魔女の法廷 ネタバレと感想 第7話 繋がる真実

チョン・リョウォンさん主演の韓国ドラマ、【魔女の法廷】の第7話は「初デート大作戦!」ですが、これもむりくりですよね~。ラブコメチックにしないと視聴率が落ちるんかな


ま、でも、何度も言うようですがリーガル物としては面白いです。以下ネタバレのあらすじです魔女の法廷のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


まず、前回テギュに乱暴されたヨニはなんとミン・ジスクのスパイでした。どうやら姉をガプスに乱暴されたようでしたね。それで突き止めたのが、多分、ヒョンジェホテルの「キングダム」(Kingdom)と呼ばれる秘密の部屋です


ガプスはそこにテギュが出入りしているのを知ると、狂ったように「甥」を殴ったり蹴ったりし、今にも殺さんばかりの怒り様でした。あれではあのバカ、否、テギュは何かしでかしますね


ジスクは、ひどいケガを負ったヨニを心配しますが、ヨニは何としてもガプスを追いつめたいようでしたね。くれぐれも無茶をしなきゃいいんですが。


またイドゥムの母ヨンシルは、やはり、もうこの世にはいないようです。ガプスが昔ペク・ソンホに殺すよう命じたようでしたね


このソンホはかつて刑事だったそうで、ジヌクにも会っていたのだそうです。ジヌクはその頃、娘を捜してほしいといううどん屋のキム・ミジョンというおばさん(=ヨンシル)に頼まれてイドゥムの故郷であるチャンヒョン洞へ行ったのだとか。その時対応したのがソンホだったそうです


チャンヒョン洞のうどん屋のおばさんと聞いたイドゥムはすぐに母のことだと確信しますが、そういう事情ですから真実など明らかになるはずがありません。イドゥムは、そんな人がいたのなら、諦めずにもっともっと捜せばよかったと激しく後悔しました


ジヌクは落ち込んでいるイドゥムをボルダリングに誘います。これが「デート」です


運動嫌いなイドゥムは、帰りはへとへとになってしまうのですが、ジヌクはそれ(=何も考えずに済む)が目的だったと語り、これ以上自分を責めてはいけないとイドゥムを励ましました


その後ジヌクは、ふとしたことから昔持っていた携帯にキム・ミジョンの診療記録が残っていると思いだします。ジヌクはそれを持ってソンホを訪ねたからです。


それでこの携帯を探し、住民番号を確認したところ、まったく別の女性に行き当たりました


ジヌクはその後、母のジェスクがエレベーター内でソンホから名刺をもらった映像を目にするんですけどね。果たしてジヌクはソンホの顔を覚えていたのでしょうか?


またイドゥムも、セナの父親のファン刑事に連絡を取って話を聞きます。ファン刑事は、当時ミン・ジスクがヨンスクを捜していたと教えてくれました。ヨンスクは情報提供者だった、と聞いたイドゥムは、早速ジスクを問い詰めるはずですね


一方でイドゥムとジヌクは、チャットで斡旋しているという「少女売春」の捜査に当たりました。黒幕は「ウナギ」と呼ばれている男です。


ジヌクを囮にして引っかかったのは、悪びれることなく大人を誘う少女、コン・スア(パク・ソヨン)でした。


が、これには深い事情がありました。両親がおらず、祖母(ナム・ジョンヒ~老人ホームの入居者@ディア・マイ・フレンズ)と二人暮らしのスアは、その祖母の薬代を稼ぐために売春をしていたのだそうです


ジヌクとイドゥムが「ウナギ」について話を聴こうとしたら、スアはいきなり腹痛を訴えて倒れてしまいました。なんとスアは妊娠していたのを性病で骨盤まで侵されたために流産してしまったのです。その上貧血も相当ひどかったらしい。


医者から保護者に連絡するよう命じられたイドゥムとジヌクは、早速スアの自宅へ向かうと、そこはゴミ屋敷と化していました。祖母は孫のスアが良い仕事をしているおかげで助かっていると笑顔で語ります。もちろん、売春をしているなど夢にも思っておりません。


さすがのイドゥムも真実は言えず、それとも言おうとしたのをジヌクに止められたのか、一緒に部屋を掃除した上、お金迄置いて戻ってきたそうです。その上スアには靴下まで買ってきました。家に余っていたというのは嘘ですよね~きっと。あんたが履かないならおばあさんにあげなさいよって


イドゥムに、ウナギの正体を明かさなければハルモニに売春の事を話すと脅されたスアは、ウナギの電話番号を明かしました。それを知ったウナギ(キム・ギム~ペクタク派のひとり@力の強い女ト・ボンスン)はハルモニを脅してスアに電話をしてきます


一方でこのチャットを通して援助交際をした人間が次々と捕まりました。その中にはミヨンがお見合いをして気に入った男まで含まれています。コイツがまた図々しくミヨンに見逃すよう頼んだのには呆れましたね


ミヨンは凄い言葉で男を罵倒し退散させますお前なんか凍ったみかん食べて血便出してろ!。あれはイドゥム譲りじゃなくて、中学の時にマスターしたのだそうですよ


ミヨンを庇ってくれたク・ソクチャン事務官(ユン・ギョンホ)、なかなか良さげでお似合いしたね~


さ~てイドゥムたちはスアを助けることができるのでしょうか?


前後のあらすじはこちらから

←6話のレビュー  8話のレビュー→



魔女の法廷 DVD-SET1、2


これまでに視聴した韓国ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事
いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます
《他にこんな記事も書いています♪》

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ