ人はいないほどの有名な地点です。1話を見た時はどこをどう走ったのか皆目見当がつきませんでしたが、随分遠くまで走られたのですね~感動しました


以下、そんな話も交えながらのネタバレの感想ですいだてんのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


時は昭和44年11月19日~羽田スタジアム(stadium、発音はしっかりステイディアム)では100メートル走が始まりました。あれってもちろん空砲でしょうが、ライフル使ってましたよね


最初は宣言通り審判をしていたはずの弥彦は「生来の好戦癖がムクムクと湧き上がり、ついに己も競技に参加することにします


世界の中心で走ってみたいと思わんかね?!


弥彦の胸中ではその治五郎の声と、「OLYMPIC GAMES STOCKHOLM 1912」(ホルモンじゃなかよの文字、そして母、和歌子の「あたいは反対ごわんどのドスの利いた声がせめぎ合った末、つい、ここで喝采を浴びたいという誘惑に負けてしまいます


吉岡天狗、代わってくれたまえ!俺は走るっ!( `ー´)ノ


弥彦の記録はなんと12秒ピッタリ


もう、観客席の女子の声が黄色いこときゃ~~~~っ!!! (見えんて


永井と可児は、最初から走る気だったに違いないと憶測していました。なぜなら弥彦はスパイクを履いていたのです


結局弥彦は100m、400m、800mのすべてでぶっちぎりの優勝をもぎ取ったのだそうですよ。実際弥彦も日本初の短距離走選手としてストックホルム大会に参加したそうです


そしてようやくお待ちかねのマラソン大会が始まりました。いまだに「ロンドンの悲劇」が頭を離れない永井は、歩いてもいい、休んでもいいから、どうか生きて帰ってきてくれたまえと檄を飛ばします。


参加選手は総勢19名~その中には車引きの清さんもいましたね


それまで曇っていた空が、スタートと同時に土砂降りの雨を降らせました。四三は抜かりなく厚手のシャツを着ていたようです


四三を初めとする徒歩部は皆、最初はゆっくり走る作戦に出ました。体が温まったら徐々にスピードを上げていくという戦法です


羽田の穴守稲荷を抜けて六郷橋を渡ると川崎に出、そこから東海道を南に下って鶴見川を渡り、東神奈川で折り返す。これで10里25マイルです。


5キロ地点ではすでに落伍者が出始め、後ろを走っていた四三たちが自然に順位を上げだしました


こうなったらひとりでも多く抜いてやる!失敬っ!失敬っ!!( `ー´)ノ


四三は意気軒昂とし、前を走る選手を次々抜いていきました。いや~ごぼう抜きどころの話じゃあらへんね


土砂降りの中、ようやくゴールを切った四三のタイムは、当時の世界記録を大幅に塗り替える2時間32分45秒!それまた凄い記録ですよね。あの気象条件に道の状態、加えて四三は普通の足袋で走ったのですから


でも四三が「ようやく念願がかなった!と感動したのは世界記録で走ったことではなく、治五郎に抱っこされたことだったそうです。ゴール後ふらふらになっていた四三を治五郎が抱きしめたのです


抱っこをしてもらいに東京に行くとか?


実次の声が脳裏を駆け巡ります。まさかこんな形で夢が叶うとは。ありがとうございます


そんな四三の想いなど誰も知らず、周囲は喜びに湧きました。それでようやく四三も己が成し遂げた偉業を味わう余裕ができてきます


高師では優勝を祝うパーティーが開かれ、今やすっかり取り残された美川もひっそり祝福してくれました。どうだい?今の気分は?


嬉しさ半分、痛さと疲れ半分で、プラスマイナス0ばい!


そう語りながらも、興奮は深夜になっても冷めやらず、四三は思わず実家に手紙を書こうとしますが、マラソンを馬鹿にしていた兄の顔が思い浮かび、慌てて手紙を破きます


それで四三は、今後のために「勝つためにというノートを作りました。この経験を活かし、新しい日本マラソンの道を開拓せん!


再び余談になりますが、今現在、日本の男子マラソン界はかつてないほどの盛り上がりを見せているのですよね。四三さんもあの世でどんなに喜んでいることか~と思わず胸が熱くなってしまいましたいだてんは実にタイムリー( *´艸`)


その頃治五郎は天狗たちと大いに盛り上がっていましたが、四三はひとりでこのノートをしたためていたそうです。


排便よし。食事適量。服装よし。課題は「足袋」


その足袋屋、播磨屋では、ちゃっかり、四三が播磨屋の足袋を履いて世界記録を出した!と貼り紙をしていました。四三が早速訪ねて行くと大喜びで迎えてくれましたが、その目的が「改善要求だと知るや否や、怒って四三を叩き出します


うちは家の中で履く足袋を作ってるんだ!それを外で履いたら破れるに決まってる!!


そう言いながらも、播磨屋の黒坂は渋い顔でした。怒っているんじゃなくて面白くないらしい~つまりは、彼の職人魂に火がついたということか?


また四三のこの活躍は新聞にも載ったそうです。写真付きの記事は熊本のスヤの目にも留まりました。スヤは大喜びで、新聞を切り抜いてもよいかと父に尋ねますが、父の春野(佐戸井けん太~林田博史@破裂)から、もうじき嫁に行くのに、と諭されてしまいます


そうか、そぎゃんたいねもう関係のなか人ね(;´Д`)


一方、マラソン大会に出場した清さんの代わりに、孝蔵が車を引いたところ、偶然、円喬がやってきたそうです。円喬を送り届けた孝蔵が弟子入りを頼むと、円喬はあっさり承知してくれました


それもこれも、円喬が人力車に乗って落語の稽古をしていたのを、孝蔵が聞き惚れて立ち止まってしまったり、円喬の噺の雨が本物だと思って、円喬が濡れないようにと慌てたりしたのが、好印象だったのでしょうね


この孝蔵の走りっぷりもまたなかなかでしたね~。ま、走ることに興味は無さそうでしたけど


いだてん~東京オリムピック噺~」は来週の放送も楽しみですねいだてんが楽しい(^^)/


前後のあらすじはこちらから

←4話のレビュー  6話のレビュー→



いだてん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ