オスマン帝国外伝2 ネタバレと感想 27話 ヒュッレムの勝ち!

オスマン帝国外伝のあらすじと登場人物一覧はこちらからご覧いただけます: オスマン帝国外伝 あらすじと登場人物一覧


オスマン帝国外伝2~愛と欲望のハレム~】の27話は「尽きぬ野望」です。いや~今日もめちゃくちゃ面白かったですね~。以下早速ネタバレですオスマン帝国外伝2のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


ヒュッレムは洗濯室に行き、イサベラに引導を渡しました


お前は私とスレイマンを争うと言って負けたのだ。逃がしてやると言ったのに、下手な小細工をしたから死ぬ羽目になった


ヒュッレムはギュルとニギャールにイサベラを殺すよう命じましたが、その後の話によると、イサベラはベネチア船でスルタニエ城へ向かい、船を乗り換えてトリエステに到着、そこからウィーン近くの修道院に行って隠遁生活をしていたそうです


おそらくは、信心深いギュルがイサベラを殺すことができず、よくよく言い含めて逃がしたのでしょうか。イサベラもまた、また戻ったら今度こそヒュッレムに殺されると観念したのではないでしょうか


一方、宮殿ではギュルシャーが、夜中に洗濯室の前にいたニギャールとギュルを目撃していました。翌日イサベラが行方不明になったと聞いたギュルシャーはすぐにこれがヒュッレムの仕業だとマヒデブランに報告します


マヒデブランは、ダイェを連れて、意気揚々とニギャールとギュルを問い詰めました。お前たちが王女を洗濯室に隠したのだろう?


朝になったら騒がれるのが分かっていて、そんなとこにいつまでも隠しておく馬鹿じゃないっつーのにね


マヒデブランがほくそ笑む前で、ダイェはギュルに洗濯室の扉を壊して開けるよう命じました。が、そこには誰もおりません


いったい何のことか、私たちは存じません


マヒデブランとギュルシャーはそれでもニギャールたちを疑いますが、さすがにダイェも呆れ果てます。それで、王女はいったいどこに?


が、肝心のヒュッレムがボロを出してしまいました。ミフリマーフの髪を結いながら、邪魔者のイサベラを排除した、次はイブラヒム、そしてハティジェに母后を追い出したら、宮殿は私たちのものになる!と話していたのを、こともあろうに母后に聞かれてしまいます


怒った母后は即座にスレイマンのもとへやってきました。いつまでヒュッレムの横暴を許すつもりなのですか!?


イブラヒムからも、ヒュッレムの仕業だろうと仄めかされていたスレイマンは、ついにヒュッレムを呼び出します。


ヒュッレムは、焦ることはない、と自分に言い聞かせ、スレイマンが一番好きな赤いドレスをまとって呼び出しに応じました。


スレイマンは、自分は公正な皇帝だと語り、ヒュッレムはそれが分かっているのか?と問い詰めます。


ヒュッレムは、スレイマンは心の皇帝であり、愛であり、すべてだと答えました。スレイマンは、その愛でどこまで燃やし尽くそうとするのか、と怒って首を絞めようとすると、いっそ殺してほしい、と懇願します。私の愛は死ぬまで消えない!前にもそう言ったはずだ!( `ー´)ノ


テラスで行われていたこのやり取りを、マヒデブランが固唾をのんで見守っていました。スレイマンがヒュッレムの首を絞めた時などは薄ら笑いを浮かべていましたが、そのスレイマンが、耐えかねたようにヒュッレムに熱い口づけを送ったのを見て愕然としてしまいます。そうそう、スレイマンは、命懸けで愛を捧げるヒュッレムには弱いのでござるよ


マヒデブランは母后の元へ行き、ヒュッレムがスレイマンを騙した!と訴えました。ハティジェは、ヒュッレムは魔女なのだとこぼします。


母后はもうスレイマンを当てにせず、自分でヒュッレム排除に乗り出すようです。ま~どこまでやれるかお手並み拝見というところですわね。そもそもこの母后が嫁をもっと可愛がってやれば、こんなことにはならなかったのですからね


母后はダイェに命じて、早速ヒュッレムの侍女ふたり、ニリュフェルとエスマを下の部屋に追放しました


さて、もう一方のイブラヒムも窮地に追い込まれています。先のイサベラの件も、イブラヒムより詳しい情報がスレイマンにもたらされていたようです。お前が私より詳しい情報を知ることはない


またハンガリーでは、フェルディナンド大公がサポヤイから王冠を奪って無理矢理王の座に就きました。バチカンは、とんでもないことをしてくれたと苦い顔です。


マルコチョールはスレイマンに、命令されればその王冠を奪いに行くと申し出ましたが、それには及ばないと言われたので、そろそろ故郷のヌメデレボに戻って父を助けながら、お呼びがかかるのを待ちたいと語りました。


イブラヒムがしたり顔でその言葉にうんうんと頷いていると、スレイマンはそれは許さん、と言い出します。そなたが必要なのだ


宮殿に留まって私の側にいろ~スレイマンはそう語ってマルコチョールに「国璽」を渡しました。マルコチョールは小姓頭に任命されたのです。その様子に凍り付くイブラヒムを、スレイマンが冷たい顔でじっと見つめています


確かに今度のことも、イサベラを利用してヒュッレムを追い落とそうとしたのが発端ですからね。本当の忠臣なら、皇帝の寵姫を暗殺しろなどと命ずるはずがありませんから


いや~楽しくなってまいりました。一方のハティジェは早速ギュルを呼んでヤクップに会う手配を整えるよう命じています。誰にも言うなと言われても、ヒュッレムには話しますよね~きっと


オスマン帝国外伝2は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←26話のレビュー  28話のレビュー→



オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~ シーズン1 DVD-SET 1 [DVD]


これまでに視聴したアジアンドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~アジアンドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ