家売るオンナの逆襲 ネタバレの感想 第5話 マンチッチ vs ドジスケ

北川景子さん主演のコメディ、【家売るオンナの逆襲】の5話ではまたサンチーの色んな過去が浮き彫りにされました。万智が屋代に見せたというあの笑顔家売るオンナの逆襲の北川さんが楽しすぎる( *´艸`)、おばさんも見たかったわ~


以下早速ネタバレですネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ。まずは留守堂の正体から参りましょうか


留守堂の本名は「三瓶良雄」と言い、万智の小学校の同級生だったそうです。当時からドジで有名で、付いたあだ名は「ドジスケ


しかも、顔はジャック・ニコルソン似の不細工だったのだとか。今の顔はどうやら整形したらしいです。


予告に登場して万智を「マンチッチ」と呼んだ、やはり顔がちと残念な男性、田部竜司(柄本時生~高木尚人@刑事のまなざし)もまた同じ同級生で、当時は「たべやん」と呼ばれていたそうです。


このドジスケとたべやんは「D&B(ドジでブサイク)ランキングで1、2位を争っていたのだとか~本当に子どもは残酷ですよね


ちなみにマンチッチこと万智は、当時はとっても明るくてよく笑う楽しい女の子だったそうで、こちらは「ひょうきん者ランキングで1位だったのだそうです。これを聞いた屋代と庭野は、万智ではないのではないかと疑いましたが、口癖は当時からまったく変わらず「ゴー!」だったと聞いて納得しました


万智は手品が得意だったそうで、小学校の卒業アルバムには、頭に鳩を乗っけたり、口から万国旗を出したりしている写真が掲載されていたそうです。も~その写真是非見たいんですが


その万智は前回、「るすどうけんじ」の名を逆さ読みしていましたが、実際にはそこから「どじすけ」の響きを感じ取っていたらしいです。自分から顧客を奪って家を売った相手が、あのドジスケだったとは!


今回万智は有休をとって出身小学校(みどり町第一小学校)へ行き、あれこれ調べてきたそうです。その留守中、また屋代が心配していたのが健気でしたね~


でも万智も戻ってくるとすぐ、自分が戻るのは屋代のところしかないのだと語り、ずっと作れなかったからと、朝から会社の給湯室で朝食を作ってくれました。それも、お味噌汁に卵焼き、納豆という、屋代の「ささやかな希望だったあっさり系の朝食です。


課長のささやかな希望を、私が、叶えます


一方、その万智は小学校時代デブでチビで貧乏だったドジスケに、毎週餃子を、それもこっそり届けていたのだそうです。


ドジスケ、否、留守堂は、プールの時間に溺れてしまった時も万智に助けられたそうなのですが、その時万智のマウストゥーマウスの人工呼吸が餃子の味がしたことで、餃子を届けてくれたのも万智だと確信したのだそうです


それから留守堂は、すっかり万智を好きになってしまったらしいのですが、それからずいぶん経ったある日、高校2年の6月に皆の前から姿を消したと思っていた万智がホームレスと化していたのを見つけたのだそうです


留守堂は公園で震えていた万智に、何か欲しいものがあるかと尋ねたところ、万智は「家」がほしい、「帰る家がほしいと答えたそうです


それで留守堂は不動産屋になったのだそう。僕は今もあなたを愛しています


また屋代は、風邪を引いて病院へ行ったところで、偶然「三瓶良雄」の名を耳にしてふと目を上げたら、そこにいたのが留守堂だったため、驚いて後をつけ、この話をすっかり盗み聞きしてしまいました。屋代は驚き(とおそらくは熱)で倒れ込んでしまします


一方、顔が悪いのは両親が不細工だから~この負の連鎖を断ち切るためには美人の妻をもらうしかない、それには東大へ行かなければ、と必死で勉強したというたべやんは、せっかく美人の恋人を見つけたと思ったのに、婚約した宮寺奈々(知英~村野エリカ@民王)は、化粧を取ると別人のようなブスだったことが判明しました


でも万智は、たべやんも奈々も、結局は外見ばかりを気にする似た者同士だと指摘し、いっそ「ギャップ萌え」で盛り上がるべきだと説得します。


たべやんは、表面だけでなく、奈々様の真実の姿を知っている。そのことでより深い愛着を持つことができるのです


柄本さんご一家が大好きなおばさんが個人的な意見を言わせてもらえば、どんなに顔がきれいでも、中身が無ければ薄っぺらですぐに飽きちまいますけどね~


たとえ相手が同級生でも、容赦なく家を売る万智~この家6500万円でお買い上げいただけますか?


買うよ!!  落ちた


さ~て今後万智は留守堂をどう扱うつもりですかね~。「良雄ちゃん」と呼んでいたところを見ると、幼馴染として懐かしい気持ちは抱いているようでしたが、留守堂の気持ちには答えられませんよね。何せ万智は屋代の妻なのですから本来は美男美女なのにね~( *´艸`)


家売るオンナの逆襲」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←4話のレビュー  6話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ