2度目の二十歳 3&4話 ネタバレと感想 頑張るノラを応援したい!

2度目の二十歳のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 2度目の二十歳 あらすじと感想一覧 (全24話)


チェ・ジウさん主演の韓国ドラマ、【2度目の二十歳】の3話と4話を視聴しました。以下ネタバレの感想です2度目の二十歳のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


なんとユラは、夫の不倫相手のキム・イジンの授業を取ってしまいました。しかもこれが「結婚と家庭生活について学ぶ授業」なのだそうです不倫女の癖によくもまあ図々しくそんな授業を教えているもんだすわ


しかも、ユラがおばさんだというだけで、いきなり、結婚しているのか、と尋ねる無神経さです。ユラが答えたくないというと、勝手に独身だと決めつけ、あたかも大学を「合コン」と勘違いしていると批判します。自分の職場に不倫相手を引っ張ってくるような勘違い女の言いそうなことですねあんたの価値観と一緒にすんなよ( `ー´)ノ


でもヒョンソクは、ここで初めて、ノラを庇ってくれました。人間関係に年齢は関係ないのでは?


自分がけなすのはいいけど、他人にけなされるのは嫌なんですね


同じ授業を取っているナ・スンナム(ノ・ヨンハク~世子@師任堂)も、おばさんがあんな授業を取ってどうするつもりだ、と言わんばかりです。ワークショップの無い、聴講するだけの授業に切り替えた方がいいと助言されてしまいました。


あまりにも情けなくて涙ぐみ、帽子を深くかぶり直して足早に歩き出すノラの肩が震えています


ヒョンソクは、なぜノラがそこまでして大学に通っているのか、気になってなりません。夫が教授だとなぜ言わない?なぜ一緒に通わない??


演劇学科の大学院生で助手のシン・サンエ(チェ・ユンソ~ポン・ヘウォン@ハッピーレストラン)からは、ノラに対する態度がいつものヒョンソクらしくないと指摘されます


ねちねちと苛めるのも、知りたいことがあるなら、直接聞かないのも


一方のノラは、やっぱりもう大学を辞めようかと悩みながらキャンパス内を歩いていた時、偶然、ダンスサークルの勧誘に遭いました。その現会長がスンナムなのですが、席を外していたようです。


サングラスをかけて帽子をかぶっていたノラは、おばさんだとは気づかれず、一緒に踊るよう促されました


最初はおずおずと若者たちに合わせて踊っていたのですが、次第に楽しくなってきたノラは、自ら華麗なステップを披露します


ノラが素敵( *´艸`)


それを見た学生たちは大いに盛り上がりましたが、動画を撮られていることに気づいたノラは、そそくさと逃げ出してしまいました


後でこの動画を見たスンナムは、絶対に彼女を見つけ出せ!と息巻きます。見つけた時が見ものでござるね


ノラ自身も、これで少~し自信がついて、授業に参加しました。お昼はでも、キャンパス内のベンチに座り、ひとりで弁当を食べます。


そこへヒョンソクがやってきて、ダンナの教授は教授食堂で食べているのに、なぜ一緒にいないのか、と尋ねました。そこへウチョルが歩いてきたのを見たノラが慌てて身を隠したのを見て、ますます不思議がります。え?ダンナを追いかけてきたんじゃないのか?


ノラは、ウチョルがウチョン大学に来たことを知りませんでした。しかもあろうことか、その講義を予約していたことに気づきます


心理学は必須なため今さら変更できないと困っていたところ、他の学生と授業を交換できると聞かされました。早速試してみたら、ウチョルの講義は簡単ですぐに単位を取れると人気なため、すぐに交換希望者が現れます。


が、相手はウチョルの講義に代わる授業を提示してくれなかったため、ノラは心理学を取れなくなってしまいました。あれって立派な詐欺じゃないんですかね


サンエからこの話を聞いたヒョンソクは、心理学の教授は知り合いだから、なぜこの大学に来たかを教えてくれたら心理学を取れるようにしてやると約束しました。


しつこく、しかも意地悪く聞き出そうとするヒョンソクに、ノラはヒョンソクに嫌われていると確信します。私あなたに何か悪いことをしたの?教えてくれたら謝るわ。


ノラは、ヒョンソクの授業も取るのを止めるから、もう二度と会うことはないと伝えました。


その会話中も、何かにつけて謝るノラに、ヒョンソクはまたイライラとなぜ謝るんだ?と詰め寄ります。ノラは、あなたが怖いの!と答えました


昔のノラは溌溂としていて、相手を怖がったりしなかったのに、どうしてそんなに変わってしまったのか?


目の前で泣きそうになっているノラのために、ヒョンソクは心理学の講座を予約してくれました。


それでノラも大学に入った理由を教えます。息子も大きくなったから、夫とレベルを合わせたくなった、6月のイベントに合わせて打ち明けようと思っている


そのイベントと言うのが、病気の告白なのですよね。でもそれは誰にも言えません


その後ノラは、ヒョンソクが出演していたラジオ番組を偶然耳にしました。そこで喪失について語っていたヒョンソクはモーツァルトの言葉を引用し、「死は幸福の鍵」だと語ります。死を受け入れれば、どう生きるべきかが決まります


よく死に、よく生きるためには、遺言状や自分史を書くのもいいし、やりたいことリストを書いて実行するのもいい


ヒョンソクはロシアに留学していた時にこのリストを作ったそうです。


これを聞いてハッとしたノラが、バスの中で「自分史」のメモを書いたら、それがあまりにもあっけなくて、本当にがっかりしたそうです


ダンスが好きで、ソウルの芸術高校に入学したのに、そこでウチョルに会ってできちゃった結婚をした。一緒にドイツへ行ってミンスを生み、韓国に戻ってからも、身体の弱いミンスを一生懸命に育てて今に至る。


ちなみにそのミンスは大学に入ってすぐに知り合ったらしい恋人のオ・ヘミ(ソン・ナウン)と毎日デートを重ねています。このヘミはノラと結構同じ授業を取っています。同じ人文学部なのかもしれませんね。


もう33万時間も生きてきたのに、私はいったいなにをしてきたの?残りはもう4320時間(半年)しかないのに!!


悔しい、こんなに突然死ぬことになるなんて知らなかった!!悔しくてたまらないっ!


こうしてノラは、恥も外聞もすべて捨てて、好きなことを精一杯やることにしました。ダンスサークルにも入ろうとしますが、スンナムに阻止されてしまいます。まったくね~後で覚えてろよっ!!生意気なガキンチョが!( `ー´)ノ


皆に疎まれながらも、新入生歓迎会にも出席しました


そこでノラはソン教授のセクハラを目撃します。昔、ノラはユニョンと一緒に痴漢を撃退したこともあるのだそうです。あ~いたいた、おばさんも女子高だったから、校門の前にああいう変態いましたよ~


是非、昔と同じように、変態をやっつけてほしいですね~ノラ頑張れ!( `ー´)ノ


2度目の二十歳」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←前のレビュー  次のレビュー→



2度目の二十歳 DVD-BOX<プレミアムBOX> (8枚組:本編7枚+特典1枚)


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ