力の強い女ト・ボンスン 最終回ネタバレと感想 めっちゃ楽しかった!(23話含む)

韓国ドラマ、【力の強い女ト・ボンスン】の23話と24話(最終回)を視聴しました。最後は期待以上の結末で、もうめっちゃ楽しかったです~。途中、ちとダレ気味な気がしたけど、これならもっともっと続けてほしい!と思ったほど


以下早速ネタバレです力の強い女ト・ボンスンのネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


まず、これは期待通り、ボンスンはジャンヒョンをとっ捕まえてくれました。ミンヒョクとグクドゥは、ボンスン一人で行かせるのは心配だったらしく、3人でタッグを組んでヤツを追い込みます。ジャンヒョンはボンスンを狙撃しましたが、ミンヒョクが防弾チョッキを用意してくれていました。頭を狙われなくてよかったですね


ボンスンは、虫を駕籠に閉じ込めるみたいにいとも簡単にジャンヒョンを大きな檻に閉じ込めますここはざまあみろでしたね~( *´艸`)。でも、ボンスンのことは今後も伏せておくという方針から、手柄を表彰されたのはミンヒョクでした


この時「嫌な予感」は既にミンヒョクの胸をかすめたに違いなかったのですが、それよりも、ボンスンを愛する気持ちがいっぱいで、深く考えようとはしなかったようです。まさに恋は盲目


その気持ちを伝えてチルグも無事呼び戻しました。ジニはミンヒョクとボンスンの相性を占った結果、最高だったと大喜びです。


一方のグクドゥは、かつて「コスモスのような女子が好きだ」と語ったのは、実はボンスンのことだったのだと初めてボンスンに打ち明けました。グクドゥにとってはボンスンがそう見えたのですが、ボンスンはてっきり別人を指していると諦めてしまったのですよね~


ボンギがボンスンの気持ちをグクドゥに伝えていたら、あるいは、運命は違っていたかもしれません


それでもグクドゥとボンスンは、これまでずっと良き友だちでいたように、これからもそうあろうと約束しました


またボンスンの企画したゲームがオ・ドルピョンにも評価され、ついに商品化されることになりますああ見えて仕事は公平(^^)/


こうして念願叶ったボンスンですが、今後はせっかく戻ってきた力を正しく、そしてより広く使うと誓い、会社よりも人助けに忙しくなっていきます


その後ボンスンとミンヒョクは晴れて結婚式を挙げました


式にはグクドゥを初め、ペク・スタクと子分までやってきて記念撮影を行います。スタクと子分たちが、オ・ドルピョンを見て驚いていたのが可笑しかったですね~。ちなみにグァンボクは、きれいな歯科衛生士のお姉さんに一目ぼれしていたようです。いくらスタクの命令でも宿敵ト・ボンスンの式には参加したくなかったのでしょうか


本来ならミンヒョクがボンスンを「お姫様抱っこ」するところを、ボンスンがミンヒョクを「王子様抱っこしたのには大笑いでした


さて、結婚したからには子どもを~ということで、ジニは早速仏様にお願いに行きます。どうかどうか男の子を授けてください。そうして婿を安心させてやってください


その願いに仏様は不敵な笑みを浮かべます


こうして生まれた子どもは双子の女の子だったそうです拝んだのが裏目に出たのか(;´Д`)


ミンヒョクは真っ青になってすぐにベビーシッターを手配しますが、最終的にお鉢が回ってきたらしいペク・スタクの子分たちでさえ、赤ちゃんふたりにぶん殴られて逃げ出してしまいます


仕方なくミンヒョクがミルクを上げようとしても結果は同じでした。母親、否、先祖譲りの怪力ぞろいです


その頃ボンスンは、相変わらず、困っている人を助け、悪と戦っていましたウチのことはあなたに任せてあるでしょ( `ー´)ノ。子どもが大きくなる頃には住みよい世の中になるよう願いながら。もしかしたら、本当にそのような世界が訪れた時、この力は用済みになって消えてしまうのかもしれませんね


最後はもう怪力の妻と娘たちに翻弄されるミンヒョクが可笑しすぎて、お腹抱えて大笑いでした。あれがグクドゥだったらどうなっていたでしょうか


ラブコメ部分もそれなりに楽しかったですが、何よりボンスンの怪力がサイコーに楽しい作品でした。大満足です


前後のあらすじはこちらから

←前回のレビュー



力の強い女 ト・ボンスン DVD-BOX1、2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ