ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~ネタバレと感想 10話 あのね、秘密だよ

チェ・ダニエルさん&ペク・ジニさんのラブコメディ、【ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~】の10話のタイトルが「あのね、秘密だよですよ。なんて可愛いタイトルでしょうか~とそれだけでも語る価値ありですね


とはいえもちっと語っておきます。以下ネタバレのあらすじですジャグラスのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


も~予想通り、ふたりはラブラブのラブラブでしたよ。チウォンなんて、自分の熱気で眼鏡曇らせてましたからね~ここ可愛すぎ( *´艸`)


ユニは、家でも「常務」と呼ぶのは堅苦しいから、ニックネームで呼び合おうと言い出しました。でもチウォンは、イチゴだのハニーだのと食べ物や動物の名前で呼び合うのは嫌だとへ理屈を言ったため、ユニはチウォンを「へ理屈さん」と呼ぶことにします


ユニは1月1日が誕生日らしく、新年の到来を祝ってすぐ、チウォンは情熱的なキスをしてユニの誕生日を祝いました。その情熱は、ユニのスリッパ=ウサギの頬を赤らめさせたほどですいや~可愛すぎやろ( *´艸`)


その頃、やはりユニの誕生日を祝おうとしたらしいチャンスがふたりの仲に気づいて嫉妬し、チウォンの車のサイドミラーを壊していましたが、熱々のふたりは知る由もありません。チウォンが自転車通勤を止めたのは、ユニと少しでも一緒にいたいからでしょうか


翌日ユニは、以前もらったスワロフスキーのネックレスをつけてきました。このネックレスも、実はわざわざユニのために、チウォンが悩みに悩んで買ったものだったのだそうです。貰い物だなんて嘘だったのですね~可愛い奴め


そのチウォンは、ユニを「タヌキと呼ぶことにしたそうですよ。言うに事欠いてタヌキはないだろと思うけど、またユニがそれを聞いて喜んで~恋をするとそうなっちまうのね


そのラブラブのまま出勤したふたりは、チウォンの部屋でもイチャイチャしていたところをコン部長に見つかってしまいました。ふたりは慌ててそれぞれに言い訳しますが、鈍ちんのコン部長は、チウォンがユニに暴力をふるっていたと思い込んでいたようです


でもさすがにチャンスに抱き着いたのはまずかったですよね~。ユニも、抱き着くなら、相手をちゃんと確認してからでないといかんて


その抱き着く原因となったのは、チウォンがサンムの計画を潰したことでした


サンムはYB電子が発売するスマートテレビに不備があることを知った上で、大々的に売り出そうとしていたのです。その不備は発売前には必ず解決すると息巻いていたのですが、実際現場の社員に問い合わせたところ、不具合がどこにあるのかすら分からない状態だから、修理はできないことが明白になります


これでサンムの面目は丸つぶれ~チウォンの面目躍如となったのですけど、ボナは、そんな大事なことを自分に黙っていたユニを恨みました。ユニがまた、あんたにだけは言っておけばよかったなどといったから尚更です。あんたがそんなことを私に言う訳ないじゃないっ!


すっかり落ち込んだユニがチウォンに癒しを求めたら、それがチャンスの背中だったという訳です


でもこのボナもホントは気の毒なのですよね。どうやら父親は聴覚障害者らしく、ボナが家計を支えているらしいのです


本当は会社での辛さを父に話したいけど、心配をかけてはいけないと我慢して、わざと笑っているボナが可哀想でなりませんでした


一方ユルの企画したeスポーツのプロジェクトは、チウォンも認めてくれました。これからは両部署でタッグを組んで企画を進めていこうとしていたところに、ファンボ家から邪魔が入ります。格式あるファンボ家にeスポーツはそぐわないというのです


この意向を伝えるためにやってきたク・デキ室長(カン・ドンヨプ~プン@秘密の扉)は、ユルを庇って一度ぐらいは好きなようにやらせてほしいと主張したジョンエをなかなか手ごわいと評価しますが、そのせいで、ジョンエは素性を調べられることに?


チウォンも好きだという古いアニソンに反応したことからも、もはや年齢詐称が明らかになるのは時間の問題ですね~きっと


またユニは、チウォンと前妻のドヒが仲良さげにしているのを見て不安そうにしていました。嫌いで別れた訳じゃないなんて言われたから余計に気になっちゃいますよね~。その上、チャンスがシツコク諦めないのも鬱陶しいですし


でも残りも少ないので、無駄にイライラさせるような展開はないでしょうから安心ですね。「ジャグラス」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←前のレビュー  次のレビュー→


 
ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~ DVD-SET1&2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ