3年A組 ネタバレと感想 第5話 澪奈は○○に殺された?!

菅田将暉さん主演の【3年A組~今日から皆さんは人質です】は5話でかなりの情報がもたらされました。以下早速ネタバレです3年A組のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


まず柊は「不治の病」らしいこと。だからこそ、死ぬ前に、生徒たちに正しい生き方を教えようとしていたのですね柊の健気さに感動しました(/_;)


また景山澪奈は自殺ではなく殺された可能性が高いらしいです。しかも、たまたま澪奈がターゲットになっただけで、他の誰が殺されてもおかしくなかったと柊は主張しました。だからこそ、こうして世間の注目を集めて真相を突き止める必要があったのです


その柊の協力者=内通者は逢沢博己(萩原利久~滝川亮平@グッド・ドクター)だったことも判明しました。映画研究会に所属し、澪奈のドキュメンタリー映画を製作中だった逢沢は、澪奈の死の真相を知りたくて、柊に協力していたそうです。


そして外部の協力者、捜一の五十嵐は、柊が倒れたことを知らずに柊に電話をしてきました。その電話を取ったのはさくらで、その時は気づかなかったようですが、早晩気づくものと思われまする。


また、前回登場した「ベルムズ」ですが、リーダーの喜志正臣は諏訪唯月と付き合っていたことも明らかになりました。唯月は、芸能事務所の支度金の200万を用立てたくて、水商売で働こうとしたのだそうです。そこにたまたま居合わせた喜志が、自分の女になればモデルになる夢を叶えてやると約束したらしい


その喜志が澪奈の自殺を聞いて、唯月に「あれって実は・・・」と何かを言いたそうにしていたそうです。そしてその時に唯月にくれたのがあのペンダントで、その中にはマイクロチップが入っていたのだとか


そのチップの中には、ベルムズがフェイク動画の作成を引き受けた「顧客リスト」のファイルが入っていました。フェイク動画の作成はベルムズの資金源の1つなのだそうです


そしてそのファイルには「hunter」というハンドルネームの「魁皇高校の教師」が含まれていたのだそうです!?


澪奈を自殺に追い込んだ、もしくは殺したのは魁皇高校の教師!?武智やろっ!( `ー´)ノ


となると~ここまで馬鹿のふりをしてきている武智が怪しいでしょうか?それとも、前回思いもよらない良き教師ぶりを見せた校長か??


一方で、柊が倒れたことに力を得た生徒たちは、この機に仲間を救い、警察に助けを求めようとします。が、救ったつもりの仲間=最初に「殺されたはずの6人」は、柊の信念に賛同して、最後まで柊と行動をともにすると誓い、逃げようとした子どもたちも、柊が子どもたちを巻き込まぬよう、命懸けで芝居をしたのを見て、一緒に残ると約束します


柊は、生徒の通報でSITが乗り込んできたのを爆弾で脅し、生徒が連絡したのも「新たな武器」を手に入れるために自分が命じたことだと主張したのです。この件に関しては、生徒たちには一切責任を負わせないつもりです


~彼らが責任を負うべきなのは、クラスメイトを死に追いやってしまった自分達の無関心と無責任で卑劣な行為だけ


果たして「hunter」(狩人)は誰なのか?柊は既に真犯人を知っているのか?いったいこのドラマの行きつく先はどこなのか?3年A組が盛り上がってます(^^)/


汗っかきの〇ブ、否、新陳代謝と体格の良い魚住華が、ドアを突き破ったのは見事でしたね~。でもビーストはbeast=野獣美女と野獣(Beauty and Beast)の野獣であって、決して「美しい(beautiful)」の最上級ではありませぬ。柊の授業が終わったら、英語を中学からやり直した方がよかね


3年A組~~今日から皆さんは人質です」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←4話のレビュー  6話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ