ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~ネタバレと感想 11&12話 四面楚歌

チェ・ダニエルさん&ペク・ジニさんのラブコメディ、【ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~】の11話と12話を視聴しました。いや~窮地に立たされちゃいましたね~ユニ


以下ネタバレのあらすじですジャグラスのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


これまでも、ユニ母のスンドクや元カレのチャンスなど邪魔者はおりましたが、今回はちと強敵~チウォンの元妻であり、20年来の幼馴染のドヒです。しかもドヒ父で副社長のテグンが、ガンを再発したかもしれないというのです


もう一度家族になってほしい


しかもスンドクもまたダメだししてきます。このドヒがスンドクにチウォンの過去を打ち明けたたため、スンドクは、そんな傷を抱えた男は娘の婿にふさわしくないと、またしてもチウォンにドヒと別れるよう迫ります


チウォンは悩みに悩みますが、それでもユニと別れることはできないと覚悟を決めました


またユニも、ドヒが何かにつけてチウォンに復縁を迫ろうとすることに傷つきますが、ドヒに呼び出されて話したことで、自分の気持ちを再確認します


ドヒは、誰にも心を開かないチウォンを変えようとしたけどダメだった、チウォンは結局誰にも心を開けないと決めつけたのに対し、ユニは、今のままのチウォンが好きなのであって変えようとは思わないと言い切ります


もはや二人の仲を裂くことは誰にもできない~そう思われた矢先、次なる強敵が現れました。社内の噂です


チョ・サンムがボナを騙して味方につけ、チウォンとユニのラブラブな写真を盗んで流出させたのです


サンムは、ボナの父親が同じビルで靴の修理をしているのを知り、追い出すよう圧力をかけた上で、わざとらしくこれを救ってボナに恩を着せたのです


これまでは何とか秘密を守ってきてくれたボナも、これからは積極的にユニとチウォンの秘密を暴露して、サンムを副社長にしようと決めました


今までは自分より「不幸」だったユニが、今度は自分よりずっと幸せなのが寂しくなっちゃったのかな~。なんとも切なく悲しいですね。そんなことをしても自分が辛くなるだけだって、早く気づいてほしいですね


ユニは、ポン・ジャンウに続いて、今度もまた上司と不倫する魔性の女としてすっかり有名になってしまいました万事休す!( ;∀;)


果たしてチウォンはユニを守れるのでしょうか?


いっそすぐに結婚すればいいじゃないですかね?なんでできんと??母親が反対しているから?


一方のジョンエは、ユルの母親の祭祀でも料理を作ってユルを励ましました。母の命日だというのに誰一人弔うものもなく、ユルは自分であれこれお供えを用意するんですが、若い男の子らしく大したものがあげられません


ユルは、これが不満なら、天国から料理上手なお嫁さんを探して送ってくれと頼みます


そこへ会社の用事でやってきたジョンエは、ユルと母のために料理を作ってくれました。一口食べたユルは感激のあまり、ボロボロ泣きだしてしまいます。ジョンエは、そんなに泣いたらお母さんが心配するから、思い切り泣いたら笑顔にならなくちゃダメだと諭しました


こうしてすっかりユルの信頼を得たジョンエですが、そろそろ嘘がバレそうな気配です。ジョンエが忘れて行った携帯に「妹のミエ」から電話がかかってきたからです。鈍いユルもさすがに気づきますよね~っていうか、もうとっくに気づいていたのかとも思ったのですが


さ~て残すところ4話となって四面楚歌となったユニとチウォン。何とかこの危機を乗り越えて幸せになってほしいものですユニ、チウォン、頑張れ~( `ー´)ノ


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー  次のレビュー→


 
ジャグラス~氷のボスに恋の魔法を~ DVD-SET1&2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ