家売るオンナの逆襲 ネタバレの感想 第6話 家が売れればそれでいいの?

北川景子さん主演のコメディ、【家売るオンナの逆襲】の6話はまた何とも評しがたいエピソードでしたね。子どもがいなくて悲しむ者が誰もいないという条件付きなら、まあそれもいいかもしれません。あくまでも、そんなに単純に割り切れれば、の話でござるが。現に屋代は心穏やかではないようで?三軒家君は僕の妻だ!( ;∀;)


以下ネタバレのあらすじです家売るオンナの逆襲のネタバレ感想行きますよ~( `ー´)ノ


今回の顧客はW不倫公認の夫婦でした。カリスマ美容師の八十多湊人(武田航平~宇喜多秀家@軍師官兵衛)と、そのビジネスパートナー兼妻のつぐみ(内山理名~浜田知美@ドルチェ)です。ふたりは、二人にとって大事な店が繁盛するような家が欲しいと語り、万智は風水の知識を総動員して、商売繁盛に最適な家を紹介しました


湊人は多少の予算オーバーを心配しますが、商売が繁盛すればそんなことは「屁の河童だという万智の気迫に押されて契約に同意します。


が、その様子に異変を感じた万智は、庭野に湊人の後をつけるよう命じました。すると湊人はその後すぐに愛人らしき女性=尾田まり(筧美和子~和田心菜@フェイクニュース)とラブラブで出かけて行きます


万智が、忘れ物を取りに戻ってきたつぐみに話を聞きだしたところ、八十多夫婦は「男女」としての関係は既に卒業し、今はビジネスパートナーとして互いを大事に思いつつ、それぞれの恋愛を公認する友達夫婦なのだと教えられました。つぐみもつい最近まではBFがいたそうで、湊人とは同い年のつぐみは、本当は年上の男性が好きなのだと打ち明けました。


そこへその「年上の男性」が現れます。なんと湊人の愛人=尾田まり(オダマリ!)の夫の順平(橋爪淳~井原誠一郎@大恋愛)です。


大学教授の順平は、教え子のまりと結婚して7年が経つそうで、夫婦生活に変化をもたらそうと新しい家を探していたそうです。こちらの相談を受けたのは留守堂です。順平はまりの浮気などまったく気づいておりません


それがある時この不倫が発覚し、順平がテイコー不動産に乗り込んできました。順平は湊人がテイコー不動産の家を物色しているのを見て、まりと一緒に暮らすつもりだと誤解してしまったのです


そうではないと言っても怒りが収まらない順平に対し、湊人は家を買う気を失ってしまいました


そこで万智は、留守堂の力を借りて「メイク・ディスティニー・オペレーション」と題して運命の出会い大作戦を展開することにします。当然屋代は面白くありません。なんであいつが?


万智的には、幼い頃からずっと万智を愛してくれているドジスケこと留守堂に少しは報いてやりたいと思ったのでしょうか。それとも、やっぱりそれも単に「家を売るためでしょうか。


ひとり取り残された屋代は、ちちんぷいぷいを首になった白洲が働いているスーパーの店長、三郷楓(真飛聖~藤田里美未解決の女)に惹かれていきます。この男は優しくされるとすぐにコロリと参っちまうのよ。また白洲が煽る煽る


さて、万智たちのいかにもわざとらしい作戦は奏功し、余っていたつぐみと順平がめでたく恋に落ちました。万智は、順平が不倫を肯定したのを見計らって改めて家を売りに行きます。前の家=マンションをそのまま八十多夫婦に売り、その近くの部屋を尾田夫婦に売りつけたのです


そうすれば「ホーム」と「エロス」を満喫できるという訳だそうで


本当にそれでいいと思ってるの?という屋代の問いにはもちろんあの答えが返ってきたわけです。「すべては家を売るためです


さ~て屋代はそんな万智を愛し続けることができるのでしょうか?もし屋代が他の女性に心移りしたら、万智はどんな反応を見せるのでしょうか?それもアリだと納得するのでしょうか??


意外な方向に転換した「家売るオンナの逆襲」は続きもとっても楽しみですね


前後のあらすじはこちらから

←5話のレビュー  7話のレビュー→


これまでに視聴した日本のドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ